米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難

スポンサーリンク
習慣化

マーティン・ファクラーの米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難の書評

日本は課題先進国と言われて久しいですが、国民が現状を把握し、解決策を真剣に考えれば、ピンチをチャンスに変えられます。日本経済には確かに悪いところもありますが、素晴らしい側面もたくさんあります。日本の人たちは悲観することなく、自己重要度を高めることで、自国の可能性を広げられます。課題に向き合い、クリエイティブ力を活用し、積極的に改革を行えば、まだまだ日本は成長できるはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました