書評

スポンサーリンク
イノベーション

情報の選球眼 真実の収集・分析・発信(山本康正)の書評

質の高い情報は現場から入手するのが一番です。現場主義と良質なメディアやメンターに接することで、自分をアップデートできるようになります。さまざまな手段を使ってインプットし続けた情報を整理し、アウトプットすることで、他者から頼られる存在になるのです。
イノベーション

老人支配国家 日本の危機(エマニュエル・トッド)の書評

少子化と高齢化により、日本は老人支配国家になっています。老人支配社会が続くことで、若者が活躍する場所が限られ、活力が低下しています。日本政府は今まで人口問題を軽視してきましたが、今こそ積極的な少子化対策や移民政策を打たなければ、やがて労働力に支障をきたし、経済が停滞するはずです。
サブスクリプション

ESG思考 激変資本主義1990-2020、経営者も投資家もここまで変わった(夫馬賢治)の書評

ビジネス・ラウンドテーブルは「株主資本主義」を批判し、「ステークホルダー資本主義」への転換を宣言しました。企業は自社の利益の最大化だけでなく、パーパス(Purpose) の実現も目指すべきだと考える経営者が増えています。ESGを経営に取り入れることで、生活者から支持され、利益も上がるようになるのです。
サブスクリプションモデル

パーパス 「意義化」する経済とその先(佐々木康裕, 岩嵜博論)の書評

消費者は「ただモノを買う人」から、「社会を良くするために消費をする市民」へと自らを変化させています。Z世代を中心に企業への期待が大きく変わっていく中で、企業は「利益の追求」と「社会を良くする」を両立させなければ、顧客の支持を得られなくなっています。
習慣化

GREAT BOSS(グレートボス)―シリコンバレー式ずけずけ言う力(キム・スコット)の書評

「心から相手を気にかける」ことと、「言いにくいことをズバリと言う」ことを同時に行うと「徹底的なホンネ」を実践できるようになります。部下に配慮するばかりで何も伝えない上司は、部下の力を引き出せず、彼らを不幸にしてしまいます。部下のスキルを高めるために、心から相手を気にかけ、議論を重ねるようにしましょう。
習慣化

あなたのエネルギーを吸い取るエナジーバンパイアと距離を置く方法。

自分のエネルギーを吸い取る人たちの『エナジーバンパイア』が、あなたの貴重な時間を奪います。1日に使える時間は限られているのですから、エナジーバンパイアとの時間を減らし、他者に良いエネルギーを与える人たちとの付きいを増やしましょう。
イノベーション

M&Aを成功させるために必要なこと。

M&Aを積極的に行うのであれば、M&Aの専門組織にノウハウをため、M&Aの遂行能力を磨いていくことが近道になります。企業を成長させるために、多角化経営が必要であるのなら、M&Aのチームを早めに組成し、検討・実践することが経営者に求められています。
習慣化

意志の力を整える2つの方法。ロバート・グレイザーのFRIDAY FORWARDの書評

自分を変えたければ、意志力だけに頼るのではなく、自分を取り巻く環境を変えるとふだんから関わりのある人々を見直すべきです。自分が最も望んでいる人生を実現するステップとして、どうしたら自分の目標にかなう交友関係や環境(会社を含む)に身を置けるかを考えるようにしましょう。
習慣化

リーダーが時間を作る方法 ロバート・グレイザーのFRIDAY FORWARDの書評

トップレベルで活躍する人たちには以下の共通点があります。・緊急なことと重要なことを判別できる。・自分のコア・パーパスやコア・バリューに則して優先順位を決めている。・すべての時間を予定で埋めたりしない。休養やリラックスすることの大切さを心得ている。・やめるべきことはないか、常に自分の生活をチェックしている。 ・エネルギーを費やす相手を厳選している。
習慣化

FRIDAY FORWARD フライデー・フォワードあなたの可能性を引き出す52のヒント(ロバート・グレイザー)の書評

「キャパシティ・ビルディング」とは、より高いレベルの結果を出すため、そして自分の資質を引き出すために必要なスキルを、探求し、習得し、磨く方法です。ゴールの達成に不可欠な学びの習慣を身につけることで、知性のキャパシティを広げられるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました