IT活用

スポンサーリンク
AI

須藤憲司氏の90日で成果をだす DX(デジタルトランスフォーメーション)入門の書評

DXが加速する中で企業が生き残るためには、「デジタル」を活用して、圧到的にかつ優れた顧客体験を提供する必要があります。①モバイルファースト②動画活用③データ活用④リアル接続⑤ビジネスモデル変革のDXを成功させるための5つのステップを実践し、顧客に感動体験を与えましょう!
習慣化

中山秀紀氏のスマホ依存から脳を守るの書評

インターネットやスマホが依存症に拍車をかけています。依存症から逃れるためには、動画やSNS、オンラインゲームなど何らかのインターネットコンテンツに依存している場合には、すべてのインターネット機器の使用を断つこと(断ネット)が治療において最善です。
AI

デジタル・プロレタリアートにならない方法。マルクス・ガブリエルの世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているかの書評

GAFAの存在感が日々増していますが、実は現代人は彼らの労働力に成り下がっています。彼らは現代人を無料で使い倒し、現代人をデジタル・プロレタリアートにしています。政治がソーシャルメディアやテクノロジーが結びつくことで、独裁が進むことにも注意を払う必要があります。
Apple

ハワード・ユーのLEAP ディスラプションを味方につける絶対王者の5原則の書評 

どんなテクノロジーもイノベーションも、すぐに真似をされ、コモディティ化してしまいます。 偉大なる企業になるためには、過去の成功体験をゼロリセットし、追い上げてくる競合と戦うために、異次元のレベルにLEAP〈跳躍〉する必要があります。
AI

山本康正氏の次のテクノロジーで世界はどう変わるのかの書評

VUCAの時代は、変化が短期間に起こります。特にテクノロジーの進化は秒速で進み、ビジネスに変化を起こします。今までの勝ち組が5G、AI、ロボティックス、クラウドによって、あっという間に負け組に転落する恐れがあります。ビジネスパーソンはテクノロジーとリベラルアーツを学び、変化に適応すべきです。
AI

田中道昭氏のソフトバンクで占う2025年の世界 全産業に大再編を巻き起こす「孫正義の大戦略」の書評

ソフトバンクグループはAI群戦略を推進し、通信・交通・エネルギーを押さえる社会的プラットフォーマになる可能性が高まっています。ソフトバンクグループとトヨタを中心にした製造業が、デジタルトランスフォーメーションでつながることで、日本が「米中に次ぐ第三極」のポジションを得られるのです。
Instagram

入山章栄氏の世界標準の経営理論の書評

「多様な、幅広い情報を、素早く、効率的に、遠くまで伝播させるのに向いているのは、弱いつながりからなるソーシャルネットワークである」ことをマーク・グラノヴェッターが明らかにしました。イノベーションには知の探索も 深化も、アイデアの創造も実行も必要なため、強いつながりだけではなく、弱いつながりも必要です。
アマゾン

高橋久美子氏の人生が変わるアウトプットの技術: ~人間関係・収入・変化・自己受容~全てを叶える新時代のアウトプット術とは?~の書評

以前は難しかった出版が、アマゾン・キンドルのおかげで身近になりました。電子出版を活用することで、パーソナルブランディングが簡単にでき、結果を得られるようになります。初対面の相手には安心感を与えられますし、電子書籍から優良な見込み客のリストも手に入ります。
習慣化

5Gが変える買い物の世界 望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

5Gが当たり前になることで、顧客の買い物体験は劇的に変わります。「バーチャルコンシェルジュ」が帯同することで、今、流行りの「オムニチャネル」という考え方も不要になります。欲しいものが瞬時に手に入る時代に合わせたマーケティングを実施しなければ、顧客との関係を築けなくなります。
AI

望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

AIなどのITの進化、ソーシャルメディアの普及で、「どこでもものを買える」時代が到来しています。この流れの中で、企業はデジタルシェルフを意識すべきです。データ活用、商品のストーリー化、インフルエンサーの巻き込みを通じて、企業は顧客から共感を得られなければ、やがて淘汰されていくはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました