習慣化

スポンサーリンク
哲学

Chatter(チャッター)―「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法(イーサン・クロス)の書評

私たちはネガティブな内なる声=「チャッター」に反応しがちですが、これに支配されると人生に悪影響を及ぼします。私たちが耳を傾けなければならないのは、やかましいチャッターではなく、自分を成長させようとするポジティブな内なる声なのです。自分自身との会話を正しいものに変えることで、私たちはよりよい人生を送れるのです。
リーダー

上司と部下は、なぜすれちがうのか 本音を伝え/引き出す 仕組みと方法(本田英貴)の書評

企業は従業員から選ばれるよう、パーパスやビジョンを明かにしたり、働く環境を整えなければなりません。企業は、メンバー一人ひとりを真に「支援」し続けなければ、優秀な人材を他社に持っていかれてしまいます。マネージャーは企業のビジョンを実現するために、メンバーとの関係をよりよくすべきです。
イノベーション

合理性の罠に陥らない方法。Deep Skill ディープ・スキル(石川明)の書評

合理的な議論だけで結論が出ないときには、そもそもの企業の出発点である「意志」や「パーパス」に立ち戻る必要があります。もしも、合理性による膠着状態に陥ったら、自社の「意志」や「パーパス」から新規事業を考えるようにしましょう。
習慣化

感謝の儀式を大富豪 アンドレス・ピラから学ぶ。ホームレスから大富豪になった人がお金を無限に増やした方法の書評

毎日の生活に感謝できることがたくさんあることがわかれば、「ありがとう」を多くの人に伝えられるようになり、幸福度をアップできます。1日の終わりにその日をふり返り、感謝できることを思い出す「感謝の儀式」を行うことで、無意識を感謝の気持ちで満たしたまま眠りに就くことができます。
哲学

[メンタルモンスター]になる。 (長友佑都)の書評

「超人ハルク」は怒りでモンスターに変身する天才科学者ですが、長友氏は自分をメンタルでモンスターに変身できるサッカー選手=メンタルモンスターに喩えます。ポジティブなマインセットを身につけ、困難をエネルギーに変えることができれば、爆発的な成長を遂げることができると長友氏は指摘します。
イノベーション

グーグルを成功に導いた「集合天才」のリーダーシップ(リンダ・A・ヒル他)の書評

偉大なイノベーションリーダーは、社員がイノベーションを起こす環境をつくることが自分の役割だと認識している人です。集合天才を活用することが次世代のイノベーションリーダーの育成に不可欠であり、組織および実際の人材管理にこの認識を浸透させていく必要があります。
習慣化

ME TIMEをSEEメソッドで楽しむ方法。ME TIME 自分を後回しにしない「私時間」のつくり方(池田千恵)の書評

自分の人生を思いっきり生きるためには、自分が何に時間を使っているときがいちばん幸せなのかを知り、何を求めているかを知ることがポイントになります。自分の人生をShow(見える化し)、Edit(編集)することで、人生をEnjoyできるようになります。SEEメソッドを活用し、自分らしい人生を送りましょう。
イノベーション

Your Time ユア・タイム 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術(鈴木祐)の書評

Your Time ユア・タイム 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術 鈴木祐 河出書房新社 本書の要約 心に本当の余裕を持たせたければ、時計の針に耳を傾けるべきときと、それを無視すべきとき...
イノベーション

「専門性」のパラドックスに陥らない方法。Deep Skill(石川明)の書評

世の中の"不"を解消することで、顧客から支持されるビジネスモデルを生み出せます。ビジネスパーソンは「専門性」を高める必要がありますが、顧客を自ら遠ざけることで専門性のパラドックスに陥ることがあります。それを避けるために、「顧客との距離を縮める」、「他者の視点を取り入れる」ことを意識しましょう。
イノベーション

異能の掛け算 新規事業のサイエンス (井上一鷹)の書評

新規事業を成功させるために必要なことが明らかになっています。リーダーはビジョンやミッション、コンセプトを共有し、Biz/Tech/Creativeのメンバーの異能な掛け算を行うこと、バリューデザイン・シンタックスのフレームワークを活用することで、新規事業の立ち上げをスムーズに行えるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました