スポンサーリンク
習慣化

科学的に自分を思い通りに動かす セルフコントロール大全(堀田秀吾、木島豪)の書評

私たちは行動を起こす場合、脳が先に指令を出し、それに合わせて体が動くと考えていますが、実態は逆です。最近では、「体の動きが先で、脳の司令が後」というのが、科学の定説になっています。このルールを日常生活に取り入れることで、私たちのパフォーマンスもアップするのです。
習慣化

交渉の武器――最強弁護士が教える「交渉の鉄則」 (ライアン・ゴールドスティン)の書評

交渉の目的は「合意すること」ではなく、あくまでも「自分の目的」を達成することでなければなりません。交渉する際には、良い人になってはいけないのです。合意するために不本意な譲歩・妥協をして、本来の「自分の目的」を放棄してはなりません。交渉決裂カードを最初に作り、相手の譲歩を上手に引き出しましょう。
リーダー

本物の交渉術 あなたのビジネスを動かす「パワー・ネゴシエーション」 (ロジャー・ドーソン) の書評

本物の交渉術の基本ルールの1つは、相手に期待以上の要求をすることです。パワーネゴシエーターは、交渉では最初の要求が常に極端であることを知っていますから、それを気にすることはありません。交渉が進むにつれ、両者が納得できるような解決策を見つけ、中間地点へと向かうことを彼らは知っているのです。
習慣化

世界最高の話し方―1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた! 「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール(岡本純子)の書評

世界のスーパーエリートは、話し相手を「いい気分にさせること」を優先し、コミュニケーションを行なっています。「質問→聞く→質問→聞く→時々自分の話をする」というサイクルを回し、相手に話してもら会う時間を増やしましょう。雑談によって「感情の共有」をすることで、相手との距離を一気に縮められます。
イノベーション

超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける(五百田達成)の書評

雑談を繰り返すことで、相手のことをより理解できるようになり、信頼関係が築けるようになります。信頼関係、交友関係とは結局、雑談の積み重ねから生まれるのです。ふとした何気ない会話や雑談が、人生を変えるきっかけになります。
イノベーション

組織を強くする方法 組織変革が先か?チームを変革が先か?

組織全体を変革するには、相当時間がかかりますし、エネルギーも半端なく必要になります。まずは、自分が動かしやすいチームから変革を行い、それを組織に広げていくことを考えるべきです。ビジョンやパーパスが共有できているチームから変革をスタートし、徐々にそれを周りに広げていきましょう!
イノベーション

売上の地図 3万人を指導したマーケティングの人気講師が教える「売上」を左右する20のヒント(池田紀行)の書評

著者が提示した「売上の地図」を活用し、自社の売り上げが上がるための要因と課題を明らかにすることで、次に行うべき施策が明らかになります。売れている商品の多くは一番最初に思い出されることが多く、エンゲージメントが高くなっています。顧客から愛される商品を作り、愛されるポジションを獲得することがとても重要です。
イノベーション

39歳からのシン教養(成毛眞)の書評

情報が大爆発する中、書籍や新聞だけで情報収集していては、時代に追いつけなくなります。これからの情報収集の決め手は、ネットでググる能力になり、この差がビジネスの優劣につながります。1日30分ググることで、知識が蓄積され、要素と要素を組み合わせることで、斬新なアイデアが生まれるようになります。
イノベーション

絶対悲観主義(楠木建)の書評

絶対悲観主義者になり、成功を期待しないことで、仕事に気楽に取り組めます。失敗しても、それほどダメージを受けないことで、次の行動に取りかかれます。心のツマミを思いっきり悲観の方向に回し、ベイビーステップを起こし、行動を習慣化することで、成功確率が徐々に上り、ROIが高まるのです。
イノベーション

創造力は眠っているだけだ――人生を充実させる「8つのレッスン」(ヤロン・ヘルマン)の書評

さまざまな分野に関心を向け、好奇心を育むこと、学び続けることが創造力を鍛えることにつながります。多くの事柄に興味関心を向け、内面を豊かにすればするほど、脳の中で日々要素と要素の組み合わされ、アイデアが生まれるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました