その他

スポンサーリンク
習慣化

書評 100の言葉でわかる渋沢栄一

何事も多数決、多数決というけれども、多数の力で少数の者を圧倒するは、これほど容易なことはない。またこれほど残酷なことはない。(渋沢栄一) 渋沢栄一の言葉から今の政治を考える 私は渋沢栄一の言葉を時々読み返します。渋沢は「資本...
習慣化

非モテが日本で増える理由 橘玲氏の上級国民/下級国民の書評

アッパークラスの非モテの男性たちが、社会から差別されています。自殺やひきこもりの増加も非モテの男性たちの絶望が原因になっています。彼らの一部は過激な行動に出て、インセルの反乱を起こしています。恐ろしいことに持てるものたちをターゲトにテロを起こしているのです。
セレクト

書評 グレッチェン・ルービンの苦手な人を思い通りに動かす

人はアップホルダー、クエスチョナー、オブライジャー・レブルの4つの傾向に分類できます。この4つの傾向を理解することは、あなたを取り巻く世界をより深く知ることにつながります。自分の周りの人の傾向を理解することで、積極的に行動できたり、人間関係を驚くほど改善できるのです。
習慣化

お金で幸せを買えるのか?本田健氏の一瞬で人生を変える お金の秘密 happy moneyの書評

幸せは人の心の中からしか生まれてきませんから、お金で幸せを買うことはできません。しかし、お金があれば、多くの問題を解決できることも事実です。お金がないことを恐れずに、感謝の気持ちを持つことで、今ここに集中できるようになります。目の前の人との関係を変えることで、私たちは幸福度をアップできます。
外食

書評 遠藤功氏の「ホットケーキの神さまたち」に学ぶビジネスで成功する10のヒント

ホットケーキの繁盛店は顧客を喜ばすために、差別化を追求しています。味、こだわり、サービス、居心地の良さなど顧客体験を高める努力を続けることで、お店は繁盛します。いくつもの差別化要因を組み合わせ、顧客を喜ばすことを行えば、商売はうまくいくようになるのです。
習慣化

人の成長に欠かせない3つのこと

人の成長には、「①読書」「②文章」「③人との交流」が不可欠です。この3つを習慣化することで、結果を出せるようになります。特に文章を書くことで、自分の考えや情報を整理できます。知識が定着するだけでなく、新しいアイデアも浮かぶようになります。
習慣化

礼楽(タテヨコ思考)が、なぜ経営者に必要なのか?

経営者は、礼楽(タテヨコ思考)を備えることで、様々な課題を解決できるようになります。書を読み、先人の知恵を学ぶと同時に、海外に目を向けることで、問題解決の糸口が見つかります。経営者は忙しさを言い訳にせず、時間を作り、海外に出かけるようにしましょう。
外食

書評 青木厚氏の「空腹」こそ最強のクスリ

一日3食というのは、それだけで 「食べすぎ 」になってしまう可能性があります。(青木厚) Food photo created by rawpixel.com - www.freepik.com オートファジー理論とは何か?...
習慣化

書評 ティム・サンダースのデキる人の法則

ビジネスマンは他者に「知識、ネットワーク、思いやり」という3つの無形資産を他者に与えるべきです。相手に役立つ知識を与えるためには、インプットとアウトプットの質を高める必要があります。本という資源は無限にありますから、良書を探し、読書とアウトプットを習慣化しましょう。
セレクト

レイ・ダリオのPRINCIPLES(プリンシプルズ)の書評

明確な目標を持つ。問題を明らかにし、放置しない。問題の根本原因を探るために診断する。計画を策定する。最後まで実行する。という5つのステップを続けるうちに、人は弱点の解決法を学べます。失敗を恐れず、行動することで成功する確率を高められます。
スポンサーリンク