ソーシャルメディア

スポンサーリンク
習慣化

誘惑の抱き合わせが習慣化に効果あり!ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣の書評

人間も、誇張された現実に惹かれやすい。たとえば、ジャンクフードはわたしたちの報酬系を熱狂させる。何十万年も自然のなかで狩りをしたり食料を探しまわったりしたため、人間の脳は、塩と糖分と脂肪を重視するよう進化した。そういう食物はたいてい高カロリ...
習慣化

5Gが変える買い物の世界 望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

5Gが当たり前になることで、顧客の買い物体験は劇的に変わります。「バーチャルコンシェルジュ」が帯同することで、今、流行りの「オムニチャネル」という考え方も不要になります。欲しいものが瞬時に手に入る時代に合わせたマーケティングを実施しなければ、顧客との関係を築けなくなります。
AI

望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

AIなどのITの進化、ソーシャルメディアの普及で、「どこでもものを買える」時代が到来しています。この流れの中で、企業はデジタルシェルフを意識すべきです。データ活用、商品のストーリー化、インフルエンサーの巻き込みを通じて、企業は顧客から共感を得られなければ、やがて淘汰されていくはずです。
習慣化

分散された信頼の時代をどう生きるか?

ソーシャルメディアやブロックチェーン、シェアリングエコノミーによって、巨大な信頼のネットワークが作られています。そこには新たな信頼(分散された信頼)の兆候が生まれ、人々は既存のメディアや政治家よりも、知らない人を信頼するようになっています。そこにはよい面ばかりでなく、悪い面もあることを忘れないようにしましょう。
習慣化

隔離されたエコーチェンバーが信頼という概念を変化させている。

フェイスブックのアルゴリズムの変更で、文化的な同類が寄り集まり、私たちは反対意見に耳を貸さなくなりました。同じ情報のエコーチェンバーに囚われ、同じ話を何度も何度も聞かされることで、自分の情報が正しいと考えがちです。しかし、全く違う意見が世の中には存在します。反対意見もしっかりと見るように自分の情報ソースを広げ、失敗を防ぎましょう。
Instagram

SNSに子供を依存させないための方法

人は社会的承認を受けることで、ソーシャルメディアに依存するようになります。リアルの会話が減り、オンラインの交流が増えるとコミュニケーション能力が育めなくなります。これを避けるために、親はソーシャルメディアやネットの制限をすべきです。リアルな会話を増やし、子供に孤独を感じさせないようにすべきです。
Instagram

飯高悠太氏の僕らはSNSでモノを買うの書評

ソーシャルメディアを活用したマーケティングは、・UGC(ユージーシー)・ULSSAS(ウルサス)・スモール・ストロング・タイ(小さくて強い絆)の3つを意識すべきです。SNS時代のユーザー行動と情報伝播の道筋を知れば、必ずしも大きな広告費を投下しなくても、ユーザーに情報を届け、購買を促すことができます。
セレクト

アダム・オルターの 僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかたの書評

スマートフォン、ソーシャルメディア、ゲームに依存する若者が増え、これらの新しい行動嗜癖が社会問題になっています。スマートフォンやソーシャルメディアに依存せずに生活の質を高めたければ、それらと適度に距離を起き、リアルな人間関係を重視すべきです。
習慣化

自分ブランドを確立するための3つのステップ

自分のやりたいことが決まったら、次の3つのステップで情報発信を始めましょう。①肩書きをつくる ②名刺をつくる ③ブログをつくる。情報発信を続けるうちに応援者が現れ、仕事のオファーが入るようになります。諦めめずに情報発信を続けることで、自分ブランドを確立できるのです。
セレクト

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? の書評

C2Cとは消費者対消費者取引のこと。ただし「消費者」という捉え方だけでは一人ひとりの個性まで見えてくることはありません。ヤフオクのようなオークションサイトはC2Cにあたると言えます。これに対してP2Pとは、「対等な仲間同士がつながる」と...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました