生産性向上

スポンサーリンク
習慣化

リチャード・ワイズマンの「59 Seconds」に学ぶダイエット術

本書「59 Seconds」では、ダイエットを1分以内で成功させるための多様な科学的アドバイスが紹介されています。リチャード・ワイズマンは、正しいダイエット法についてアドバイスし、私たちがより決断力があり、創造的で、積極的かつ幸せになるためのガイドを提供しています。
フレームワーク

SIZE 世界の真実は「大きさ」でわかる(バーツラフ・シュミル)の書評

バーツラフ・シュミルは、サイズが世界をどう形作るかを本書で探究しています。生物学、経済学、心理学、文学などの視点からサイズの重要性を論じ、正規・非対称分布を用いて自然・社会現象を分析しています。サイズの分布パターンが世界理解に与える影響を明らかにし、世の中の多様な現象をサイズから解き明かしています。
哲学

エニシング・ユー・ウォント―すぐれたビジネスはシンプルに表せる デレク・シヴァーズの書評

起業家が自分の情熱に従うことは、個人の幸せとビジネスの成功の鍵となります。「エニシング・ユー・ウォント」(自分の好きなようにやる、やりたいことはすべてやる)を実践することで、優れた製品やサービスが生まれ、顧客満足度も向上します。結果として、起業家自身の充実感と事業の成長が同時に実現できるのです。
戦略

エブリシング・バブル 終わりと始まり――地政学とマネーの未来2024-2025(エミン・ユルマズ)の書評

米中のバブルが崩壊し、地政学リスクが高まることで、日本の価値が今後高まるとユルマズ氏は指摘します。インフレが進む中で、日経平均株価が中長期的に30万円に到達する可能性があると大胆に予測しています。この予測は、日本の株式市場に新たな視点をもたらし、投資家や企業経営者に従来の常識を覆す再考を促しています。
文化

ブルックリン化する世界 ジェントリフィケーションを問いなおす (森千香子)の書評

森千香子氏はジェントリフィケーションを単に経済的な現象としてではなく、社会的、文化的、そして人種的な側面を含む複合的な過程として捉えています。著者は、住民たちの日常生活や経験に焦点を当てることで、統計データだけでは見えてこない、ジェントリフィケーションの人間的な側面を浮き彫りにしています。
文化

親切の人類史――ヒトはいかにして利他の心を獲得したか (マイケル・E・マカロー)の書評

マカロー教授は人間の利他行動が生物学的には謎だと指摘します。自然選択では個体の生存に寄与しない行動は淘汰されるはずですが、人類は見知らぬ人のためにも自己犠牲を払います。人間の利他性は社会的な本能と論理的思考能力から生まれ、テクノロジーや科学、貿易の進歩により、人類は実際に他者を助ける力を獲得したのです。
哲学

感謝と称賛 人と組織をつなぐ関係性の科学(正木郁太郎)の書評

感謝と称賛の文化は、単に職場の雰囲気を良くするだけでなく、組織の生産性や創造性の向上にもつながります。従業員のエンゲージメントが高まることで、自発的な改善提案や革新的なアイデアが生まれやすくなります。また、人材の定着率向上にも寄与し、長期的には組織の競争力強化にもつながるのです。
投資

ナヴァル・ラヴィカントから学ぶ幸福になる方法。

投資家のナヴァル・ラヴィカントの教えは、習慣の力を最大限に活用することで、より幸福で充実した人生を送ることができると示唆しています。悪い習慣を良い習慣に置き換え、自分を良くしてくれるポジティブな人々に囲まれることで、私たちは自分自身を幸福にできるのです。
ウェルビーイング

中国古典「一日一話」―――世界が学んだ人生の参考書(守屋洋)の書評

守屋洋氏は、中国古典の精髄を「応対辞令」「経世済民」「修己治人」の三要素に集約し、その永遠の価値を現代に甦らせています。著者の鋭い洞察は、古来の知恵が現代社会に与える示唆を巧みに描写し、読者に古典の深遠さと実践的意義を再発見させます。私たちはここから多くの気づきをもらえます。
哲学

1日10秒マインドフルネス(藤井英雄)の書評

忙しい現代人の心の健康を守る秘訣、それが「10秒マインドフルネス」です。わずか10秒という短い時間で効果を実感できるため、誰でも簡単に続けられます。この簡単な習慣を通じて、日々の喧騒の中で自分自身と向き合う貴重な時間を確保でき、心と身体の健康を維持できるようになります。
スポンサーリンク