IT活用

スポンサーリンク
イノベーション

スティーブン・G・ブランクのアントレプレナーの教科書の書評

成功した企業は、顧客からの学習と発見のプロセスを生み出しています。彼らは「製品開発」ではなく、「顧客開発」を行っています。顧客開発をしたければ、「顧客発見」「顧客実証」「顧客開拓」「組織構築」の4つのステップを踏むべきです。
AI

沢渡あまね氏のバリューサイクル・マネジメント ~新しい時代へアップデートし続ける仕組みの作り方の書評

DXを活用して、社員一人ひとりが健全な組織のバリューサイクルを回すことで企業は強くなります。経営者が示したビジョンに基づき、バリューサイクルをつくり、リーダー、マネジメント、現場の一人ひとりがそれぞれの役割を正しくアップデートしていくことで、企業は持続的に成長していきます。
AI

マット・リドレーの人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化するの書評

イノベーションは自由から生まれます。課題を解決したいという人々の自由で独創的な試みがあり、失敗が許される土壌があるから、イノベーションが起こるのです。創造力にあふれる人たちが自由に実験する場があるから、可能になるのです。
Apple

シンプルなルールが重要な理由。

「シンプルなルール」を採用することで、人は柔軟性を手に入れ、自由に動けるようになります。スティーブ・ジョブズがシンプルにこだわりアップルを成功させたことを見習いましょう。自分の目標を明確にして、ルールをシンプルなものにするのです。私たちは無駄を削ぎ落とすことで、創造性を発揮できるようになります。
イノベーション

伊藤謙氏のDXで生産性最大化、少数精鋭で高収益! 地域№1工務店の「圧倒的に実践する」経営の書評

仙台の地域工務店である「あいホーム」は、DX(IT・ネットなど)による接客・面談・集客・会議・採用・顧客管理・社内管理を行うことで、このコロナ禍でも急成長を続けています。著者はDXを取り入れることで、中小企業も変化に適応でき、生き残れると指摘します。
アマゾン

望月智之氏の買い物ゼロ秒時代の未来地図――2025年、人は「買い物」をしなくなる〈生活者編〉の書評

デジタルシェルフが当たり前になる中、店舗の役割は確実に変わってきます。顧客に楽しい体験を与える「体験型」の店舗とデリバリーの特化した「倉庫型」の店舗が、今後は主流になっていくはずです。ネットで買う物が予め決まるZOMT時代には、デジタルシェルフで良いポジションをとることが重要で、デジタルマーケティングの優劣が売上を左右します。
アマゾン

金澤一央氏のDX経営図鑑の書評

Optoroを活用することで、小売業者は返品商品のリコマースによる利益を得られます。小売業者は返品のオペレーション業務からも解放されます。消費者は新品のアウトレット商品の購入機会が増え、商品をより安く買えるようになります。Optoroは三方良しのビジネスモデルを実現することで、成長しています。
AI

デジタル・ファーストの7つの戦略 ピボット・ストラテジー: 未来をつくる経営軸の定め方、動かし方の書評

テクノロジー主導、絶え間ない関係構築、データ主導型の事業展開、インテリジェントな資産管理、包摂的なアプローチ、新たな人材管理の導入、エコシステムの活用というデジタル・ファースト戦略の7つのアプローチを採用することによって、企業は成長を続けられます。
AI

ピボット・ストラテジー: 未来をつくる経営軸の定め方、動かし方の書評

賢明なピボットをマスターするには、過去の事業・現在の事業・未来の事業を通じて、継続的で勇気ある変化を進めなければなりません。未来の事業もいつかは(おそらく短期間で)過去の事業になり、イノベーションを起こさなければ、競争に敗れてしまうのです。
サブスクリプションモデル

本間卓哉氏の売上が上がるバックオフィス最適化マップ ーーテレワーク・コスト減・利益増・DXを一気に実現する経営戦略の書評

総務・経理などの部門が関わる会社全体の業務(バックオフィス)を最適化し、ムダをなくすことで、会社の生産性が高まります。顧客と従業員視点で、会計業務から逆算し、様々なITツールを組み合わせることで、「売上アップ」と「効率化」を両立させられます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました