独学という道もある

スポンサーリンク
習慣化

選択肢を広げることで、閉塞感を減らせる理由。

道が一つしかないと考えると人は失敗を恐れます。人生には様々な選択肢があると考えることで、若者がチャレンジできるようになります。好きなことを仕事にする人が増えれば、若者やミドル世代の閉塞感を減らせます。これしないという教育システムを変えることが日本の喫緊の課題かもしれません。
書評

柳川範之氏の独学という道もあるの書評

型通りにしないといけないという日本流の考え方を捨て、自分のやりたいことがあったら学び始めれなよいのです。学びを重ねるうちに仕事の選択肢が広がり、チャンスに出会う確率が高まります。独学を続け、自分の価値をたかめるうちに、副業や起業ができるようになります。
スポンサーリンク