ソーシャルメディア

スポンサーリンク
イノベーション

世界のマーケターは、いま何を考えているのか?(廣田周作)の書評

「買い物は投票」だと捉える消費者が増える中、企業の真剣さが問われています。企業の実態が可視化される中で、環境や人権に鈍感な企業は淘汰されてしまいます。「自分たちの未来は、自分たちの力で変えられる」と考えるZ世代が消費の中心になる中で、今までと同じやり方を続けていてては、企業は存続できなくなります。
サブスクリプション

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる(城田真琴)の書評

金融以外の事業を展開する非金融企業が、既存サービスに金融サービスを組み込んで提供することが増えています。単に金融サービス会社を紹介したり、子会社を通じて金融サービスを提供したりするだけではなく、既存のサービスに金融サービスが組み込み込むことで、顧客体験を高めようとしています。
AI

収益多様化の戦略―既存事業を変えるマネタイズの新しいロジック(川上昌直)の書評

利益イノベーションは、企業を窮地から救い、新たなビジネスモデルを生み出します。価値創造だけでなく、利益イノベーションから顧客と向き合うことで、企業は成長を持続できるようになるのです。利益イノベーションと価値創造イノベーションの好循環を生み出すために、利益を上げることを経営者は考えるようにしましょう。
AI

GAFAMの餌食になる業界はどこか?ディスラプタビリティ・インデックス(崩壊指標)から読み解く未来。

企業は、既存製品による提供価値の向上、新たなサービスの開発、コスト削減、参入障壁の強化など、さまざまな領域でDX化を推進しなければ、GAFAMやこれから生まれるベンチャーに事業を破壊されてしまうのです。リーダーはGAFAMの餌食にならないために、ディスラプタビリティ・インデックスを参考にしながら、事業の見直しを早急に行うべきです。
イノベーション

トライブ化が進む中で、企業がすべき3つのこと

社会が分断する中で、さまざまなトライブが生まれています。トライブ化が進むということは、価値観が異なる生活者のセグメントがいくつもでき、自らのブランドを支持するトライブもあれば、支持しない、極端にいえば不買運動につながるリスクをはらんだトライブも存在するということです。企業はパーパスとSXを意識し、自社のビジネスモデルを再考すべきです。
AI

GAFA next stage ガーファ ネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略(スコット・ギャロウェイ)の書評

オンラインでの関わり、アルゴリズム、データといったものがよりよい技術であり、ビジネスを行うのにより便利な手段だと理解していたGAFAMは、どんな製品でも、より多く、より安くつくることができ、より多くをより高い利益率で販売できるようになったのです。彼らはこのビジネスモデルで稼いだ膨大なキャッシュを使って、あるゆる業界に食指を伸ばそうとしています。
イノベーション

情報の選球眼 真実の収集・分析・発信(山本康正)の書評

質の高い情報は現場から入手するのが一番です。現場主義と良質なメディアやメンターに接することで、自分をアップデートできるようになります。さまざまな手段を使ってインプットし続けた情報を整理し、アウトプットすることで、他者から頼られる存在になるのです。
サブスクリプションモデル

パーパス 「意義化」する経済とその先(佐々木康裕, 岩嵜博論)の書評

消費者は「ただモノを買う人」から、「社会を良くするために消費をする市民」へと自らを変化させています。Z世代を中心に企業への期待が大きく変わっていく中で、企業は「利益の追求」と「社会を良くする」を両立させなければ、顧客の支持を得られなくなっています。
AI

コトラーのH2Hマーケティング 「人間中心マーケティング」の理論と実践の書評

企業は顧客との共創によって、新たな製品やサービスを生み出せるようになってきました。マーケターは顧客と企業の双方の長期的な繁栄を目指すべきで、それは人間志向のH2Hマーケティングによって実現します。H2Hマーケティングには、デザイン思考、S-DL、デジタライゼーションの3要素の統合が欠かせません。
イノベーション

アレックス・カントロウィッツのGAFAMのエンジニア思考の書評

Background photo created by rawpixel.com - www.freepik.com GAFAMのエンジニア思考 著者:アレックス・カントロウィッツ 出版社:かんき出版 本書の要約 GA...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました