スポンサーリンク
習慣化

投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント(バートン・マルキール , チャールズ・エリス)の書評

プロが運用する多くの投資信託は、市場インデックスと同じ動きを目指すパッシブ・ファンドに負けていることを忘れないようにしましょう。個人がプロの彼らに勝つことは至難の業なのですから、インデックスファンドを投資の中心に据えるべきです。
習慣化

NOISE 組織はなぜ判断を誤るのか?(ダニエル・カーネマン)の書評

同じ人や同じ集団が同じケースについて下す判断に、その時々でばらつきが出てしまうノイズによって、結果が左右されることが多々あります。重要な判断をする際には、バイアスだけでなく、ノイズにも意識を払う必要があります。予期せぬノイズがエラーを引き起こすことを忘れないようにしましょう。
ブログ

ハーバードの美意識を磨く授業―――AIにはつくりえない「価値」を生み出すには(ポーリーン・ブラウン)の書評

企業が生き残るためには、自分たちがしていることに再び人間味を持たせ、さらには自分たちがしていることの意義や目的を理解し、それをストーリーのして表現する必要があります。その際、美意識という視点を忘ずにし、その力を活用するようにしましょう。
イノベーション

身体知こそイノベーションの源泉である(野中郁次郎)の書評

新しいものをひらめくのは、我を忘れて、無心になる時です。全身全霊で相手に向き合い、徹底的に知的コンバットをして、自我を超えた状態になること。そこで初めてフローの状態になり、自己を超える瞬間が来ます。イノベーションを起こすためには、身体知を大切にし、直感力を鍛えるべきです。
AI

イノベーションがOB&HRMの変化を加速する! 世界標準の経営理論(入山章栄)の書評

AIには「問いを立てること」ができないのですから、私たちは「問いを立てる」能力を高めていくべきです。「問いを立てる」ことこそが、未来の企業が人材に求めるべきことであり、OB&HRMでも、「問題認識」「メタ認知」「直感」「感情」など、「機械ができず、人間だけができること」に焦点を当てていくべきです。
習慣化

脱日本入門(加谷 珪一)の書評

「失われた30年」を漂流する日本をあきらめて、将来を明るくするために、「脱日本」を実践しましょう。日本にいながらにして海外の富を取り込む海外株式投資や「副業」「本業」「場所」について、脱日本を実践することで、老後の不安を減らせます。
習慣化

スマート・チェンジ 悪い習慣を良い習慣に作り変える5つの戦略(アート・マークマン)の書評

よい習慣を身につけたければ、次の5つのツールを使いおこなすとよいでしょう。①目標を最適化する ②ゴーシステムを飼い馴らす ③ストップシステムを活用する ④環境を管理する ⑤他人と関わる その際スマート・チェンジ日誌に活用し、障害に出くわしたら、ツールを活用し新たな打開策を見つけるようにします。
習慣化

あてはめるだけで“すぐ”伝わる 説明組み立て図鑑(犬塚壮志)の書評

メッセージを届ける相手にきちんとわかってもらうことで、自分が見ている世界を相手と共有できるようになります。メッセージをしっかりと伝えることで、相手の行動を変えられます。その結果、クライアントがポジティブに動いてくれるようになり、ワクワクな未来を築けるようになります。
習慣化

なぜか好かれる人がやっている100の習慣(藤本梨恵子)の書評

相手との共通点を探す「ペーシング」を行うことで、人間関係をよりよくできます。人間関係を制する人は無意識を意識しています、相手が話した言葉をマネするだけでなく、無意識的な部分、呼吸や相手の仕草、話すスピードなど言葉以外の部分も合わせていくことが信頼関係を築いていく上で重要になります。
習慣化

古代ユダヤ賢人の言葉(石井希尚)の書評

悪い情報に触れる頻度が増えれば、自分をダメにする確率を高めてしまいます。逆によい情報に触れる時間を増やせば、自分をより成長させられます。未来の自分のために、お金と時間を何に使うのかを決めることが、とても大事なことなのです。よりよい選択のために、知恵を身につけるべきです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました