ソーシャルメディア

スポンサーリンク
習慣化

ヘンリー・ミンツバーグのこれからのマネジャーが大切にすべきこと 42のストーリーで学ぶ思考と行動の書評

今回のコロナ禍の中で、コミュニケーションの機会が減っています。自宅に閉じこもり、一人で思考するだけでは視点が狭くなり、面白いアイデアが生まれずらくなります。Zoom会議で雑談を軽視するとチャンスを失います。積極的にオンライン会議でも雑談を行い、新たなビジネスのヒントを見つけるようにしましょう。
AI

桜井駿氏の100兆円の巨大市場、激変 プロップテックの衝撃の書評

PropTechという新しいテクノロジーに注目が集まっています。土地や建物(Property)の活用に、ICTやAI、VR/ARなどの最新技術を用いることで、新たなビジネスやサービスが続々と誕生しています。アメリカや中国が先行する中、日本でもベンチャー企業がPropTechに参入し、顧客の利便性を高めています。
AI

マット・リドレーの人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化するの書評

イノベーションは自由から生まれます。課題を解決したいという人々の自由で独創的な試みがあり、失敗が許される土壌があるから、イノベーションが起こるのです。創造力にあふれる人たちが自由に実験する場があるから、可能になるのです。
AI

組織のイノベーションを妨げる7つの過ち ピボット・ストラテジーの書評

多くの経営者や中間管理職は、既存のレールの上を走ることを選択し、やがて崩壊を迎えます。かつて強力な存在たっだ企業もテクノロジーが進化する中で、その力を失い、変化できなくなっています。一方、強い企業は「潜在的収益価値のギャップ」に着目し、テクノロジーを活用することで新たなマーケットを創造します。
アマゾン

カル・ニューポートのデジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中するの書評

デジタル・ミニマリズムとは自分にとって、本当に必要なデジタルツールだけを選択し、今ここに集中するための哲学です。著者はデジタルツールの活用を制限することで、生産性を高めたり、人との意味のある時間を増やすことができると言います。デジタル・ミニマリストになることで私たちは幸福度を高められます。
書評

クリス・ダッカーのユープレナー起業術の書評

ユープレナーはパーソナルブランディングによって、持続可能なビジネスを構築します。顧客に役立つ情報を発信し、彼らを喜ばすことを心がけましょう。自分の専門知識が増えれば増えるほどファンも増えます。自分の興昧や関心事が進化すれば、それにつれてファンの層も広がります。
習慣化

牛窪恵氏の若者たちのニューノーマル Z世代、コロナ禍を生きるの書評

Business photo created by pressfoto - www.freepik.com 若者たちのニューノーマル Z世代、コロナ禍を生きる (日経プレミアシリーズ) 著者:牛窪恵 出版社:日経BP 本書の...
Instagram

アンデシュ・ハンセンのスマホ脳の書評

私たちは1日に何時間もスマホに時間を費やすことで、自らの心と体の健康に危害を与えています。多くの人がスマホに時間を奪われ、生産性を下げています。脳をスマホにハックさせないために、運動や睡眠の時間を増やし、スマホの利用時間を減らすようにしましょう。
習慣化

成毛眞氏のバズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せるの書評

何度も推敲を重ね、自分の感情や思考を真剣に伝えることで、「バズる」文章を書けるようになります。読者の立場から文章を見直し、読みやすさ、わかりやすさを追求しましょう。文章の良し悪しは、「最初の1行」で9割決まると著者は言います。読んでもらえる見出しをつくることを、まずは心がけましょう。
Instagram

原田曜平氏のZ世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~の書評

①消費者ターゲットしてのZ世代②人材としてのZ世代③ソーシャルメディアなどPRの起点としてのZ世代という3つの理由から、企業は25歳以下のZ世代をもっと理解すべきです。Z世代が社会の中心になる近未来には、彼らの感性や感覚、発信力が世の中を変えていると考え、彼らに権限を移譲した方がよさそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました