習慣化

スポンサーリンク
セレクト

成毛眞氏のamazon 世界最先端の戦略がわかるの書評

年会費は前払いだ。アマゾンには、1年前に手元にお金が入ってくる。キャッシュフロー経営を掲げるベゾスにとってはこの金脈を見逃すわけがない。米国内だけでも年会費119ドルのプライム会員が8500万人いるとなると、前受金は100億ドル超にもな...
習慣化

新しい働き方のアインシュタイン・アプローチとは何か?

人生はあっという間だ。イライラしたり、望みをほったらかしにしている場合じゃないよ。やりたいことをすべて実現するのは無理だとしても、みんなもっと頑張れる。私は毎日、自分の大事なことをする時間をつくるようにしてる。瞑想したり、読書したり、何かを...
セレクト

スラッシュ型のマルチ・ポテンシャライトとは何か?

「スラッシュ・アプローチ」は、「ポートフォリオ・キャリア」とも呼ばれる。パートタイムの仕事やビジネスをいくつか掛け持ちし、その間を日常的に飛び回っていることをいう。(エミリー・ワプニック) Designed by Rawpix...
習慣化

アルバート・エリスの現実は厳しい でも幸せにはなれるの書評

人は難しい問題が生じると、必要以上に動揺したり不安定になったりしてしまいます。しかし、人は創造的に、また目的に向かって、どの情緒や行動を選んだらいいか、その対応の仕方を知っています。そして、たとえ不適当なことをしたとしても、それをよく考...
習慣化

ソロモン王とマキャベリのどちらを信じるべきか?

勤勉な者はいずれ指示する立場になるが、怠惰な者は労働を強いられるだけで終わる。真面目に働けば利益がもたらされるが、ロ先だけでは貧しさしかもたらされない。 眠りたいと思っていては貧しさが増すばかりである。目覚めていれば、有り余る粗が手に入...
セレクト

ジャレド・ダイアモンドとリンダ・グラットンから学ぶ、人生100年時代の働き方

日本は世界で最も高齢者が多い国です。定年退職制という馬鹿げた制度を続けるのではなく、働き続けたいと思う高齢者の雇用機会を確保し、彼らを最大限に活用する方法を見つけるべきです。肉体労働で高齢者を雇うのではなく、管理者やアドバイザー、監督な...
セレクト

親切を周りの人に伝染させよう!デイビッド・ハミルトンの親切は脳に効くの書評

池に落ちた小石がさざ波を起こし、対岸に浮かぶスイレンの葉を持ち上げるように、親切な行動はそれを目撃した人の気分を高め、別の人にもその親切を伝えようという気にさせ、ほかの人たちの気分まで高めていく。(デイビッド・ハミルトン) Desig...
セレクト

エミリー・ワプニックのマルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法の書評

マルチ・ポテンシャライト さまざまなことに興味を持ち、多くのことをクリエイティブに探究する人。面白いことを学ぶのはそれ自体が楽しいし、そこで得た多くのスキルにさまざまな状況で助けられてきたからだ。(エミリー・ワプニック) De...
セレクト

親切は人間関係をつなぎとめる接着剤!

私たちの先祖は、分かちあうほうが楽で、大勢でいると安全であることを学んだ。そこから親切は私たちの生まれながらの性質になった。親切が体にいいのもそのためだ。オキシトシンを作る遺伝子は5億年前から存在し、私たちの体内の多くのシステムに組みこ...
セレクト

マイケル・マスターソンの大富豪の仕事術―経済的成功をつかむための具体的で現実的な8つの行動の書評

私たちのほとんどは、日常生活の中で無意味な忙しさにかまけて、大きな成果を成し遂げる余裕がない。そういう人々は、忙しさこそが生産性の高さを意味するものだと誤解しているのである。(マイケル・マスターソン) Designed by ...
スポンサーリンク