Instagram

スポンサーリンク
習慣化

本田直之氏のゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代の書評 

要するに、ネット上のコミュニケーションのあり方とリアルのコミュニケーションのあり方はもはや分けられず、相互に影響し合っているということです。そして、「ゆるいつながり=共感ベースのコミュニティ」をどうやって築いていくかということが、人生を...
習慣化

私が夜、スマホで読書をしなくなった理由。

ブルーライトを発する電子機器を数時間使うと、体調や注意力をはじめ、毎日の睡眠リズムに反映される体内時計にマイナスの影響を与えかねないことが明らかにされた。夜にiPadで読書をした被験者は、紙の書籍を読んだ被験者に比べて寝つくまでに時間がかか...
生産性向上

365 CITY WALKとインバウンドジャパン2016

最近では外国人観光客が増加し、観光地以外でも外国人を見かけることが多くなりました。 以前は、欧米や中国からの旅行者が多かったのですが経済の発展、LLCの増加、ツアーの充実、ソーシャルメディアの普及などから ASEANからの旅行者も増えてい...
習慣化

「つながり」で売る! 7つの法則(藤村正宏著)の書評

「モノ」じゃなくて「コト」を売る。「ライフ」じゃなくて「ライフスタイル」を売る。「スペック」じゃなくて「意味」を売る。(藤村正宏) PDFA習慣術の徳本昌大です。 最近、セミナーでソーシャルメディアやブログを活用して 営業力を高めるというお...
習慣化

相手の脳にしっかりと情報を伝えるための5つのメソッド

聞き手は、自分が他者に語っている姿を想像できるようなアイデアをより記憶する傾向にあるらしい。(マシュー・リバーマン) 仲間にメッセージを伝えるのに、難しいと感じる時がありますね。 ソーシャルメディア時代は、仲間に共感されることによって、情報...
習慣化

インバウンドで地方が生き残る方法。京都の伏見稲荷で考えたこと。

訪日人気の代表格がアニメなどの「クールジャパン」だ。だが、「クール」は人によって感じ方が違う。日本人が知らない魅力を訪日外国人が発見している。(日本経済新聞) 浅草や京都で着物姿が増えていますが、その多くは中国人やASEANからの観光客です...
書評

電通「鬼十則」を読みながら、インバウンドマーケティングについて考えてみた!

久々に電通「鬼十則」を読んでみました。 広告業界に入って早30年。 大学時代に読んで以来、折に触れこのパワフルな言葉に接してきましたが 自分の足りないことを、故吉田秀雄氏からいつも教えていただいています。 一.仕事は自ら創るべきで、与えられ...
書評

Pivot(ピボット)とは何か?スタートアップ・バイブル(アニス・ウッザマン著)

スタートアップ用語にPivot(ピボット)という言葉があります。Pivot(ピボット)とは、プロダクト開発にあたり事業や製品の方向性が起業時から変わり マーケットのニーズと合致するようにプロダクトを改良することです。 Pivot(ピボット)...
スポンサーリンク