習慣化

スポンサーリンク
習慣化

POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス)―学習する組織に進化する問題解決アプローチの書評

ポジティブデビアンス(PD)とは、同じコミュニティや組織などで、問題が発生している悪条件の現場のなかで良い結果を出している「逸脱者」です。悪条件の中でも成功する「ポジティブな逸脱者」を発見し、彼らに焦点を合わせ、正しい答えを見つけましょう。
イノベーション

伊藤豊氏のShapers 新産業をつくる思考法の書評

これからの時代に必要なのは、「Shapers」として生きることだと著者は言います。Shapersとは創造性を発揮して新しい価値を形づくろうとする人のことを指します。大企業に入れば、自分のキャリアは安泰と考えるのではなく、Shapersを目指し、自分の価値を高めるようにしましょう。
イノベーション

黒田悠介氏のライフピボット 縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術の書評

過去の経験による蓄積を足場にして、多様な出会いや偶然力を活用することで、ワクワクな人生を送れるようになります。スキルセット、広く多様な人的ネットワーク、経験によるリアルな自己理解の3つの蓄積を活用し、情報発信、ギバーとして行動することで、自分の可能性が広がります。
AI

マット・リドレーの人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化するの書評

イノベーションは自由から生まれます。課題を解決したいという人々の自由で独創的な試みがあり、失敗が許される土壌があるから、イノベーションが起こるのです。創造力にあふれる人たちが自由に実験する場があるから、可能になるのです。
習慣化

ネイチャーポジティブな選択が、ウイルスを撃退する?マルクス・ガブリエルのつながり過ぎた世界の先にの書評

人類が行動を変えることで、よりサスティブルな経済が実現したとすると、結果的にウイルスが反撃を止めてくれるかもしれないと著者は指摘します。ネイチャーポジティブな態度をとり、サスティブルな活動をしている企業を応援することが、一人一人に求められています。
習慣化

マルクス・ガブリエルのつながり過ぎた世界の先にの書評

人類はテクノロジーの発展の中で倫理観を失ってきました。よりよい社会を実現するためには、「理由律」に従って行動し、倫理観を取り戻すべきです。サスティナブルで倫理的な資本主義体制をつくった国が、今後ももっとも豊かな国になると著者は未来を予測します。
イノベーション

出口治明氏の歴史を活かす力 人生に役立つ80のQ&Aの書評

明治の変革期には、日本にも数多くのイノベーターが存在し、日本の発展に尽力しました。梅屋庄吉や渋沢栄一の人生を振り返ることで、私たちは行動する勇気を学べます。歴史を学び、それを活かすことで、未来に役立つ知恵や学びが得られます。正しい選択をするために、歴史を学びましょう!
習慣化

ダニエル・J・レヴィティンのサクセスフル・エイジング 老いない人生の作り方の書評

孤独が多くの病の原因になることがわかっています。高齢者の孤独を軽減することで、健康寿命を伸ばせます。そのために、高齢者はコミュニティに所属し、つながりを強化する必要があります。著者は健康的な生活を習慣にし、感謝の気持ちを表現することで、孤独を軽減できると言います。
習慣化

堀内勉氏の読書大全の書評

Background photo created by jcomp - www.freepik.com 読書大全 世界のビジネスリーダーが読んでいる経済・哲学・歴史・科学200冊 著者:堀内勉 出版社:日経BP 本書の要約 ...
習慣化

リビング・デッドにならない生き方を実践しよう!

長寿社会は「リビングデッド」という不幸な人を増やす可能性があります。心が満たされないまま何十年も生きる不安に耐えられないリビングデッド状態の人にとっては、歓迎せざる「死ねない時代」になってしまうかもしれません。それを避けるたけるためには、様々なコミュニティとのつながりを強化すべきです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました