生産性向上

スポンサーリンク
セレクト

書評 濱口秀司氏のSHIFT:イノベーションの作法

誰も思い付かない「方向」を見つけ出し、実現可能な、意味のある「大きさ」で設計することでイノベーションを起こせるようになります。SHIFTというフレームワークを武器にすることで、競合に優位性を発揮でき、自分を唯一無二な存在に変えられます。
AI

書評 弘子ラザヴィ氏のカスタマーサクセスとは何か

デジタル時代は「商いは買っていただいた後が大切」の精神を取り戻し、「カスタマーに成功を届ける」ことが必須になります。カスタマーサクセスの本質を理解し、それを実践した企業が顧客を虜にし、リテンションモデル時代の勝者になるのです。
セレクト

書評 サブスクリプション2.0 衣食住すべてを飲み込む最新ビジネスモデル

サブスクリプションモデルで成功するためには、顧客至上主義を突き詰める必要があります。顧客とのタッチポイントを分析し、小さな改善策を提供することで、顧客とのWin-Winの関係を構築できます。ファンを喜ばすことで、顧客のチャーンを防げ、継続率を向上できるようになるのです。
習慣化

過去に囚われずに、未来を変える方法

成功したければ、過去に囚われるのやめましょう。失敗経験を何度も思い出すのではなく、未来の自分の成功をイメージしましょう。自分が成功できると考え、言葉使いを少しだけ変え、暗示をかけるだけで、結果を変えられるようになります。
習慣化

目標を達成するために良い種を蒔こう!

目標を実現したければ、成功した自分をイメージするようにしましょう。朝晩、そのイメージを繰り返し、行動を続けるうちに、よいよいことが起こるようになります。不安を感じたら、瞑想を行い、夜眠る前に成功した自分をイメージすることで、未来を変えられます。よいを種を蒔く習慣を身につけることが、成功の秘訣です。
習慣化

プロブレムソルバーからアジェンダシェイパーを目指そう!書評 ニュータイプの時代

オールドタイプが「与えられた問題を解く」ことに長けている一方で、ニュータイプはまだ誰も気づいていない問題を見出し、それを社会に向けて提起します。これからの時代はプロブレムソルバーが価値を失い、アジェンダシェイパーが評価されるようになります。そのために、ビジョンを生み出し、課題を発見する力を養いましょう!
セレクト

書評 山口周氏のニュータイプの時代

社会構造の変化やテクノロジーの進化にともない、個人や企業は、新しい考え方や成功モデルへの書き換えが求められています。オールドタイプの時代は過ぎ去り、柔軟性、変化への適応力、行動力を持ったニュータイプの人材が求められています。
習慣化

書評 大平信孝氏の「やめられる人」と「やめられない人」の習慣

「絶対やめる」と宣言する人は、やめられない残念な人になりがちです。やめると宣言すると脳はますますその行動に執着します。悪い習慣にさよならしたければ、宣言するのをやめ、未来のイメージの力を活用すべきです。やめた後の世界をイメージし、目的を明確にすることで、新しい自分を手に入れられます。
習慣化

書評 田中泰延氏の読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

自分の読みたいことを書き続けるうちに、新たな出会いや対話が生まれます。文章を書き続けることで、自分の人生を生きられるようになるのです。書くことを武器にすることで、会いたい人に会え、自分の未来を変えられるようになるのです。
習慣化

書評 小笠原泰氏のわが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ

日本の一流大学を卒業しても、グローバル化が進む世の中では生き残れなくなる可能性が高まっています。変化が当のスピードが早まる中で、適応力を鍛える必要があります。そのためには居心地の悪い場所に身を起き、変化に適応できる力を養うようにすべきです。
スポンサーリンク