生産性向上

スポンサーリンク
イノベーション

観察の力 (クリス・ジョーンズ)の書評

データとAIの時代において、私たち人間が持つ「人間的な要素」、特に「想像力」の重要性はますます増しています。データが提供する客観的な事実を基にしつつ、人間の判断力や想像力を活用することで、より深い理解と意義のある結論にたどり着くことができます。観察力と想像力が重要だと著者は指摘します。
フレームワーク

自分で選んでいるつもり―行動科学に学ぶ驚異の心理バイアス (リチャード・ショットン)の書評

リチャード・ショットンによれば、私たちの選択や行動は心理バイアスに大きく影響されています。この「心の癖」を理解し、意識的に対策を講じることで、より正確で合理的な判断が可能となり、間違った選択を避けることができます。心の癖を知ることは、私たちの生活やビジネスにおいて大きなメリットをもたらします。
フレームワーク

超進化経営 勝ち続ける企業の5つの型 (名和高司)の書評

伝統の中には革新の萌芽が内包されています。それを読み解き、開花させ、企業自らが変態することが進化企業の腕の見せ所です。伝統だけにしがみつかず、新しい波にも飛びつかず、自社の強みから異結合を生み出すことで、自社独自のイノベーションを起こせるようになります。
パーパス

米国防総省・人口統計コンサルタントの 人類超長期予測――80億人の地球は、人口減少の未来に向かうのか(ジェニファー・D・シュバ)の書評

人口統計の三大要因「出生・死亡・移動」は、社会の未来を形作る重要な要素です。これらの要因を理解し、適切に調整することで、持続可能な社会を実現するための道を切り開くことができます。政策立案者は、これらの変化に対して柔軟に対応し、未来に向けた投資を行うことで、より良い社会を築くための準備を進めるべきです。
哲学

サイコパスに学ぶ成功法則 (ケヴィン・ダットン、アンディ・マクナブ)の書評

サイコパスという言葉には一般的にネガティブなイメージがつきまといますが、実はその特性をうまく活用することで、成功への道を切り開くことができるのです。ケヴィン・ダットンが明らかにした良いサイコパスの7つの特性を実践することで、運を高められるようになります。
パーパス

全員を稼ぐ社員にする、最強チームの作り方(金田健也)の書評

タカマツハウスは、強固なチームワークと応援する文化を基盤に設立からわずか3年で売上高191億円、営業利益8.5億円という急成長を実現しました。社員と顧客を幸せにするというパーパスのもと、落ちこぼれをつくらないという組織づくりによって、同社は急成長しているのです。
習慣化

「量子力学的」強運の方程式 シンクロニシティが次々と起こる絶対法則(高橋宏和)の書評

「量子力学的」強運の要約 強運の方程式は、情報量、質問力、気づき力、行動量といった要素を組み合わせたものです。正しい情報をもとに行動し、持続的な努力を続けることで、成功の確率は高まります。経営者やビジネスパーソンは、この方程式を実践することで、より高いレベルの成功を引き寄せることができるでしょう。
チームワーク

成長を支援するということ――深いつながりを築き、「ありたい姿」から変化を生むコーチングの原則(リチャード・ボヤツィス , メルヴィン・L・スミス , エレン・ヴァン・オーステン)の書評

思いやりのコーチングは、個人のビジョンを基に始まり、総合的なアプローチを取りながら持続的な変化を促すプロセスです。お互いに共鳴するコーチングによって、真の人間関係を築かれ、支援者はビジョンを実現できるようになり、より充実した人生を送れるようになります。
投資

となりの億万長者が17時になったらやっていること 大富豪が教える「一生困らない」お金のしくみ(嶋村吉洋)の書評

コミュニティの構築は、ビジネスの成功において非常に重要です。質の高いコミュニティを作り、継続的に活動し、新しいアイデアや人脈を積極的に獲得することで、持続的な成功を収めることができます。コミュニティ内での協力と相互支援を通じて、全員が共に成長し、繁栄する未来を目指しましょう。
リーダー

Z世代化する社会―お客様になっていく若者たち(舟津昌平)の書評

Z世代は社会の変化を敏感に察知し、現代のトレンドや問題を体現しています。著者は、若者たちが経験する悩みが上の世代の影響を強く反映していると指摘しています。そのため、大人たちは彼らにプレッシャーをかけるのではなく、良い手本を示し、彼らを育てる役割を担うべきです。
スポンサーリンク