ソーシャルメディア

スポンサーリンク
習慣化

ジュリア・キャメロンのいくつになっても、「ずっとやりたかったこと」をやりなさい。の書評

「モーニング・ページ」「アーティスト・デート」「ソロ・ウォーキング」「メモワール」の4つを組み合わせることで、クリエイティブに生きられるようになります。リタイア後は、過去を再訪し、未知のものを探求するチャンスを得たと考え、自分の未来を再設計しましょう。
Instagram

自由すぎる公式SNS「中の人」が明かす 企業ファンのつくり方の書評

SNSの企業アカウントの「中の人たち」は、売り上げを上げるためには、ただ単に宣伝文句を並べていてはダメだと言います。ソーシャルメディアの投稿には雑談的要素が不可欠で、消費者との緩い会話を通じて、ファンを作り、そこから新たな顧客を呼び込むようにすべきです。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
書評

マーク・W・シェイファーのヒューマン・マーケティング戦略の書評

消費者の帰属意識をくすぐり、強固なブランドコミュニティを築くことができれば、顧客のロイヤリティが高まり、マーケティングのコストがかからなくなります。デジタルマーケティングだけでなく、ヒューマン・マーケティング戦略を実行し、顧客基盤を固めましょう。
習慣化

記憶を定着させたければ、「視覚化記憶術」を習慣化しよう!

五感とともに働くニューロンの4分の3は視覚と結びついていることがわかっています。新しい情報を吸収する方法として、視覚化記憶術が最も効果的だと言えます。記憶を定着させたければ、その内容を詳細までイメージし、立体的に構築するようにしましょう。
書評

柳澤大輔氏のリビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来の書評

今回のコロナ禍でテレワークが一気に普及する中で、新しい働き方が模索されています。私たちは好きな場所に住んで、楽しく働く自由を得たのです。この「リビング・シフト(住み方の変化)」によって、様々な場面で自分の価値を提供することで、人生をより豊かにできます。
習慣化

津川友介氏の世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事の書評

健康になりたければ、科学的根拠のある食事法を取り入れるべきです。具体的には、赤い肉、白い炭水化物、バターなどの飽和脂肪酸の3つの健康に悪い食品を、5つの健康に良い食品(①魚②野菜と果物③茶色い炭水化物④オリーブオイル⑤ナッツ類)に置き換えましょう。
習慣化

山口周氏と水野学氏の世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術の書評

問題が希少化しつつある現代の世界においては、まず「世界観を構想する」ことが非常に重要になります。そして、その世界観を他者に伝えるためには、アートやデザインなどの視覚表現が極めて強力なツールになるのです。自分なりの世界観を持ち、それを表現することを自分のスキルにしましょう!
習慣化

経営者が若い世代を活用した方が良い理由 神田昌典氏のマーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤の書評

会社を成長させたければ、経営者は時代の変化に適合すべきです。新しいテクノロジーを試すことで、若者世代との会話が進みます。若者のアイデアを取り入れ、ソーシャルメディアやコミュニティを活用することで、熱狂的な顧客を作れるようになります。
習慣化

ジョー・ピュリッジの商品をつくる前に顧客を集める コンテンツ・インク戦略の書評

今起業するなら、成功の必勝法は商品を売り出すことではありません。商品づくりよりも先に、オーディエンスを引きつけて増やすシステムを作ることです。コンテンツ・インクをスタートし、質の高いオーディエンスを集められれば、商品は自ずと売れていくものです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました