その他

スポンサーリンク
習慣化

体質は3年で変わる(中尾光善)の書評

適切な生活習慣を実践することによって、体質を改善し、健康的なライフスタイルを送ることができます。3年で体質改善ができるという著者のアドバイスに従い、日々の生活習慣を改善することによって、健康的な体質を確保することができます。
コミュニケーション

朝のルーティンがもたらす、生産性向上の効果とは? GREAT LIFE (グレートライフ) 一度しかない人生を最高の人生にする方法の書評

朝のルーティンを有効に活用することは、経営者にとって極めて重要な要素です。朝のルーティンを最大限に活用することで、その日の成功確率を最大化することが可能です。つまり、朝に行う行動や習慣は、その日の仕事の質や量、自己管理能力やストレス耐性など、様々な面での業績に影響を及ぼす可能性があります。
リーダー

最も重要な資産は、自分の健康である。シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカントの書評

食事でのジャンクフードを我慢して、ワークアウトをするというつらい選択をすれば、長い目で見て人生をよりよくできます。病気にもなりませんし、不健康になりません。価値観についても同じです。「今楽な選択をしていると、人生が全体的にずっとつらくなる」というルールを忘れないようにしましょう。
習慣化

最高の老後 「死ぬまで元気」を実現する5つのM(山田悠史)の書評

Mobility、Mind、Medications、Multicomplexity、Matters Most to Meという5つのMのレンズを通せば、健康寿命を伸ばすための最善の「選択」ができます。歩くこと、栄養に気を使うこと、睡眠の質を高めること、生活習慣をよくすること、いきがいを持つことで、最高な老後を過ごせます。
食事

成功する人ほどよく寝ている 最強の睡眠に変える食習慣(前野博之)の書評

日本人の睡眠不足が、企業の生産性を下げています。栄養をベースに睡眠を改善すると、睡眠だけでなく日頃から悩んでいる体調不良を改善できます。質の高い睡眠はメンタルにも良い影響を及ぼします。やる気を維持できたり、集中力をアップでき、社員の生産性を高めてくれるのです。
食事

脳メンテナンス大全 最高のパフォーマンスを発揮させる方法(クリステン・ウィルミア, サラ・トーランド)の書評

脳の老化は30代から始まります。脳のケアを怠ると若い頃から認知症のリスクを高めてしまいます。脳の神経細胞群はいくつになっても新たなネットワークを築き、生まれ変わっています。悪い生活習慣をよい習慣に置き換え、脳の老化を防ぎましょう。食事や運動、睡眠を改善することで、脳の機能を強化できるのです。
習慣化

ヴィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉の書評

自分の現状をよくしたければ、古い世界におさらばして新しい世界の扉を開くべきです。その際、言葉が重要な役割を担います。自分が見聞きする言葉の中身を入れ替えることで、自分の常識を変えられます。今までと同じ言葉を使っていたら、古い自分を変えられません。新しい言葉を使うことで、今までとは異なる別世界が拓けてきます。
習慣化

アウトプットが最強の勉強法である理由

アウトプットとは自分の言葉による言語化です。インプットしたままの他人の言葉ではなく、それを自分の頭で咀噛して、自分の言葉に変換し言語化することで、その知識を自分ごと化できます。アウトプットこそが最強の勉強法であると信じ、インプットとアウトプットを繰り返しましょう。
習慣化

古川哲史氏の最新研究が示す 病気にならない新常識の書評

1975年の和食や地中海食を食べること、ファストフードや加工食品を減らすことで、私たちは健康を保て、長生きできるようになります。・十分な睡眠、すなわち8時間の睡眠をとること・運動をすること・バランスのとれた食事を摂ること・緊密な社会的なつながりを保つことを実践することで、健康を維持できます。
Apple

シンプルなルールが重要な理由。

「シンプルなルール」を採用することで、人は柔軟性を手に入れ、自由に動けるようになります。スティーブ・ジョブズがシンプルにこだわりアップルを成功させたことを見習いましょう。自分の目標を明確にして、ルールをシンプルなものにするのです。私たちは無駄を削ぎ落とすことで、創造性を発揮できるようになります。
スポンサーリンク