• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何をするにも、どんな時間の使い方をするにも、すべて自分の手で決められると思えなければ、幸せにはなれない。誓いを定めて守っていると、自分の時間や身体、行動はもちろん、環境や考えまでもが、自分自身の思いどおりになると感じた。(グレッチェン・ルービン)


photo credit: ClicKingMann Every Sunset Brings The Promise Of A New Dawn – Ralph Waldo Emerson – via photopin (license)

誓いを定めて、それを守ることが幸せになる秘訣!

グレッチェン・ルービンは、人生は「幸せ計画」でうまくいく!の中で誓いを守ることの重要性を述べています。自分の人生を良くすると決めて、思考と行動を変えれば、本当に私たちは幸せになれます。12年前に私は自分の人生を取り戻すことを決め、大好きなお酒をやめることにしました。この断酒の誓いを守ることで、私によいことが次々と起こるようになったのです。

一日の限られたエネルギーを悪い習慣のために使っていたら、良い習慣が身につくはずはありません。お酒を飲んだら、何もかも面倒になり、先延ばしが常態化します。悪い習慣は自分をダメにする最悪の選択でしたが、私はお酒の魅力に負けて、日々怠惰な時間を過ごしていました。限られたエネルギーを悪い習慣に費やすことで、私は何も行動を起こせず、いたずらに歳を重ねていったのです。

しかし、飲酒という悪い習慣を断ち切ることで、私は早起きを習慣化できました。お酒を飲まなくなったおかげで、朝早く目覚めるようになったのです。二日酔いがなくなり、スッキリ目覚めることで、私の人生は激変しました。揚げ物などのおつまみ中心だった食事がバランスの良いメニューに変わることで、ダイエットにも成功しました。お酒を飲んでいた時より、ふた回りも体が小さくなり、当時着ていたスーツは全て買い換えました。 お酒をやめるのは当初はとても難しいことでしたが、断酒という決断(退路を絶ったこと)によって、私はお酒をやめることができたのです。

今日から飲まないと誓いを立て、家にあったお酒を全てキッチンの流しに捨てたり、友人にプレゼントしたのです。高いイタリア産のワインやビール、ウイスキー、ジンなどを捨て、代わりに大量の水やお茶を購入しました。喉が渇いた時には自宅ではビールを飲んでいましたが、その悪習慣をやめ、スパークリングウォーターやお茶を飲むことを習慣にしたのです。この置き換えが私の嗜好を徐々に変えてくれました。自宅の目立つところにはペットボトルを置き、喉が渇いたらすぐに水を飲み、アルコールの誘惑を断ちました。 また、多くの自己啓発書や習慣に関する本を自分の周りに置き、飲みたくなったらそれを読むようにしました。アンソニー・ロビンズやブライアン・トレーシーをメンターに雇い(妄想です)、彼らの言葉で自分の思考と行動をコントロールしました。意志の弱さをカバーするために、誘惑に駆られるたびに、本を開くようにしたのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生を変える習慣のつくり方 [ グレッチェン・ルービン ]
価格:1706円(税込、送料無料) (2018/5/29時点)

断酒によって、時間の使い方が変わった!

普段は私の議論グセが問題になることはあまりない。ただ、お酒を飲むと、いつも以上に好戦的になり、ただでさえ弱い『礼儀正しくあろう』とする本能がさらに弱まってしまう。

お酒を飲むと気が大きくなり、私は好戦的になることが多く、翌日いつも後悔していました。自分の発言が正しいと思うと、相手の意見が聞けず、いやな態度をついついとっていました。冷静に考えると自分の言動は無意味で、仲間との関係を最悪なものにしていました。気が大きくなって、とった行動が相手を傷つけていたのです。 飲み屋での会話は愚痴が多くなり、会社や上司の批判ばかりで、ネガティブな空気が蔓延していました。これではよいことが起こるわけがありません。

私は断酒によって、飲み友達との付き合いを昼間に限定しました。夜は飲み屋に寄る代わりに、お酒のない勉強会に参加したのです。朝も読書会に行くなど、自分の時間を投資のために使うようになりました。この活動が私にエネルギーを与え、素晴らしい仲間と出会えました。お酒を飲まなけれな、冷静でいられるため、人との関係も改善できます。相手のためになることを考え、貢献することで、人から感謝されるようになったのです。

自分のやりたいことに時間を使うことで、本を書く、連載を持つ、起業をするなど幾つかの夢が次々叶うようになりました。断酒し、自分の時間の使い方を変え、やりたいことに集中することで、結果を出せるようになったのです。時間を大切にすること、自分のために有効活用することで私たちは幸せになれるのです。お酒に時間を使うのはほどほどにして、やりたいことに時間を使うようにしましょう。

まとめ

自分を良くするためには誓いを守ることが重要だとグレッチェン・ルービンは言います。自分のダメなことを明らかにし、それを改善すると決め、思考と行動を変えるのです。私は断酒を習慣にすることで、時間の使い方や自分の行動を変えることができました。その結果、よいことが起こり、幸せな時間を過ごせるようになったのです。

人生は「幸せ計画」でうまくいく!の書評はこちらから

        スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13  

 

 

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る