生産性向上

スポンサーリンク
パーパス

グローバル メガトレンド10(岸本義之)の書評

企業や組織は、グローバルな問題に対処することで、社会的な価値を生み出し、同時に新しい市場を開拓することができます。 将来成功を収めるためには、これらの大きなトレンドを理解し、それに基づいた持続可能で革新的なビジネスモデルを開発する必要があります。
イノベーション

2030 半導体の地政学(太田泰彦)の書評

半導体はデジタル社会において極めて重要な基盤技術であり、特にAIなどの高度技術分野においてその重要性がますます高まっています。この半導体は、あらゆる先進技術の核心部品として位置付けられており、その供給は各国の安全保障に深刻な影響を及ぼし、この分野での覇権争いは激しさを増しています。
資産運用

経済評論家の父から息子への手紙 お金と人生と幸せについて(山崎元)の書評

著者は資本主義社会においてリスクを取らない労働者は搾取されると言い。若者世代は適度にリスクをとることが重要だと指摘します。具体的には、起業や世界の株式市場に投資するETFへの投資を提案する一方で、知識やスキルの向上など自己への投資の大切さも強調しています。
AI

生成AI時代 あなたの価値が上がる仕事 (田中道昭)の書評

AI時代において、AIはデータ解析や情報処理に長けていますが、人間の直感、創造性、共感力、倫理的判断力などの点では限界があります。このため、人間固有の感性や身体性を活かした職業は、AIによる大規模な失業が予測される時代でも重要な価値を持ち続けることになります。
哲学

考えすぎない練習(ジョセフ・グエン)の書評

自分の真の情熱に集中し、フロー状態を生み出すことによって、私たちの人生は良い方向に変わり始めます。内なる直感に耳を傾け、ネガティブな思考に囚われずにいることで、私たちはポジティブな行動を取る力を育み、より多くの幸福な瞬間を自らにもたらすことができます。
哲学

大切なことはすべて茶道が教えてくれる。(石川雅俊)の書評

ビジネスリーダーと組織には、左脳の論理的思考と右脳の創造的思考を融合させ、アートとサイエンスのバランスを見つけることが求められます。これは、不確実で複雑な現代を生き抜く上での重要な要素です。茶道の実践を通じて、私たちは多様で複雑な課題に対して柔軟かつ創造的な解決策を導き出す能力を高めることができます。
イノベーション

黒船特許の正体 (松倉秀実)の書評

アップルの知財戦略は、ハードウェアやソフトウェアだけでなく、顧客体験にも焦点を当てており、製品の設計から販売まで一貫して行う垂直統合管理を採用しています。特にスティーブ・ジョブズは、アップルストアの店舗デザインにおいてもイノベーションを推進し、これらを知財として活用することで優位性を高めています。
イノベーション

CLEAR THINKING(クリア・シンキング)大事なところで間違えない「決める」ための戦略的思考法(シェーン・パリッシュ)の書評

成功を収めるには、正確な決断と適切な行動が不可欠です。感情を適切にコントロールし、自己意識や社会性を調整し、惰性に流されることなく目標に向かって行動することが重要です。さらに、賢明な決断を下すためには、クリア・シンキンングの原則を理解し、それを実践することが求められます。
文化

学び続けることは経済学的に正しいのか?教育投資の経済学 (佐野晋平)の書評

教育に投資することは、個人と社会に大きなメリットをもたらし、労働市場の改善や社会的不平等の解消にも寄与します。日本の公式統計を用いた分析では、教育への投資が年間約10%のリターンを生むことがわかっており、これは大学教育を含む継続的な学習が経済的にも合理的であることを示しています。
イノベーション

AIファースト・カンパニー――アルゴリズムとネットワークが経済を支配する新時代の経営戦略(マルコ・イアンシティ, カリム・R・ラカーニ)の書評

AIファースト・カンパニーになることで、企業は効率化、生産性向上、顧客ニーズの深い理解など多くのメリットを享受できます。そのために企業は経営戦略を見直し、組織文化を改革する必要があります。デジタル化、アナリティクス、AI、機械学習の発展は、ビジネスの拡張性を大幅に強化し、事業価値を一気に高めてくれます。
スポンサーリンク