習慣化

スポンサーリンク
習慣化

脳の地図を書き換える 神経科学の冒険(デイヴィッド イーグルマン)の書評

脳は新たな知識や体験をインプットすることで、日々脳内の地図を書き換えています。無数の変化が、数分、数か月、数十年をかけて蓄積され、その総和があなたという存在になるのです。 脳はライブワイヤードとして日々変化を起こしているのですから、脳の力を信じて、インプットを続ける努力を怠らないようにすべきです。
リーダー

「類は友を呼ぶ」が成長の糧にならない理由。グレイス・ローダンのショートカット思考の書評

多様性をもつチームのほうが問題解決や将来予測に優れ、創造性にも富むことは、多くの成功企業が証明しています。自分と似たような人だけ集めても現代のような複雑な世の中の課題は解決できません。年齢、性別、国籍、得意分野の異なる多様なメンバーを集めることで、私たちは成功を手に入れられるのです。
イノベーション

これからのリーダーに必要なADAPTモデルとは何か?Future of Work 人と組織の論点の書評

企業がセルフ・ディストラクション(自滅)を回避するためには、リーダーは直面する外部からのディスラプションに単に対応するのではなく、これを所与のものとして受け入れなければなりません。ディスラプションに打ち勝つためには、リーダーは今までの自分自身の考え、価値観、行動をディスラプトする必要があります。
イノベーション

Future of Work 人と組織の論点(コーン・フェリー・ジャパン)の書評

テクノロジーなどの有形資産に投資したからといっても人的資本への投資を怠ると長期的な成功は望めません。人的資本の生み出す価値は技術投投資のそれを上回り、新たな企業文化を創出します。それらをリードしていく「ソフトスキル」が、これからの企業価値最大化の最も大切なものになっています。
パーパス

「無用な時間」を「有用な時間」に置き換えよう!グレイス・ローダンのショートカット思考の書評

「人生を遠回りさせている時間」を減らし、「ゴールに近づく時間」を増やすことで、結果を出せるようになります。当たり前ですが、私たちの時間は有限です。「無用な時間」を「有用な時間」に置き換えること、時間の使い方をショートカット思考で変えることで、目標達成のスピードが早まります。
習慣化

SHARP BRAIN たった12週間で天才脳を養う方法 (サンジェイ・グプタ)の書評

SHARP BRAIN たった12週間で天才脳を養う方法 サンジェイ・グプタ 文響社 本書の要約 人は適切なライフスタイルを築くことで、たとえ遺伝的な危険因子をもつ人でもアルツハイマー病を含む深刻な神経疾患の発症リスク...
イノベーション

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望 (トーマス・ラッポルト)の書評

成功している企業は、競争ではなく、市場を独占しているとピーター・ティールは指摘します。それを実現するためには自分1人の力ではあまりにも遠回りです。起業家はビジネスセンスとテクノロジーのバランスを取り、優秀な少数のメンバーを集め、彼らに責任を持って仕事をしてもらう必要があります。
イノベーション

組織のパフォーマンスを高めるために必要なこと。

人はフィードバックを求めているのではなく、自分が最も能力を発揮できることへの注目を求めています。メンバー1人ひとりの強みを見つけ、それを引き出すフィードバックを行うことで、従業員のエンゲージメントを高められます。彼らのやる気を引き出し、それらを組み合わせることで、組織の生産性が一気にアップするのです。
イノベーション

WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」 (ダン・サリヴァン, ベンジャミン・ハーディ)の書評

成功を本気で手に入れたければ、「どうやるか(HOW)」の考え方から「誰とやるか(WHO)」の考え方へ思考と行動をシフトする必要があります。①ビジョンを明確に設定する。②「誰か」を見つけ、彼らに結果を出してもらう。という2つのステップを実践するだけで、成功を手に入れられます。
哲学

断酒を成功させる方法 グレイス・ローダンのショートカット思考の書評

ショートカット思考 グレイス・ローダン 本書の要約 断酒を実行する際にハードルになるのは、今まで仲間だった飲み友達です。変化するためには、彼らとの付き合いを減らし、新たなロールモデルとの時間を増やすことが鍵になります。私は朝活...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました