スポンサーリンク
イノベーション

命綱なしで飛べ (トマス・J・デロング)の書評

自分を理解し、信頼できる「支援のネットワーク」を得ることで、困難を乗り越えられるようになります。進むべき道を決め、小さな一歩を踏み出すことで自分の人生を変えられます。目的を明確にし、計画をしっかり立て、一歩一歩着実に足を運べば、命綱なしで飛べるようになります。
イノベーション

アンラーン戦略――「過去の成功」を手放すことでありえないほどの力を引き出す(バリー・オライリー)の書評

①脱学習(Unlearn) ②再学習(Relearn) ③ブレークスルー(Breakthrough)の3つのサイクルを回すことで、変化に対応できる組織がつくれます。企業を時代遅れの存在ではなく、イノベーションを起こせる組織に変えるためにアンラーンのサイクルを理解し、それを実践すべきです。
DX

売れない問題 解決の公式(理央周)の書評

Product、Target、Communication頭文字をとった「PTCモデル」とPDCAサイクルを組み合わせることで、顧客理解が進み、売上がアップします。「売れる仕組み」は「何を=差異化されたプロダクト」「誰に=的確なターゲット設定」「どうやって=顧客とのコミュニケーション」の戦略を立てただけではなく、計画を実践しましょう。
イノベーション

運をつかむ (永守重信) の書評

運をつかむ 永守重信 幻冬舎新書 本書の要約 日本電産・創業者の永守重信氏は「人生は運が7割、実力が3割」と断言し、日々運がよくなる行動を実践しています。精一杯努力をしても、最後に結果を決めるのは「運」で、そのためには努力に...
イノベーション

Hit Refresh(サティア・ナデラ)の書評

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOのCは「culture(文化)」のCで、自分を文化の管理人だと捉えています。彼の仕事は社員がマイクロソフトと取り決めたそれぞれのミッションを達成するのを手助けすることなのです。文化とは社員の間に広まるものであり、何千、何万もの社員が毎日下す数え切れないほどの判断の総体なのです。
イノベーション

文化を築くためにCEOが実践している4つのこと。CEOエクセレンス 一流経営者の要件の書評

リーダーは企業文化を変えることで、従業員の職場環境を徹底的につくり変え、進捗状況を規律をもって測ることができるようになります。ベストなCEOは、自分自身も変われることを言葉や行動を通じて示すことで、変革への取り組みをより一層強化できるようになるのです。
イノベーション

妄想と具現 未来事業を導くオープンイノベーション術DUAL-CAST (出村光世)の書評

DUAL-CASTとは、テクノロジーのトレンドから飛躍的な事業アイデアを妄想する「フォーキャスト型アプローチ」と、プロトタイピングによって事業アイデアを具現化する「バックキャスト型アプローチ」の両面から成り立つ、未来事業の発想・実行プロセスを体系化したオープンイノベーション術です。これを使い倒すことで、新規事業開発における課題を解決できると同時に多くの人を巻き込めるようになります。
リーダー

交渉力を身につけるために必要な3つのルールと5つのセオリー。頭のいい人の対人関係 誰とでも対等な関係を築く交渉術(犬塚壮志)の書評

著者の犬塚壮志氏は頭のいい人を、対人関係を交渉によってつくっている人たちだと定義します。有利な交渉をすることで、ビジネスでも結果を出せるだけでなく、相手を笑顔にさせてしまうのです。交渉力のある人には次の5つの特徴があります。1,相手に交渉の開始と終了を気づかせない 2,相手とぶつからない 3,身を守ることを最優先にする 4,“All-Win”を目指している 5,目的にフォーカスして手段を選択する
AI

CEOエクセレンス 一流経営者の要件(キャロリン・デュワー, スコット・ケラー)の書評

顧客体験を高め、社会的な意義がある会社をつくるために、ベストなCEOは大胆なマインドセットによって、勝負に勝つことの先まで見据えた、ゲームを再定義するビジョンを描いています。そのために彼らは早く、頻繁に大胆に動いているのです。彼らはM&A、事業投資、生産性改善、差別化、リソース配分などの施策をスピーディに行っていたのです。
AI

2040年の日本 (野口悠紀雄) の書評

テクノロジーが大きく進化する中で、長期視点での未来予測の重要性が高まっています。世の中の課題が複雑になる中で、ビジネスのやり方も大きく変わるはずです。未来の世界が今とは異なると考え、未来について真剣に考え、見通しを立てる必要があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました