習慣化

スポンサーリンク
習慣化

糖質疲労(山田悟)の書評

糖質疲労は、健診では気づかれない食後高血糖で生じる症状であり、その解決法がロカボダイエットとは、低炭水化物食を取り入れることで血糖値の急激な変動を抑え、疲労感や集中力の低下を改善することを目指す食事法です。炭水化物の摂取を抑えることで、安定した血糖値を保つことができるようになります。
習慣化

最適脳:6つの脳内物質で人生を変える (デヴィッド・JP・フィリップス)の書評

人間の感情や行動に深い影響を与える6つの脳内物質によって、幸福度を高められます。「天使のカクテル」の基本的な成分は、しっかりとした睡眠、健康的な食事、定期的な運動、そして毎日の瞑想に集約されます。これらは単に心地よい感情を享受するためだけではなく、身体と心の健康を維持するためにも非常に重要です。
AI

ChatGPT「超」勉強法 (野口悠紀雄)の書評

ChatGPTを最大限に活用するには、AIと人間の協調が必要です。AIから提供される情報を適切に活用し、人間の洞察力や経験を加えることで、より価値ある情報が得られます。ChatGPTとの相互作用を重視し、継続的に自分自身の知識や判断力を磨くことが、このツールを上手に使うための重要な要素です。
パーパス

日本一の変人経営者 (宗次徳二)の書評

CoCo壱番屋の成功は、宗次徳二氏の顧客第一主義と真心を込めた経営方針によって支えられています。彼の経験から得られる教訓は、どんな逆境にも屈せず、一貫して顧客満足を最優先にすることの重要性です。この不屈の精神と顧客中心のアプローチが、CoCo壱番屋を代表する強いブランド「カレーと言えばCoCo壱番屋」と位置づける基盤を築き上げました。
イノベーション

ワークマン式「しない経営」――4000億円の空白市場を切り拓いた秘密(土屋哲雄)の書評

ワークマンは「しない経営」を採用し、従来のビジネスモデルに囚われずに新たな市場を開拓することで著しい成長を遂げました。彼らはしないことによって得られる価値を重視し、強みに特化したことで、新たなアウトドア市場を創出します。結果、多様な顧客層からの支持を受け、売上を伸ばしていったのです。
イノベーション

習慣が重要な理由。ブライアン・トレーシーの 大切なことだけやりなさいの書評

人生をより良くするためには、習慣を変えることが重要です。自分にとって価値があると考える行動を選択し、それを繰り返すことによって、新しい習慣を築き上げるのです。その行動が自然に感じられ、まるで呼吸をするかのように無意識のうちにできるようになるまで、日々継続することが求められます。
文化

散歩哲学 よく歩き、よく考える (島田雅彦)の書評

人類は歩くことで思考し、創造性を高めてきました。AI時代には散歩すること、思考することが差別化要因になります。読書と散歩は、私たちの知識と感性を広げ、新たな視点を提供する活動です。これらを組み合わせることで、深い理解や感動を経験し、日常生活に豊かさをもたらすことができます。
哲学

PMFを達成するための4つの要素。 Love the Problemの書評

PMFを達成することは、スタートアップが市場で持続可能な成長を遂げるための鍵となります。①早く失敗する。そうすれば、実験に使える時間・ランウェイが増える。②ユーザーの声を聞く。 ③問題に集中する。 ④必要なときは厳しい決断をする。4つの要素がPMFへの道を開きます。
リーダー

会社の問題発見、課題設定、問題解決 (永井恒男, 齋藤健太)の書評

ビジョンとデータ経営の組み合わせにより、チームのモチベーション向上と同時に業績向上が可能になります。データの可視化がPDCAサイクルの効率を高め、精度と速度の面で大きな改善をもたらし、これが最終的に「理想の姿」の実現につながります。
哲学

創発を生み出すエマージェンス思考が重要な理由。平井孝志氏の人生は図で考える 後半生の時間を最大化する思考法の書評

計画的な思考とエマージェンス思考を組み合わせることで、常に変化する現実に柔軟に適応し、人生を有利に進めることができます。このアプローチにより、新しいアイデアや視点を見つけ出す能力が高まり、変化に応じて自分を調整する力を強化します。これによって、よいチャンスに巡り会えるようになります。
スポンサーリンク