習慣化

スポンサーリンク
習慣化

デイヴィッド・ローベンハイマー、スティーヴン・J・シンプソンの科学者たちが語る食欲の書評

正しい食環境に向かって舵を切り(不健康な食環境から遠ざかり)、食欲に耳を傾けるだけで、健康を取り戻せます。加工食品を食べるのをやめ、人間らしい食生活を習慣にするだけで、私たちは健康を取り戻せ、長生きできるようになるのです。著者たちの15のアドバイスを取り入れましょう!
習慣化

エマニュエル・トッドの思考地図の書評

「入力(インプット)→思考→出力(アウトプット)」のフレームワークを活用することで、新しいアイデアを生み出せるようになります。思考の土台を築いた上で、脳に様々な刺激を与えるのです。多様性のある人脈、幅広い読書、移動の最大化が、私たちに新しいアイデアを生み出す力を与えてくれるのです。
習慣化

吉森保氏のLIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義の書評

ノーベル賞受賞者の共同研究者でもある著者は、オートファジーが免疫や病気、美容、老化に大きく関係していることを研究で明らかにしました。健康寿命を高めるためにはオートファジーを活性化焦る必要があります。運動、プチ断食、スペルミジンやレスベラトロールを積極的に摂取しましょう。
習慣化

三澤直加氏のビジュアル思考大全 問題解決のアイデアが湧き出る37の技法の書評

新しいアイデアや問題解決の方法を考えたり、他者に伝えたいときに、言葉だけでは壁にぶち当たります。自分が伝えたいことや考えていることを 「ビジュアル」=「図」 にする「ビジュアル思考」を取り入れるだけで、 大切なことが一発で相手に伝わり、 思考と議論が活性化されます。
アマゾン

カル・ニューポートのデジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中するの書評

デジタル・ミニマリズムとは自分にとって、本当に必要なデジタルツールだけを選択し、今ここに集中するための哲学です。著者はデジタルツールの活用を制限することで、生産性を高めたり、人との意味のある時間を増やすことができると言います。デジタル・ミニマリストになることで私たちは幸福度を高められます。
習慣化

カル・ニューポートの今いる場所で突き抜けろ!――強みに気づいて自由に働く4つのルールの書評

キャリアに関するアドバイスで巷で言われる、「自分の好きなこと、やりたいことを見つけて、それに合った仕事を探しなさい」という考え方は間違っていると著者は指摘します。今できることに集中し、キャリア資本を積み上げることで、唯一無二の存在=突き抜けた自分になれます。
イノベーション

「許容できる失敗の原理」で成功を手に入れよう!ピーター・シムズの小さく賭けろ!の書評

「許容できる失敗の原理」という考え方を採用すると成功に近づけます。「小さく賭ける」アプローチを取れば、許容できる失敗の原理に基づいて行動できるようになります。アイデアをすぐに実行に移すことで、失敗に対しての免疫ができます。何度も失敗を繰り返すことで、成功のヒントが見つかります。
アマゾン

ピーター・シムズの小さく賭けろ!の書評

成功した起業家は、普通の人なら「失敗」と考えるところを「学習」だと捉えます。小さくスタートし、失敗することで、会社やプロダクトの戦略を早めに修正できます。彼らは「小さな賭け」を繰り返すことで、驚異的な成功が手に入ることを理解しているのです。
イノベーション

ティナ・シーリグの未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIの書評

「イノベーション・エンジン」の6つの要素である知識・想像力・姿勢・資源・環境・文化をポジティブかつ密接に絡み合せることで、 創造性が解き放たれ、個人やチームに変革がもたらされます。自分のイノベーション・エンジンを機能させることで、様々な課題を解決できるようになります。
イノベーション

ティナ・シーリグのスタンフォード大学 夢をかなえる集中講義の書評

想像力→クリエイテビィティ→イノベーション→起業家精神という「インベンション・サイクル」に行動をのせることにより、夢をかなえることが可能になります。このサイクルを上手に活用することで、 未来は自分自身の手で切り拓くことができるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました