生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論

スポンサーリンク
習慣化

カール・ヒルティの病気の名言から、人生を捉え直してみる!

病気は人生最大の喜びをもたらすことさえあるということ。病気が治り、改めて生きている喜びや充実感を取り戻したときの幸福感といったら!これ以上の幸福はないといっても過言ではない。(カール・ヒルティ)生きる喜びは、仕事とともにあるヒルティの幸福論...
習慣化

人間は「天性のなまけ者」!なまけ者から抜け出す方法。

どうしても仕事が手につかないときがある。こうした場合、妨げになっているのは怠惰、つまり"なまけ心"だ。人間は「天性のなまけ者」である。生まれつき働くのが大好きだという人など、まずいないだろう。そんな怠惰な心に打ち克って仕事をするためには強い...
習慣化

ヒルティの時間術を実践すると幸せになれる!

寝床につくときに、 翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。(カール・ヒルティ)私はカール・ヒルティのこの言葉が大好きです。 1日を振り返り、よい日だったと感謝することで、気持ちをハッピーにできます。 今日出会った人、良かったことを...
習慣化

カール・ヒルティと小林正観氏の共通点から、楽観的に生きることを決める。

寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。(カール・ヒルティ)スイスの哲学者であるカール・ヒルティには素晴らしい言葉を数多く残しています。 特に幸せに関する彼の言葉は読み返すだけでハッピーにれます。 生きる喜びは...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました