投資は好きな会社に、そしてあきらめないことが肝心!

習慣化

最初失敗してしまっても、何回もトライする。あきらめない。私もあきらめませんでした。それで成功することができた。高い教育を受けた賢い人たちが成功しているとは限りません。実際、ウォール街には、大学を出ていない人もたくさんいました。賢い人が必ずしも成功者とはなっていない。また、才能のある人が必ずしも成功しびほうているわけでもない。美貌を持っている人たちが成功しているとは限りません。成功の要素がーつあるとすれば、「やり抜いてあきらめない」ということです。まわりを見渡せば、そのことに気づけるのではないでしょうか。(サチン・チョードリー)


Designed by Freepik

あきらめないマインドを養おう!

サチン・チョードリーこれからの時代のお金に強い人、弱い人書評ブログを続けます。金持ちになりたければ、パッションを持つことと同時にあきらめない心を養うことが重要だと著者のサチンは指摘します。高い教育を受けたり、親が金持ちでなくても、成功することは可能です。まずは、金持ちになると決めて、パッションを持って、自分のやりたいことをスタートすればよいのです。ジム・ロジャーズも「大好きなことに情熱を注ぐこと」が成功するための秘訣だとアドバイスしています。あとは夢をあきらめずに、自分の目標に向かって日々行動すればよいのです。

投資するなら自分がよくわかっているものを選ぶこと。他人が持ちかける耳よりな話を鵜呑みにすると、おそらく損をする。(ジム・ロジャーズ)

資産運用をするなら、一定額の金額(タネ銭)を貯めてから、徐々に投資を始め流べきです。その際、自分の得意分野や好きな会社の株を買うことから始めると、成功する確率が高まります。私はこのルールを破ってしまい、何度か投資で失敗していますが、最近ではジムの言葉を噛み締めて、知らない分野への投資は控えるようにしています。失敗は人に判断を任せることから始まります。投資は自分の得意な分野で勝負すべきで、他人の話を信じて、行動してはいけないのです。投資対象が見つからないうちは、焦らずにお金を貯めながら、しっかりとリサーチすればよいのです。

 

人生の後半でも投資で成功できる!

ウォーレン・バフェットは、資産の大部分を、60歳を過ぎてから手にしました。彼は人生でずっと投資をしてきましたが、人生の後半で最大の成功を収めたのです。イギリスの首相だったウィンストン・チャーチルも、70歳を過ぎてから首相になりました。このように、全ての成功者が若い時に実績を残したわけではないのです。カーネル・サンダースやレイ・クロックなど人生の後半戦から輝いた人たちも数多くいます。老齢を理由にして、人生をあきらめる必要はないのです。

年齢に関係なく、好きで詳しいことを見つけたら、成功を収めることができます。しかし、好きでもなくよく知らないことは、どうか行なわず試してみることもしないでください。仕事は好きであるべきだし、詳しくあるべきです。始めるときには詳しい必要はありませんが、十分に情熱があれば、学ぶでしょう。

好きなことを見つけたら、他人がなんと言おうとそれをやるべきです。あきらめずに続けるうちに、成功を手に入れられます。たとえ成功しなくても、努力をすれば幸せになれると著者のサチンは述べています。確かに情熱を持って、やりたいことをやれば、結果は関係ありません。好きなことを仕事にすれば、価値ある時間を過ごせるようになります。

投資が好きならば、失敗してもあきらめずに継続すべきだとサチンは言います。

そして投資で大切なこと。それはあきらめないことです。継続して、ずっと続けることです。忍耐を持って継続することです。これは今、私の子どもに教えていることでもあります。根気強く、粘り強く取り組む。私は若いときに、これを学びました。「継続は力なり」なのです。

サチンの音葉を信じて。あきらめずに投資を続ければ、やがて結果を残せるようになります。好きなものに投資をして、時間を味方につければよいのです。

まとめ

自分の好きなことを仕事にしたり、好きな会社に投資をすると成功する可能性が高まります。年齢を理由にせずに、お金が少しでも貯まったら、投資をスタートするとよいでしょう。途中でやめずに、継続は力なりと信じ、投資を続ければよいのです。時間をかけて投資を継続すれば、結果を残せるはずです。

        スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13  

Loading Facebook Comments ...

コメント