生産性向上

スポンサーリンク
イノベーション

ゲイリー・ハメル、C.K.プラハラードのコア・コンピタンス経営―大競争時代を勝ち抜く戦略の書評

コア・コンピタンスとは、競合他社には提供できない利益を顧客にもたらす企業内部の秘められた独自のスキルや技術の集合体です。コア・コンピタンスを生み出すためには①顧客価値を高めること ②模倣が困難であること ③コア・コンピタンスを源泉として、多様な製品・サービスを生み出せることがポイントになります。
習慣化

相澤冬樹氏の真実をつかむ 調べて聞いて書く技術の書評

著者はNHKで森友事件の報道を続けたことで、閑職に左遷されてしまいます。その後、真実を明らかにするために、大阪のローカル新聞社に再就職し、スクープを連発しています。そのためには、しつこいぐらいの現場取材・裏どり・質問が欠かせませんが、事前に人間関係を構築していくで、それが可能になるのです。
習慣化

伊藤亜紗氏、中島岳志氏の「利他」とは何かの書評

利他において、相手をコントロールすることが最大の敵になります。利他とは、「聞くこと」を通じて、相手の隠れた可能性を引き出すことであると同時に、自分を変えることなのです。そのためには、こちらから善意を押しつけるのではなく、むしろうつわのように「余白」を持つことが必要になります。
習慣化

エイミー・C・エドモンドソンの恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらすの書評

多くのリーダーが組織に厳しいルールを適用し、不安を与えることで、業績が上がる信じていますが、その考えは間違っています。メンバーが自由に発言できるフィアレスな(不安も恐れもない)組織をつくることで、イノベーションを起こせたり、従業員満足度を高めることができます。
習慣化

西成活裕氏の東大教授の考え続ける力がつく 思考習慣の書評

VUCAの時代に正しい選択をするために、思考習慣を身につけましょう。①自己駆動力 ②多段思考力 ③疑い力 ④大局力 ⑤場合分け力 ⑥ジャンプ力 ⑦微分思考力の7つの考える力を組み合わせることで、様々な課題を解決できるようになります。
習慣化

ヘンリー・ミンツバーグのこれからのマネジャーが大切にすべきこと 42のストーリーで学ぶ思考と行動の書評

今回のコロナ禍の中で、コミュニケーションの機会が減っています。自宅に閉じこもり、一人で思考するだけでは視点が狭くなり、面白いアイデアが生まれずらくなります。Zoom会議で雑談を軽視するとチャンスを失います。積極的にオンライン会議でも雑談を行い、新たなビジネスのヒントを見つけるようにしましょう。
イノベーション

守屋実氏の起業は意志が10割の書評

起業の第一歩は自分の意志を明らかにすることです。世の中のペインを解消できる自分の価値を顧客視点で徹底的に考えることから、新規事業はスタートします。新規事業を成功させる「一筆書き」の12のステップを高速回転させることで、成功に近づけます。
AI

中島聡氏のニュー・エリートの時代 ポストコロナ「3つの二極化」を乗り越えるの書評

Man photo created by drobotdean - www.freepik.com ニュー・エリートの時代 ポストコロナ「3つの二極化」を乗り越える 著者:中島聡 出版社:KADOKAWA 本書の要約 ...
セレクト

マイケル・モスのフードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠の書評

食品メーカーは塩、脂肪、砂糖を綿密に組み合わせ、マーケティングの力で拡販しています。加工食品や甘い飲料はそれに依存されるように設計されています。メーカーは消費者の健康より、販売量と売上高を優先します。現代の肥満急増の原因は加工食品や甘い飲料の過剰摂取が原因になっています。
イノベーション

坂野俊哉氏、磯貝友紀氏のSXの時代 ~究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営の書評

People photo created by jcomp - www.freepik.com SXの時代 ~究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営 著者:坂野俊哉、磯貝友紀 出版社:日経BP 本書の要約 サステ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました