習慣化

スポンサーリンク
AI

成毛眞氏の2040年の未来予測の書評

テクノロジーによって生活が便利になる一方、様々なデータから日本の未来を予測すると暗い兆しがいくつも見つかります。課題先進国である日本に生きることを悲観するのではなく、変化の萌芽の中から、チャンスを見つけましょう。自分の頭で考え、変化に適応することで、自分を幸せにできます。
習慣化

成毛眞氏のバズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せるの書評

何度も推敲を重ね、自分の感情や思考を真剣に伝えることで、「バズる」文章を書けるようになります。読者の立場から文章を見直し、読みやすさ、わかりやすさを追求しましょう。文章の良し悪しは、「最初の1行」で9割決まると著者は言います。読んでもらえる見出しをつくることを、まずは心がけましょう。
習慣化

藤吉豊氏と小川真理子氏の「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。の書評

本書は文章術の100冊の名著から40の共通ノウハウをピックアップしています。まずは、『文章はシンプルに』 、『伝わる文章には「型」がある』、『文章も「見た目」が大事』などの7つのルールを身につけましょう。40のルールの半分を身につけるだけで、文章力は劇的にアップするはずです。
習慣化

本田直之氏のパーソナル・トランスフォーメーション コロナでライフスタイルと働き方を変革するの書評

人生は壮大な実験だと考え、自ら変化する道を選びましょう。コロナ時代に新たな自分を見つけ、本当にやりたいことに時間を使うのです。パーソナルトランスフォーメーションを実践し、自らの価値を発信をすることで、周りの人から応援してもらえるようになります。
イノベーション

成功するコミュニティを作る鍵はMTP(Massive Transformative Purpose)にあり。

コミュニティの力を活用することで、テクノロジーの進化を加速させたり、新たなアイデアを生み出せます。 コミュニティの時間と知力を惜しみなく与える情熱を持った人々の力によって、MTP(世界に途方もない変化をもたらす目標)を実現できるようになります。
イノベーション

高杉康成氏の一流ビジネスマンは誰でも知っているヒットの原理 売れるプラン作成の基本の書評

ミクロニーズ(トレンド)とマクロニーズ(隠れたニーズ)を捉え、それをタテヨコ思考で深掘りすることで、ヒット商品を量産できるようになります。市場動向(Trend)、顧客ターゲット(Target)、自社技術・ノウハウ(Technology)の3T分析で戦略を立案し、プランの精度を高めましょう。
サブスクリプションモデル

ピーター・レイシー、ヤコブ・ルトクヴィストのサーキュラー・エコノミー デジタル時代の成長戦略の書評

今まで廃棄されてきたものを資源に変えるサーキュラー・エコノミーへの転換が経営者に求められています。企業は市場、顧客、および天然資源の3者の関係性を全く新しい視点で見つめなおすことで、「サーキュラー・アドバンテージ」を獲得し、競合に優位性を発揮できます。
習慣化

過度の悲観論を疑った方がよい理由

Business photo created by gpointstudio - www.freepik.com 自分の頭で考える日本の論点 著者:出口治明 出版社:幻冬舎 本書の要約 歴史的に見れば、悲観論は楽観論に破...
習慣化

出口治明氏の自分の頭で考える日本の論点の書評

歴史と現代の世界の動きを知り、ファクトと事実で目の前の課題を考えると解決の糸口が見えてきます。過去の歴史を遡れば、人口減少も見過ごすことができない問題であることがわかります。日本は今こそ成功国フランスの政策を見習い、現状の人口問題と真剣に向き合うべきです。
Instagram

原田曜平氏のZ世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~の書評

①消費者ターゲットしてのZ世代②人材としてのZ世代③ソーシャルメディアなどPRの起点としてのZ世代という3つの理由から、企業は25歳以下のZ世代をもっと理解すべきです。Z世代が社会の中心になる近未来には、彼らの感性や感覚、発信力が世の中を変えていると考え、彼らに権限を移譲した方がよさそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました