生産性向上

スポンサーリンク
イノベーション

現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全―脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す! (佐々木俊尚)の書評

佐々木俊尚氏は知肉を育てる4つのステップを明らかにしています。①気になるところを「メモする」②メモから「概念をつかむ」③概念を集めて「世界観をスケッチする」④世界観から「知肉を育てる」 このステップを繰り返すうちに、脳内で情報と情報が結びつくことで、アイデアが生まれ、目の前の課題を解決してくれるようになります。インプットとアウトプットにより思考力が鍛えられ、課題を解決する力を養えるようになうのです。
イノベーション

スケールアップに文化が重要な理由。そのビジネス経済学でスケールできます。の書評

シカゴ大学経済学部教授のジョン・A・リストは、確実にスケールするための4つの解決策を明らかにしています。①スケールするインセンティブを使う。②「限界革命」を導入する。③やめるが勝ち。(機会費用は重要な検討項目)④スケーリングの文化に変える。企業をスケールさせるために、これらを実践しましょう。
イノベーション

そのビジネス経済学でスケールできます。(ジョン・A・リスト)の書評

シカゴ大学経済学部教授のジョン・A・リストは、スケーラブルなアイデアに備わっている5つの特徴を明らかにしています。①偽陽性 ②人口の代表性 ③状況の代表性 ④スピルオーバー ⑤コスト この5つのバイタルサインをすべてクリアできれば、その事業はスケールできるのです。
習慣化

最後までやりきる力(スティーヴ・レヴィンソン, クリス・クーパー)の書評

最後までやりきる力  スティーヴ・レヴィンソン,クリス・クーパー クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 本書の要約 仕事で結果を出すためには、やる気を出すだけではなく、やりたくないことでもすぐの実行できる方法を身につ...
パーパス

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか(ピアーズ・スティール)の書評

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか ピアーズ・スティール CCCメディアハウス 本書の要約 先延ばしとモチベーション研究の第一人者のピアーズ・スティールは、期待×価値÷衝動性÷遅れという成功の方程式を明らかにします。この...
イノベーション

ブランド 「自分の価値」を見つける48の心得 (岩田松雄)の書評

企業のミッションが徹底されることで、商品やサービスの価値が高まります。それが顧客にに伝わることで、ブランド化します。ミッションはブランドと表裏になっていると捉えることで、組織を強化できます。ブランドが強化されることで、働く人々と結びつき、最終的にはそこで働く人材、働いていた職歴そのものが高い価値を帯びていくのです。
イノベーション

命綱なしで飛べ (トマス・J・デロング)の書評

自分を理解し、信頼できる「支援のネットワーク」を得ることで、困難を乗り越えられるようになります。進むべき道を決め、小さな一歩を踏み出すことで自分の人生を変えられます。目的を明確にし、計画をしっかり立て、一歩一歩着実に足を運べば、命綱なしで飛べるようになります。
イノベーション

アンラーン戦略――「過去の成功」を手放すことでありえないほどの力を引き出す(バリー・オライリー)の書評

①脱学習(Unlearn) ②再学習(Relearn) ③ブレークスルー(Breakthrough)の3つのサイクルを回すことで、変化に対応できる組織がつくれます。企業を時代遅れの存在ではなく、イノベーションを起こせる組織に変えるためにアンラーンのサイクルを理解し、それを実践すべきです。
DX

売れない問題 解決の公式(理央周)の書評

Product、Target、Communication頭文字をとった「PTCモデル」とPDCAサイクルを組み合わせることで、顧客理解が進み、売上がアップします。「売れる仕組み」は「何を=差異化されたプロダクト」「誰に=的確なターゲット設定」「どうやって=顧客とのコミュニケーション」の戦略を立てただけではなく、計画を実践しましょう。
イノベーション

運をつかむ (永守重信) の書評

運をつかむ 永守重信 幻冬舎新書 本書の要約 日本電産・創業者の永守重信氏は「人生は運が7割、実力が3割」と断言し、日々運がよくなる行動を実践しています。精一杯努力をしても、最後に結果を決めるのは「運」で、そのためには努力に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました