スポンサーリンク
習慣化

田村麻美氏のブスのマーケティング戦略の書評

ブスの定義を、ビジネス市場・恋愛市場において、「見た目を武器にできない人」にしておこう。美人の定義は、「見た目を武器にできる人」。武器にできるかどうか客観的に判断できない、という人は、他人から「かわいいね、美人だね」と顔をほめられたことが、...
習慣化

小沢正光氏のプロフェッショナルアイディア。欲しいときに、欲しい企画を生み出す方法。の書評

アイディア開発の能力は、努力したら努力したぶんだけ、力がつくというものではない。努力と進歩は比例しない。進歩はつねに階段状だ。とくに若い頃や仕事をはじめた頃は、「こんなに努力しているのに、なにも変わっていない」と不安になるほど進歩のない...
習慣化

黒川伊保子氏の妻のトリセツの書評

そもそも妻の怒りの理由は、「今、目の前で起きたこと」だけではない。過去の関連記憶の総決算として起こるものなのである。(黒川伊保子) Designed by Freepik 妻のネガティブトリガーを夫が絶対に引いてはいけない理...
習慣化

記憶のためには、蛍光ペンを使わないほうがよい?

能動的な学習アプローチの利点はもっと難しい認知タスクにも通用する。例えば読書を考えてみよう。読んでいることを頭の中にイメージとして思い描けば文章を頭の中に描き出せば記憶に残りやすい。(アーリック・ボーザー) Designed ...
セレクト

ジェレミー・ハイマンズとヘンリー・ティムズのNEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろの書評

ニューパワー・モデルは、大勢の人の活動によって成り立っている。人びとの活動がなければ、これは空っぽの容器にすぎない。いっぽう、「オールドパワー・モデル」は、人びとや組織が独占的に所有あるいは制御している物や知識によって成り立っている。そ...
セレクト

成績を上げたければ、仲間の力を活用しよう!アーリック・ボーザーのLearn Betterの書評

社会的要素は微妙な違いでありながら、私たちの価値の感覚に多大な影響を及ぼす。家族や仲間、友人や同僚が学習に感情面で意味をもたらすし、私たちはストレスを感じたとき、緊張したとき、悲しいときに他人を頼る。(アーリック・ボーザー) ...
習慣化

アーリック・ボーザーのLearn Better ― 頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップの書評

もう「習うより慣れろ」の時代ではない。成功するには単純な手順やノウハウを身につけるだけでは不十分だ。現代の世の中では学び方を知り、思考のスキルを身につけなければならない。思考のスキルこそが大事なのだ。(アーリック・ボーザー) Des...
AI

AIによって、社員を幸せにしながら、生産性を高める方法。

勤務内容が多様だと、より大きな幸福感がもたらされ、さらに従業員を鼓舞して生産性のアップにも結びつく可能性がある。(ジョーダン・エトキンとキャシー・モジルナー) photo credit: xiquinhosilva 51132...
AI

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキルの書評

さまざまな産業において、AIシステム(物理的な体を持つロボットからソフトウエア・ロボットまで)が人間の仕事を奪うという誤解が蔓延している。確かにロボットカーなどは、タクシーや配達、運輸などの分野で、人間のドライバーを置き換えていくだろう。特...
習慣化

スティーヴン・プールのRE:THINK(リ・シンク):答えは過去にあるの書評

創造性とは、異なる分野の既存の考えを組み合わせる能力ともいわれる。だがそれは、見過ごされていたひとつの考えが、実は理にかなっていたのだと気づける想像力でもある。わたしたちは革新の時代に生きている。けれど、それは再発見の時代でもある。革新が古...
スポンサーリンク