ソーシャルメディア

スポンサーリンク
リーダー

話題にしてもらう技術 ~90.5%の会社が知らないPRのコツ(加藤恭子)の書評

コミュニケーションの予算が少ないベンチャーや中小企業はPRを活用し、積極的にメディアに露出すべきです。経営者のメッセージやプロダクトがメディアに掲載されることで、ブランド認知が高まるだけでなく、信頼度もアップします。経営者やプロダクトがメディアに露出されることで、社員の中にも自信が芽生えます。
習慣化

ドーパミン中毒(アンナ・レンブケ)の書評

SNSやアルコール依存症から抜け出すためには、現実の世界から逃げ出すのをやめ、今ここに没入することが重要になります。本当にやりたいことに時間を使い、集中することでドーパミン中毒から抜け出せます。徹底的な正直さは自覚をもたらし、親密な関係性を作ることで、私たちは癒やしを得られます。
イノベーション

感動CX: 日本企業に向けた「10の新戦略」と「7つの道標」 (ベイカレント・コンサルティング,八木典裕)の書評

顧客優位の時代には、企業理念やビジョンも顧客起点で発信すべきです。顧客起点で心に響き、共感しやすいストーリーを開発し、それを広げていくことがマーケティングにおいて重要になっています。最高のCXは顧客視点で設計されるべきで、企業は顧客以上に顧客のことを考える必要があるのです。
アマゾン

「バカ?」と言われて大正解―非常識なアイデアを実現する(リッチ・ノートン)の書評

バカげたアイデアにとりかかるとき、自分らしさに火をつけ、本当の自分に自分らしい人生を生きるパワーを持つことで、行動することに対する恐怖を抑えられます。勇気を持って、自分をメディア化することで、人から発見してもらえるようになります。その際、STARTのフレームワークが効果を発揮します。
イノベーション

セルフプロモーションが起業家にとって重要な理由。パトリック・ベト-デイヴィッドの勝者の先読み思考の書評

起業家やマーケターは羞恥心を捨て、クライアントが喜ぶ情報発信を積極的に行うべきです。クライアントが課題を解決できる情報を書き込むことで、新たなビジネスが始まります。自分が役に立つ存在であることをアウトプットしなければ、クライアントから発見してもらえなくなっています。
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
イノベーション

シナン・アラルのデマの影響力の書評

デマにはあっという間に拡散するという特性があります。ソーシャルメディアにはフェイクニュースが溢れ、さまざまな偽情報が短期間で広がっています。デマは速く、広く、そして力強く世の中に拡散していきます。便利なソーシャルメディアには、デマを拡散するハイプ・マシンという一面があることを忘れてはいけません。
イノベーション

9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために(伊藤 穰一, ジェフ・ハウ)の書評

イノベーションを起こすためには、失敗を恐れず、チャレンジし続けることがとても重要になります。世界中の才能を引き出すためにプル戦略で、有能な人との出会いをデザインし、失敗した際にも彼らの力を借りれば、すぐに回復できます。本書の9つの原理を組み合わせて、自のマインドと行動を変えましょう。
投資

あえて数字からおりる働き方 個人がつながる時代の生存戦略(尾原和啓) の書評

GIVEを日常に取り入れること、他者への貢献を実践することで、「他の誰かではなく、あなたに仕事を頼みたい」という存在になれるのです。 誰かにとって意味がある存在になることで、自分のやりたいことを仕事にでき、人生を縁上位できるようになります。
イノベーション

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 (亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹)の書評

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹 かんき出版 本書の要約 ブロックチェーン、そしてその技術を利用したWeb3の社会は、一つの大きなパラダイムシフトとなり、人々の意識と...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました