書評

スポンサーリンク
習慣化

BJ・フォッグの習慣超大全――スタンフォード行動デザイン研究所の自分を変える方法の書評

よい習慣を身につけたければ、意思力に頼るのをやめるべきです。小さな習慣(タイニー・ハビット)を積み重ねることで、私たちはやがて大きな目標に到達できます。タイニー・ハビットでは、たくさんの小さな成功を素早く積み重ねることを目指します。小さな成功体験をいくつも作ることで、飛躍的な成功が得られます。
イノベーション

リチャード・P・ルメルトの良い戦略、悪い戦略の書評

良い戦略に必要なのは、さまざまな要求にノーと言えるリーダーです。戦略を立てるときには、「何をするか」と同じぐらい「何をしないか」を決めることが重要になります。リーダーは的を絞った方針を示し、そこにリソースを投入し、行動を促進すべきです。良い戦略が、良い結果をもたらしてくれます。
習慣化

チャールズ・ハンディのTHE HUNGRY SPIRIT これからの生き方と働き方の書評

自分自身の強みを生かし、周囲や社会に貢献することで、私たちは他者から感謝され、自分を幸せにできます。資本主義があまりに利己的に動く人を増やしたために、不幸な人が増えています。利他の心を取り戻し、他者のへの貢献を意識し、自らの行動を変えましょう。
AI

村上憲郎氏のクオンタム思考 テクノロジーとビジネスの未来に先回りする新しい思考法の書評

「クオンタム思考」というのは、意識的につくり上げられた質のよい(量子分野を含んだ)フレーム・オブ・リファレンスを土台として、その上に築かれる思考です。量子学を含めた異なる分野の本を大量に読み、脳内にフレーム・オブ・リファレンスを作ることで、様々な課題を発見し、解決できるようになります。
SX

井上一鷹氏の深い集中を取り戻せ――集中の超プロがたどり着いた、ハックより瞑想より大事なことの書評

高い自由度を自ら作り、夢中で働く人が生まれにくい文化のもと働いている日本人からは、イノベーションは生まれづらくなっています。これが日本の成長を妨げていたのです。夢中になる人が増えれば、アントレプレナーだけでなく、イントレプレナーも増やせます。様々な起業家が生まれることで、日本はもっと面白くなります。
習慣化

行動を変えたければ、船を焼け!THE CATALYSTの書評

ペンシルベニア大学ウォートン校の人気教授のジョーナ・バーガーは、行動を阻止している障害を特定し、それを除去する方法を考えることで、相手の思考と行動を変えらると指摘します。保有効果を和らげること、現状維持のデメリットを伝えることで、相手は自ら行動を起こすようになります。
習慣化

ジョーナ・バーガーのTHE CATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術の書評

行動を阻止している障害を特定し、それを除去する方法を考えることで、相手の思考と行動を変えられます。慣性の5騎士の「心理的リアクタンス(Reactance)」「保有効果(Endowment)」「心理的距離(Distance)」「不確実性(Uncertainty)」「補強証拠(Corroborating Evidence)」を除去することで、よりよい結果を得られます。
セレクト

レベッカ・ヘンダーソンの資本主義の再構築 公正で持続可能な世界をどう実現するかの書評

企業と政府の姿勢を変えることで、環境破壊や経済格差などの社会問題を解決できます。「共有価値の創造」 「目的・存在意義(パーパス)主導型の組織を構築する」「金融の回路の見直し」「協力体制をつくる」 「社会の仕組みを創り変え、政府を立て直す」を組み合わせることで、多くの問題を抱える資本主義を再構築できます。
イノベーション

ニコラス・クリスタキスの疫病と人類知 新型コロナウイルスが私たちにもたらした深遠かつ永続的な影響の書評

人類は知識と体験を共有することで、過去、何度ものパンデミックを乗り越えてきました。人間には文化を育み、知識を教え合い、後世に伝える能力が備わっています。この累積文化とイノベーションの力によって、私たちは今後もウイルスとの戦いに勝利していくはずです。
イノベーション

スティーブン・G・ブランクのアントレプレナーの教科書の書評

成功した企業は、顧客からの学習と発見のプロセスを生み出しています。彼らは「製品開発」ではなく、「顧客開発」を行っています。顧客開発をしたければ、「顧客発見」「顧客実証」「顧客開拓」「組織構築」の4つのステップを踏むべきです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました