生産性向上

スポンサーリンク
AI

山本康正氏のシリコンバレーの一流投資家が教える 世界標準のテクノロジー教養の書評

Technology photo created by creativeart - www.freepik.com シリコンバレーの一流投資家が教える 世界標準のテクノロジー教養 著者:山本康正 出版社:幻冬舎 本書の要約 ...
習慣化

自分のリミットを外すために、7つのLIE(嘘)を取り除こう!

世の中には自分の行動を制限する様々な迷信・LIEがあります。自分の知能は伸ばせると考え、知識を手に入れ、それを行動に変えましょう。自分の中の迷信というリミットを手放し、新たな目標に向かってチャレンジすることで、自分の人生をよりよくできます。
習慣化

ジム・クウィックのLIMITLESS 超加速学習―人生を変える「学び方」の授業の書評

自分の能力を高めたければ、FASTERのメソッドを活用しましょう。「Forget(忘れる)」「Act(行動する)」「State(状態を整える)」「Teach(教える)」「Enter(書き込む)」「Review(復習する)」のメソッドを取り入れることで自らの限界をはずせ、加速度的に自分を成長させることができます。
習慣化

ダニエル・ギルバートの明日の幸せを科学するの書評

私たちは自分を独自の存在、つまり、ほかの人とはちがう精神の持ち主と考えているため、ほかの人の経験が教えてくれるはずの教訓をちょくちょく却下してしまうのです。他者の幸せな体験をもっと信じるられるようになれば、未来の予測もあたり、もっと幸せに生きられるようになります。
AI

山本康正氏のビジネス新・教養講座 テクノロジーの教科書の書評

インターネットの出現で、ハードウェアは常にソフトウェアを更新できるようになりました。テスラはおよそ半年ごとに新しい機能が追加され、顧客はその度に新たな顧客体験を得ています。日本メーカーもCXを高めるための施策を顧客に提案しなければ、負け組になる可能性が高まっています。
AI

東中竜一郎氏のAIの雑談力の書評

高度なAIを搭載したコンピュータが身の回りに増えていく中で、今後、知的なコンピュータと人間のやり取りは、人間が普段行う雑談によるコミュニケーションが基本となります。GAFAだけでなく、世界中の IT企業が雑談可能なAIの開発に注力するのも、雑談を制したものが勝者になるからなのです。
書評

エマニュエル・トッドのパンデミック以後 米中激突と日本の最終選択の書評

日本人とは異なる視点で、世界を見ているのエマニュエル・トッドの思考から、私たちは多くのことを学べます。グローバル化の進展が自国産業の維持を不要にするという類いの話は幻想でしたし、人間の生活を支える意味でも、そして経済的にもリスクが高いことがはっきりしました。
習慣化

デイヴィッド・ローベンハイマー、スティーヴン・J・シンプソンの科学者たちが語る食欲の書評

正しい食環境に向かって舵を切り(不健康な食環境から遠ざかり)、食欲に耳を傾けるだけで、健康を取り戻せます。加工食品を食べるのをやめ、人間らしい食生活を習慣にするだけで、私たちは健康を取り戻せ、長生きできるようになるのです。著者たちの15のアドバイスを取り入れましょう!
習慣化

エマニュエル・トッドの思考地図の書評

「入力(インプット)→思考→出力(アウトプット)」のフレームワークを活用することで、新しいアイデアを生み出せるようになります。思考の土台を築いた上で、脳に様々な刺激を与えるのです。多様性のある人脈、幅広い読書、移動の最大化が、私たちに新しいアイデアを生み出す力を与えてくれるのです。
習慣化

吉森保氏のLIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義の書評

ノーベル賞受賞者の共同研究者でもある著者は、オートファジーが免疫や病気、美容、老化に大きく関係していることを研究で明らかにしました。健康寿命を高めるためにはオートファジーを活性化焦る必要があります。運動、プチ断食、スペルミジンやレスベラトロールを積極的に摂取しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました