書評

スポンサーリンク
イノベーション

デザイン思考を経営に取り入れるべき理由

デザイン思考が様々なイノベーションを起こす源泉になってきました。デザインがリアルな人間のリアルな問題を解決でき、それは新たな経営戦略の立案にも使えるようになってきました。イノベーティブなプロダクトを出す場合にも、製品そのものをデザインするだけでなく、導入デザインを考えるようにすべきです。
習慣化

サイモン・シネックのFIND YOUR WHY あなたとチームを強くするシンプルな方法の書評

結果を残すリーダーの共通点は、なぜその事業を行っているかを明確にしていることです。人々は「何を」 売っているかではなく、「なぜ」売っているかに興味を持ち、それに共感を覚えます。経営者はWHYを明らかにし、それを伝える努力を行うべきです。
習慣化

調和的情熱を獲得しよう!パッション・パラドックスの書評

外的な結果を求め過ぎると人は不正に手を染めてしまいます。また、恐怖心を抱いた時に、モチベーションが高まりますが、そこには長続きしないという問題があります。外的な結果や恐怖心にとらわれず、内面から生まれた調和的情熱を持つことで行動が楽しくなり、人生全般に満足できるようになります。
イノベーション

アイデアをすぐに形にしよう!スマートウォッチ市場を生み出したエリック・ミジコフスキーとは誰か?

日常に潜む、身近な悩みからイノベーションのタネを見つけ出したのが、エリック・ミジコフスキーです。彼はアップルやグーグルよりも早く、スマートウォッチを開発した事業家として有名です。アイデアを考えるだけでなく、それを形にし、実現させることが成功の秘訣です。
習慣化

ブラッド・スタルバーグ、スティーブ・マグネスのパッション・パラドックスの書評

情熱にはよい情熱と悪い情熱がありますが、その取り扱いを間違えると幸せな人生を歩めません。情熱を味方にできれば、恩恵を得られますし、その取扱を誤れば災厄を生んでしまうのです。情熱とうまく付き合うことで、私たちは結果を出せるだけでなく、素晴らしい人生を送れるようになります。
習慣化

ロバート・I・サットンのチーム内の低劣人間をデリートせよ——クソ野郎撲滅法の書評

パワハラやセクハラをするクソ野郎がいるだけで、組織のパフォーマンスが下がることがわかっています。こうした低劣な人間から被害を受けたくなければ、いくらよい条件の職場であってもそこから逃げ、彼らと働くことをやめるべきです。君子危うきに近よらずが、正しい選択であることを忘れないようにしましょう。
習慣化

ハイディ・グラントの人に頼む技術 コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学の書評

多くの人は他者への依頼に苦痛を感じます。しかし、人は助けを求めてきたからといって、その相手を嫌いになったりはしません。誰かの助けが必要になったときにこの事実を頭に入れておけば、人への頼みごとに苦痛を感じなくなります。結果を出したければ、周りの人にもっと積極的に依頼をすべきです。
習慣化

ロン・クラークのムーブ ユア バスの書評

バス(組織)が目標に向かって速く走るためには、ランナーの力を引き出すべきです。リーダーであるドライバーは、ランナーをサポートし、彼が速く走れるようになれたら、ジョガー、ウォーカー、ライダーのステップアップをサポートします。この順番でメンバーのスピードアップをはかることで、組織が強くなります。
イノベーション

イノベーションを起こすために重要なマインドセットとは?

イノベーションを起こすためには、アイデア作りだけではダメで、それを実行する必要があります。いきなり成功を目指すのではなく、失敗を考慮した計画を立て、決してあきらめないようにしましょう。大量の失敗からイノベーションが起こると信じ、行動を続けることが重要です。
イノベーション

フランス・ヨハンソンのアイデアは交差点から生まれる イノベーションを量産する「メディチ・エフェクト」の起こし方の書評

異なる専門分野や文化が出合う交差点に積極的に足を踏み入れ、偶然の力を活用し、アイデアを生み出すようにしましょう。人にバカにされることを恐れず、一見、何の関係もなさそうな分野同士を関連づけ、結合させるようにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました