スポンサーリンク
習慣化

人に頼むことを躊躇するな!

頼むことを躊躇せずに、イエスという返事が返ってくるまで、あきらめずに行動しましょう。人から「ノー」と言われるのは、確かに怖いですが、ノーと言われても現状は何も変わりません。逆にイエスと言われたら、成功する確率を高めることができます。
習慣化

マーク・レクラウの「心をとらえる60の法則」の書評

人と仲良くしたければ、反対意見を述べるのをやめ、相手に賛意を示すことです。相手の話を傾聴することで、人間関係をより強固なものにできます。相手を受け入れ、長所を認め、感謝の言葉を伝えることで、相手の心をとらえられるようになります。
セレクト

橘玲氏の「人生は攻略できる」の書評

日本のサラリーマンは伽藍を抜け出し、自分の価値を提供できる働き方にシフトすべきです。好きなこと、楽しいことを仕事にすることで、幸せに働けるようになります。「頑張れるのは好きなことだけ」だと考え、自分の働き方を変えましょう。楽しくカアセグことで、定年がなくなり、人生100年時代を乗り切れるようになるのです。
習慣化

幸せになるために仕事で実践すべき7つの習慣。

過去2週間のスケジュールを見直して、余計な業務や電話、メール、ミーティングなどを洗い出しましょう。新たに見つかった時間の「時間の利子」を仕事以外の個人の時間や家族との時間に充てることで、結果が変わり、幸福度をアップできます。優先度の高い重要な仕事に注力することで、公私を充実できるようになります。
習慣化

会議で必ず結果を出すための2つの方法。

社員同士が活発に議論するだけでなく、一丸となって、決まったことを実行する文化がある会社が業績を残せます。多様なメンバーでテーマを議論し、新たなアイデアを出すようにしましょう。会議ではメンバー全員で真剣に議論を戦わせ、決まったことを全員で実行すべきです。
セレクト

佐宗邦威氏の「直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN」の書評

1、妄想(Drive)→2、知覚(Input)→3、組替(Jump)→4、表現(Output)の4つのステップで、自分モードを取り戻せ、イノベーションを起こせるようになります。妄想するためには、脳を解放するための余白の時間が欠かせません。
習慣化

High road capitalismに移行しなければいけない3つの理由

人口減少社会の日本はm国民の所得水準や生活水準、生産性を政策目標の中核にして、経済の中身で勝負すべきだとデービッド・アトキンソンは指摘します。「貧者のサイクル」を抜け出すために、政府と経済界は国民の給与を見直し、今すぐ賃上げ戦略にシフトすべきです。
習慣化

行動が幸福につながるとは限らないが、行動せずに幸福が得られることは決してない。

人生を変えるには行動を変えること、それがただ1つの方法です。ネガティブ・マインドが襲ってきたら、さっさと行動を起こしましょう。行動しない限り、何も起こりません。行動が幸福につながるとは限りませんが、幸福になりたければ、行動するしかありません。
習慣化

柳澤大輔氏の「“面白さ”を追求したら生き物みたいな会社になった」の書評

1、まずは自分たちが面白がろう。 2、周囲から面白い人といわれよう。 3、誰かの人生を面白くしよう。(柳澤大輔) Background psd created by rawpixel.com - www.freepik.c...
習慣化

新居佳英氏と松林博文氏の「組織の未来はエンゲージメントで決まる」の書評

顧客の満足は従業員の満足につながり、それが従業員によりよいサービスを促し、顧客の満足度をさらに高めてくれます。エンゲージメントを高めることで、企業は顧客との関係がよくなり、売上をアップできるのです。従業員との関係がよくなることで離職率も下がります。
スポンサーリンク