iPhone

スポンサーリンク
Instagram

スマートフォンとソーシャルメディアが孤独を加速させる理由

目の前の人との悪影響を及ぼすスマホを使いすぎることで、現代人がお互いを理解し合い、つながり合ううえで重要な働きをする共感力を損なわせます。スマホやソーシャルメディアは依存症を引き起こします。孤独に陥らずに、幸福度を高めるためには、スマホやソーシャルメディアと距離をおくべきです。
アマゾン

カル・ニューポートのデジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中するの書評

デジタル・ミニマリズムとは自分にとって、本当に必要なデジタルツールだけを選択し、今ここに集中するための哲学です。著者はデジタルツールの活用を制限することで、生産性を高めたり、人との意味のある時間を増やすことができると言います。デジタル・ミニマリストになることで私たちは幸福度を高められます。
Instagram

アンデシュ・ハンセンのスマホ脳の書評

私たちは1日に何時間もスマホに時間を費やすことで、自らの心と体の健康に危害を与えています。多くの人がスマホに時間を奪われ、生産性を下げています。脳をスマホにハックさせないために、運動や睡眠の時間を増やし、スマホの利用時間を減らすようにしましょう。
イノベーション

アイデアをすぐに形にしよう!スマートウォッチ市場を生み出したエリック・ミジコフスキーとは誰か?

日常に潜む、身近な悩みからイノベーションのタネを見つけ出したのが、エリック・ミジコフスキーです。彼はアップルやグーグルよりも早く、スマートウォッチを開発した事業家として有名です。アイデアを考えるだけでなく、それを形にし、実現させることが成功の秘訣です。
サブスクリプションモデル

マシュー・ディクソン、ニック・トーマン、リック・デリシのおもてなし幻想の書評

顧客のロイヤルティを高めるために重要なことは、顧客の努力の軽減、すなわち顧客に手間をかけさせないことです。企業は、問題を解決するために顧客に課される作業量を減らし、喜びを与えるサービスではなくより手間のかからないサービスに注力すべきです。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
アマゾン

松村太郎氏のAnker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカーの書評

「Empowering Smart Lives」と言うビジョンを掲げ、顧客の生活をスマートにするプロダクトを提供するAnkerは、短期間で多くのファンを獲得することに成功します。顧客と徹底的に対話し、そこからイノベーションを起こすことが彼らの強みとなり、Ankerのビジネス領域が広がっているのです。
AI

スベン・カールソン&ヨーナス・レイヨンフーフブッドのSpotify――新しいコンテンツ王国の誕生の書評

音楽を民主化したいというスポティファイのビジョンが、世界中のファンとアーティストをつなげます。ヒューマン・エディターが生み出すプレイリストにより、スポティファイはデジタル音楽業界で世界最大の流行を作り出すアプリとなっています。
書評

柳澤大輔氏のリビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来の書評

今回のコロナ禍でテレワークが一気に普及する中で、新しい働き方が模索されています。私たちは好きな場所に住んで、楽しく働く自由を得たのです。この「リビング・シフト(住み方の変化)」によって、様々な場面で自分の価値を提供することで、人生をより豊かにできます。
習慣化

デジタル時代に人はどう脳を活用すべきか?

デジタルギアを活用し、脳をリ・デザインすることで、よりクリエイティブな存在になれます。覚える必要のないことを記憶するのをやめ、デジタル時代に適応した新たな思考法を身につけることで、今までにない価値を他者に提供できるようになるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました