IT活用

スポンサーリンク
AI

成毛眞氏の2040年の未来予測の書評

テクノロジーによって生活が便利になる一方、様々なデータから日本の未来を予測すると暗い兆しがいくつも見つかります。課題先進国である日本に生きることを悲観するのではなく、変化の萌芽の中から、チャンスを見つけましょう。自分の頭で考え、変化に適応することで、自分を幸せにできます。
AI

山本康正氏の2025年を制覇する破壊的企業の書評

2025の世界に大きな影響力を持つGAFAMなどの世界最先端11社を分析することで、5年後の世の中の変化を予測できます。著者は① 業種の壁崩壊とコングロマリット化の再来 ② ハードでもソフトでもなく〝体験〟が軸になる ③ データを制するものが未来を制すという3つのメガトレンドを提示します。
イノベーション

経営者はピボットを恐れるな!成毛眞氏のアフターコロナの生存戦略の書評

経営者のアイデアが正しいかどうかは、実際に動いてみなければわかりません。マーケットとの対話をすることで、ズレを感じ、ピボット(方向転換)の必要を認識します。失敗を重ね、ズレを修正しながら、方向転換することで、経営者は成功に近づけます。
イノベーション

アイデアをすぐに形にしよう!スマートウォッチ市場を生み出したエリック・ミジコフスキーとは誰か?

日常に潜む、身近な悩みからイノベーションのタネを見つけ出したのが、エリック・ミジコフスキーです。彼はアップルやグーグルよりも早く、スマートウォッチを開発した事業家として有名です。アイデアを考えるだけでなく、それを形にし、実現させることが成功の秘訣です。
AI

デジタルロケーションマーケティングとは何か?

人のIDと時空間IDを組み合わせ、生活者のつながりに適切な情報を流すことで、外出先での購買体験を変えられます。「デジタルロケーションメディア」という新たなマーケティング施策を取り入れ、生活者との関係を強化しましょう。
習慣化

野口悠紀雄氏の書くことについての書評

(1)クリエイティング・バイ・ドゥーイングとにかく仕事を始める。そのための仕組みを整えること (2)3層構造のアイディア農場 思いついたアイディアをすぐに捉えて、迷子にしない仕組みを作る。(3)多層構造で本を書いていく 1500字程度のブロックを100個積み上げて、15万字の構造にする。という3つの行動を続けることで、著者になれます。
AI

ブライアン・デュメインのアマゾン化する未来 ベゾノミクスが世界を埋め尽くすの書評

コロナ禍の中、アマゾンの成長が止まりません。同社は顧客満足を最大化させるための努力を惜しまず、様々な領域に進出し、年平均25%の成長を続けています。AIやロボティクスなどのテクノロジーを徹底活用するアマゾンは店舗を持つ小売業の競争力がパンデミックで弱まる中、より突出した存在になっていくはずです。
アマゾン

ホラクラシー組織を成功させるために重要なこと!ホラクラシーの光と影の書評

ホラクラシー組織のリーダーは変化に適応するために、社員に柔軟性と自由裁量を与える必要があります。上下関係が存在しないフラットな組織であるホラクラシーでは、 権限が各グループにあり、スムーズな意思決定ができるようになります。リーダーの仕事は管理から、社員の士気を高めるコーチングにシフトします。
アマゾン

ジェフ・ベゾスの名言から振り返る!アマゾンの成長を加速させたキンドルの役割とは?

ジェフ・ベゾスは顧客中心主義によって、電子書籍のマーケットでも革命を起こしました。①常に顧客中心に考えること ②発明を続けること ③我慢強くあること。ベゾスはキンドルを普及させるときにもこの3つのルールを守り、キンドルを進化させていったのです。
アマゾン

西村克己氏の1分間ジェフ・ベゾス Amazon.comを創った男の77の原則の書評

アマゾンは今回のコロナパンデミックにおいても、顧客体験を高めることでより優位な立場をとることに成功します。アマゾンはすべての判断基準を顧客におき、失敗を成功の途中経過と捉えることで、顧客をファンに変え、競合との戦いに勝利しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました