その他

スポンサーリンク
外食

書評 遠藤功氏の「ホットケーキの神さまたち」に学ぶビジネスで成功する10のヒント

ホットケーキの繁盛店は顧客を喜ばすために、差別化を追求しています。味、こだわり、サービス、居心地の良さなど顧客体験を高める努力を続けることで、お店は繁盛します。いくつもの差別化要因を組み合わせ、顧客を喜ばすことを行えば、商売はうまくいくようになるのです。
習慣化

人の成長に欠かせない3つのこと

人の成長には、「①読書」「②文章」「③人との交流」が不可欠です。この3つを習慣化することで、結果を出せるようになります。特に文章を書くことで、自分の考えや情報を整理できます。知識が定着するだけでなく、新しいアイデアも浮かぶようになります。
習慣化

礼楽(タテヨコ思考)が、なぜ経営者に必要なのか?

経営者は、礼楽(タテヨコ思考)を備えることで、様々な課題を解決できるようになります。書を読み、先人の知恵を学ぶと同時に、海外に目を向けることで、問題解決の糸口が見つかります。経営者は忙しさを言い訳にせず、時間を作り、海外に出かけるようにしましょう。
外食

書評 青木厚氏の「空腹」こそ最強のクスリ

一日3食というのは、それだけで 「食べすぎ 」になってしまう可能性があります。(青木厚) Food photo created by rawpixel.com - www.freepik.com オートファジー理論とは何か?...
習慣化

書評 ティム・サンダースのデキる人の法則

ビジネスマンは他者に「知識、ネットワーク、思いやり」という3つの無形資産を他者に与えるべきです。相手に役立つ知識を与えるためには、インプットとアウトプットの質を高める必要があります。本という資源は無限にありますから、良書を探し、読書とアウトプットを習慣化しましょう。
セレクト

レイ・ダリオのPRINCIPLES(プリンシプルズ)の書評

明確な目標を持つ。問題を明らかにし、放置しない。問題の根本原因を探るために診断する。計画を策定する。最後まで実行する。という5つのステップを続けるうちに、人は弱点の解決法を学べます。失敗を恐れず、行動することで成功する確率を高められます。
習慣化

ダン・ケネディの億万長者のお金を生み出す26の行動原則の書評

多くの成功者は破産を経験しています。彼らは1度の失敗であきらめずに、行動することをやめませんでした。ダン・ケネディはマインドセットを変えれば、お金を取り戻せると言います。自分の価値を提供し、それを発信し続けることで、それを必要な人から見つけてもらえます。
セレクト

山口周氏の劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのかの書評

劣化するオッサンにならないためには、教養と挑戦が欠かせません。チャレンジマインドを失うと人は成長できなくなります。居心地のよい組織に馴染み、ルーチンな仕事を続けるだけでは、未来をつまらなくしてしまうのです。新たなチャレンジを続けることで結果を残せ、幸福度も増すことがわかっています。
習慣化

人に頼むことを躊躇するな!

頼むことを躊躇せずに、イエスという返事が返ってくるまで、あきらめずに行動しましょう。人から「ノー」と言われるのは、確かに怖いですが、ノーと言われても現状は何も変わりません。逆にイエスと言われたら、成功する確率を高めることができます。
習慣化

目標を書き出し、それを読み返すことを習慣にしよう!

目標を書き出すことで、結果を出せるようになることがわかっています。調査によると、書くことを習慣にしている人は、単純に目標のことを考えるだけの人より2倍も成功できます。目標を書き出し、定期的に見直す少数の人は、そうでない人に比べて9倍もの生涯賃金を稼ぎ出すのです。
スポンサーリンク