BCGが読む経営の論点2022

スポンサーリンク
イノベーション

トライブ化が進む中で、企業がすべき3つのこと

社会が分断する中で、さまざまなトライブが生まれています。トライブ化が進むということは、価値観が異なる生活者のセグメントがいくつもでき、自らのブランドを支持するトライブもあれば、支持しない、極端にいえば不買運動につながるリスクをはらんだトライブも存在するということです。企業はパーパスとSXを意識し、自社のビジネスモデルを再考すべきです。
DX

BCGが読む経営の論点2022の書評

2022年を、アフターコロナへ移行していく年、新しい経営環境への備えを万全にしながら前向きな挑戦をしていく節目の年と捉えて、これから3~5年単位、10~20年単位で何が起こるかを考え抜き、対応策を構築しアクションをスタートさせることが、激変する将来での成功のカギになるとBCGは指摘します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました