ソーシャルメディア

スポンサーリンク
習慣化

縁リッチメントで運を高める方法!杉浦正和氏の幸運学 不確実な世界を賢明に進む「今、ここ」の人生の運び方の書評

新しい縁をつないで広げていきながら、既にあるご縁を一層大切にする「縁リッチメント」によって、運を高めることができます。その際、ウィーク・タイ・ストロング理論を活用しましょう。異なるネットワークをいくつも持ち、価値を提供することで、成功する確率を高められます。
習慣化

スティーブ&カレン・アンダーソンのベゾス・レター:アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則の書評

Technology photo created by freepik - www.freepik.com ベゾス・レター:アマゾンに学ぶ14ヵ条の成長原則 著者:スティーブ&カレン・アンダーソン 出版社:すばる舎 ...
習慣化

弓削徹氏の短い言葉を武器にするの書評

忙しいビジネスパーソンと仲良くなるためには、短いメッセージが効果的です。自分のプロフィールを短いストーリーにまとめ、初対面の相手に伝えましょう。相手を動かす言葉を放ち、印象を残し、影響を与えることで、ビジネスの可能性が広がります。
習慣化

メールのテレプレッシャーから解放される方法 トム・ラスの元気は、ためられるの書評

あなたの時間を奪っている「気を散らすもの」をいくつか遮断できたら、「いい充電になる活動」にもっと多くの時間を割けることになります。それができたら、脳を休めることになり、脳を休めたら、創造力が高まります。まずは、あなたが今日、いい時間の使い方...
習慣化

ブリッジングとボンディングのバランスを最適化しよう!入山章栄氏の世界標準の経営理論の書評

現代の勝ち組企業はボンディングの強い組織とブリッジングの強い組織を行き来し、ネットワーク効果を最大化しています。ボンディングとブリッジングという相反する流れの最適なバランスを取ることで、ユーザーがメリットを得ながら、フリーライダー問題を防止する仕組みを作り、マネタイズに成功しています。
習慣化

ストラクチャル・ホール(SH)理論で、ビジスを加速できるのか?入山章栄氏の世界標準の経営理論の書評

ネットワークの隙間を埋めるブリッジ型の人材が一番得をするというのが、ストラクチャーホール(SH)理論です。SHを豊富に持つ人や企業の方が、ネットワークを活用でき、出世をしたり、イノベーションを起こしやすい傾向にあります。
Instagram

入山章栄氏の世界標準の経営理論の書評

「多様な、幅広い情報を、素早く、効率的に、遠くまで伝播させるのに向いているのは、弱いつながりからなるソーシャルネットワークである」ことをマーク・グラノヴェッターが明らかにしました。イノベーションには知の探索も 深化も、アイデアの創造も実行も必要なため、強いつながりだけではなく、弱いつながりも必要です。
習慣化

誘惑の抱き合わせが習慣化に効果あり!ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣の書評

人間も、誇張された現実に惹かれやすい。たとえば、ジャンクフードはわたしたちの報酬系を熱狂させる。何十万年も自然のなかで狩りをしたり食料を探しまわったりしたため、人間の脳は、塩と糖分と脂肪を重視するよう進化した。そういう食物はたいてい高カロリ...
習慣化

5Gが変える買い物の世界 望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

5Gが当たり前になることで、顧客の買い物体験は劇的に変わります。「バーチャルコンシェルジュ」が帯同することで、今、流行りの「オムニチャネル」という考え方も不要になります。欲しいものが瞬時に手に入る時代に合わせたマーケティングを実施しなければ、顧客との関係を築けなくなります。
AI

望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

AIなどのITの進化、ソーシャルメディアの普及で、「どこでもものを買える」時代が到来しています。この流れの中で、企業はデジタルシェルフを意識すべきです。データ活用、商品のストーリー化、インフルエンサーの巻き込みを通じて、企業は顧客から共感を得られなければ、やがて淘汰されていくはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました