ソーシャルメディア

スポンサーリンク
習慣化

隔離されたエコーチェンバーが信頼という概念を変化させている。

フェイスブックのアルゴリズムの変更で、文化的な同類が寄り集まり、私たちは反対意見に耳を貸さなくなりました。同じ情報のエコーチェンバーに囚われ、同じ話を何度も何度も聞かされることで、自分の情報が正しいと考えがちです。しかし、全く違う意見が世の中には存在します。反対意見もしっかりと見るように自分の情報ソースを広げ、失敗を防ぎましょう。
Instagram

SNSに子供を依存させないための方法

人は社会的承認を受けることで、ソーシャルメディアに依存するようになります。リアルの会話が減り、オンラインの交流が増えるとコミュニケーション能力が育めなくなります。これを避けるために、親はソーシャルメディアやネットの制限をすべきです。リアルな会話を増やし、子供に孤独を感じさせないようにすべきです。
Instagram

飯高悠太氏の僕らはSNSでモノを買うの書評

ソーシャルメディアを活用したマーケティングは、・UGC(ユージーシー)・ULSSAS(ウルサス)・スモール・ストロング・タイ(小さくて強い絆)の3つを意識すべきです。SNS時代のユーザー行動と情報伝播の道筋を知れば、必ずしも大きな広告費を投下しなくても、ユーザーに情報を届け、購買を促すことができます。
セレクト

アダム・オルターの 僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかたの書評

スマートフォン、ソーシャルメディア、ゲームに依存する若者が増え、これらの新しい行動嗜癖が社会問題になっています。スマートフォンやソーシャルメディアに依存せずに生活の質を高めたければ、それらと適度に距離を起き、リアルな人間関係を重視すべきです。
習慣化

自分ブランドを確立するための3つのステップ

自分のやりたいことが決まったら、次の3つのステップで情報発信を始めましょう。①肩書きをつくる ②名刺をつくる ③ブログをつくる。情報発信を続けるうちに応援者が現れ、仕事のオファーが入るようになります。諦めめずに情報発信を続けることで、自分ブランドを確立できるのです。
セレクト

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? の書評

C2Cとは消費者対消費者取引のこと。ただし「消費者」という捉え方だけでは一人ひとりの個性まで見えてくることはありません。ヤフオクのようなオークションサイトはC2Cにあたると言えます。これに対してP2Pとは、「対等な仲間同士がつながる」と...
習慣化

筧裕介氏の持続可能な地域のつくり方――未来を育む「人と経済の生態系」のデザインの書評

持続可能な開発目標(SDGs)を一人一人が自分ごと化することで、地域をよりよいものに変えられます。SDGsの17の目標を意識し、思考と行動を変えることによって、地球環境も改善できます。2030年に自分の住むエリアをよりよくするために、地域の仲間と考え、協働することで、世の中をよくできるのです。
サブスクリプションモデル

高級時計のサブスクモデルのKARITOKEの成功理由

初期投資が数十万円から百万円かかるものを、レンタルにすることで安価にする。(小川紀暁) Wedding photo created by freepic.diller - www.freepik.com 毎月利用利用料を払わないサブ...
習慣化

書評 本田直之氏の50歳からのゼロ・リセット

柔軟な発想を持ち、積極的に動くことで、50歳からの人生を面白くできます。人生100年時代だからこそ、アンテナを広げ、好奇心を持って、自分の可能性を広げるようにするのです。過去の自分のマインドやスキルをリセットして、新しいことにチャレンジしましょう。海外に出ることもその選択肢の一つだと思います。
セレクト

書評 福田康隆氏のTHE MODEL

営業が顧客に初めて接触するとき、すでに商談プロセスの半分以上が終わっています。それを防ぐためにコミュニケーションのプロセスを的確に設計・運用する必要なあります。顧客体験を高めることをマーケター、営業、インサイドセールス、カスタマーサクセスの全メンバーで担うべきです。
スポンサーリンク