スポンサーリンク
習慣化

吉井雅之氏の習慣が10割の書評

悪い習慣をやめ、良い習慣を身につけるだけで、未来を変えられます。 私たちは過去を変えることはできませんが、習慣力によって、理想の未来を実現できます。「必要があることに接近し、必要がないことを回避する」という思考を取り入れると良い習慣が身につきます。
習慣化

出版したければ、バーナード・ショーのやり方を真似しよう!

バーナード・ショーは「世の中で成功している人間は、望む環境を求めて行動し、見つからなければそれを自ら作りだしている」といい、出版のために文章を毎日書き、それを編集者に送っていました。この方法を真似、書きたいものをネットに上げることで、出版の可能性が高まります。
習慣化

目標依存型の人生があなたを不幸にする?

自分を不幸にする目標を設定し、それに依存するのをやめましょう。未来をよくするための日々の目標をつくり、それを達成することで幸せな時間を増やせます。「長い目で見て幸せになる確率を高める活動を、日常的に行う」というシステムを取り入れることで、幸せな時間を過ごせるようになります。
セレクト

アダム・オルターの 僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかたの書評

スマートフォン、ソーシャルメディア、ゲームに依存する若者が増え、これらの新しい行動嗜癖が社会問題になっています。スマートフォンやソーシャルメディアに依存せずに生活の質を高めたければ、それらと適度に距離を起き、リアルな人間関係を重視すべきです。
習慣化

自分ブランドを確立するための3つのステップ

自分のやりたいことが決まったら、次の3つのステップで情報発信を始めましょう。①肩書きをつくる ②名刺をつくる ③ブログをつくる。情報発信を続けるうちに応援者が現れ、仕事のオファーが入るようになります。諦めめずに情報発信を続けることで、自分ブランドを確立できるのです。
習慣化

松永直樹氏の戦略と情熱で仕事をつくる 自分の強みを見つけて自由に生きる技術の書評

好き+「戦略×情熱」という公式で自分の人生をリデザインしましょう。戦略のもと、情熱を持って、大量行動を続けるうちに、チャンスが見つかります。自分の強みをいくつか掛け合わせ肩書きをつくり、情報発信を続けるうちに、周りの人が応援してくれるようになります。
書評

野本響子氏の日本人は「やめる練習」がたりてないの書評

仕事もやめずに我慢するという日本の常識や、システムが実は、日本の起業の妨げになっているのかもしれません。子供の頃から自分の意志で選択し、やめることを学ぶことで、自分の適性がわかり、可能性を広げられます。向き不向きを判断し、やめる練習を重ねるうちに、自分の決断する力を高めることがでいきるのです。
セレクト

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? の書評

C2Cとは消費者対消費者取引のこと。ただし「消費者」という捉え方だけでは一人ひとりの個性まで見えてくることはありません。ヤフオクのようなオークションサイトはC2Cにあたると言えます。これに対してP2Pとは、「対等な仲間同士がつながる」と...
セレクト

著者脳インプット術でビジネスを変える方法

多くの本を読み、著者の脳を組みわせることで、新しいアイデアが生まれます。著者の知識や体験をインプットし、それをアウトプットすることで、必ず何かしらの結果を得られます。多用な著者の脳をインプットし、行動を最大化することで、ビジネスがうまくいくようになるのです。
習慣化

不安に対する3つの対処法 ロルフ・ドベリのThink clearlyの書評

①「私の心配ごとメモ」を活用する ②「保険」をかける ③「仕事」に精神を集中させる これらの三つの対処法をとれば、あなたの人生の悩みを減らせます。心配事から解放されることで、無駄な時間を過ごさなくなり、自分のパフォーマンスを高められます。
スポンサーリンク