IT活用

スポンサーリンク
アマゾン

ジェフ・ベゾスの名言から振り返る!アマゾンの成長を加速させたキンドルの役割とは?

ジェフ・ベゾスは顧客中心主義によって、電子書籍のマーケットでも革命を起こしました。①常に顧客中心に考えること ②発明を続けること ③我慢強くあること。ベゾスはキンドルを普及させるときにもこの3つのルールを守り、キンドルを進化させていったのです。
アマゾン

西村克己氏の1分間ジェフ・ベゾス Amazon.comを創った男の77の原則の書評

アマゾンは今回のコロナパンデミックにおいても、顧客体験を高めることでより優位な立場をとることに成功します。アマゾンはすべての判断基準を顧客におき、失敗を成功の途中経過と捉えることで、顧客をファンに変え、競合との戦いに勝利しています。
AI

アリババのスマートビジネスとは何か?ミン・ゾンのアリババ 世界最強のスマートビジネスの書評

データインテリジェンスとネットワークコーディネーションを組み合わせることで、アリババは世界5位の経済圏を形成しようとしています。ユーザーとの対話から絶え間なく生成されるデータを機械学習アルゴリズムに与えることで、ビジネスをスマートに行えるようになります。
DX

アント・フィナンシャルサービスはなぜ強いのか?アリババ急成長の源泉はスマートビジネスにあるの書評

アリババが急成長できた理由は、小売りのあらゆる情報をデータ化し、ネットワーク化したエコシステムを一気に作り上げたことにあります。収集したビッグデータを徹底活用することで、アリババの金融部門のアント・フィナンシャルサービスは金融業界に革命を起こしたのです。
サブスクリプションモデル

マシュー・ディクソン、ニック・トーマン、リック・デリシのおもてなし幻想の書評

顧客のロイヤルティを高めるために重要なことは、顧客の努力の軽減、すなわち顧客に手間をかけさせないことです。企業は、問題を解決するために顧客に課される作業量を減らし、喜びを与えるサービスではなくより手間のかからないサービスに注力すべきです。
イノベーション

田中宏隆氏のフードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義の書評

2025年までに世界700兆円に達すると言われる超巨大市場「フードテック」。この成長著しいマーケットに欧米のベンチャーが参戦し、健康や環境破壊に対するソリューションを提供しています。コロナパンデミックがもたらす課題にもフードテック企業はすばやく対応し、存在感を増しています。
アマゾン

コロナ後の時代の書評。スコット・ギャロウェイが予測するGAFAの中で勝ち残るのはどこか?

今回のコロナパンデミックの中でGAFAの存在感が増しています。競合各社がロックダウンで守勢に回る中で、人々はますますGAFAでお金と時間を使うようになったのです。今後GAFAはお互いの領域を侵食し合いますが、ギャロウェイはアマゾンが勝者になる可能性が高いと言います。
アマゾン

松村太郎氏のAnker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカーの書評

「Empowering Smart Lives」と言うビジョンを掲げ、顧客の生活をスマートにするプロダクトを提供するAnkerは、短期間で多くのファンを獲得することに成功します。顧客と徹底的に対話し、そこからイノベーションを起こすことが彼らの強みとなり、Ankerのビジネス領域が広がっているのです。
AI

スベン・カールソン&ヨーナス・レイヨンフーフブッドのSpotify――新しいコンテンツ王国の誕生の書評

音楽を民主化したいというスポティファイのビジョンが、世界中のファンとアーティストをつなげます。ヒューマン・エディターが生み出すプレイリストにより、スポティファイはデジタル音楽業界で世界最大の流行を作り出すアプリとなっています。
書評

柳澤大輔氏のリビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来の書評

今回のコロナ禍でテレワークが一気に普及する中で、新しい働き方が模索されています。私たちは好きな場所に住んで、楽しく働く自由を得たのです。この「リビング・シフト(住み方の変化)」によって、様々な場面で自分の価値を提供することで、人生をより豊かにできます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました