IT活用

スポンサーリンク
アマゾン

「バカ?」と言われて大正解―非常識なアイデアを実現する(リッチ・ノートン)の書評

バカげたアイデアにとりかかるとき、自分らしさに火をつけ、本当の自分に自分らしい人生を生きるパワーを持つことで、行動することに対する恐怖を抑えられます。勇気を持って、自分をメディア化することで、人から発見してもらえるようになります。その際、STARTのフレームワークが効果を発揮します。
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
イノベーション

「if-then」メソッドがジョブズ成功の理由?耳を貸さないリーダーに聞く耳を持たせる方法(アダム・グラント)の書評

リーダーに再考を求める社員が多くいる企業は成長します。自信過剰や強情、独善主義、反論好きになりがちな上司や同僚に物申すコツをつかんでいる人たちを活用できるリーダーが、組織を強くします。激動の時代に成功するには、認知的な駆動力だけでなく、認知的な柔軟性も求められると著者は指摘します。
イノベーション

エコシステム・ディスラプションによって、アマゾンがアレクサで勝者になれた理由。

エコシステム・ディスラプションの本質は、新たな価値構築を展開することにあります。そして新たな価値構築は、パートナーや活動が新たに連携することに依存するのです。アマゾンはこのエコシステム・ディスラプションを活用し、パートナーを集結させることで、スマートスピーカーにおいて成功を手に入れました。
習慣化

超効率耳勉強法(上田渉)の書評

視覚に頼るだけではなく、聴覚を活用することで、脳の働きがよくなり、記憶が定着するようになります。耳の隙間時間は1日8時間あると言われていますが、オーディオブックを習慣化することで、自分の可能性を広げられます。耳学問を今日から始めることで、自分を良い方向に変えられるのです。
サブスクリプションモデル

スポティファイのエコシステム・ディスラプションとは?アップルに勝利するその戦略とは?

アップルミュージックとのシェア争いで優位に立つスポティファイの勝因は、パートナー戦略でした。アップルがレコード会社のビジネスモデルを破壊する中、大手レコード会社はスポティファイとのパートナー戦略を強化します。その後、アーティストやポッドキャストのコンテンツホルダーを取り込むことに成功したスポティファイは成長を続けています。
アマゾン

マッピング思考―人には見えていないことが見えてくる「メタ論理トレーニング」(ジュリア・ガレフ)の書評

マッピング思考を取り入れることで、思考のバイアスに陥らなくなります。地図を描くように物事を俯瞰的に捉えるようにすることで、結果を出せるようになります。個々の賭けの成功率はが低くても、賢い賭け方を長く続けていれば、トータルでの成功率は高められます。途中である程度の失敗は避けられませんが、長い目で見れば全体的にプラスにできます。
アマゾン

ピーター・ティールの成功する投資法とは?ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望の書評

投資家は長期視点で未来の独占企業を見つける必要があります。デジタル・プラットフォームのビジネスは「勝者ひとり勝ち」になります。プロプライエタリ・テクノロジー、ネットワーク効果、規模の経済、ブランディングという4つの要素をみたしそうなベンチャー企業を探しましょう。
イノベーション

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 (亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹)の書評

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹 かんき出版 本書の要約 ブロックチェーン、そしてその技術を利用したWeb3の社会は、一つの大きなパラダイムシフトとなり、人々の意識と...
AI

テクノロジーが予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる(伊藤穰一)の書評

クリプトエコノミーのなかで個人が有機的につながり合い、協力してプロジェクトを運営したり、コミュニティに参加して互いに価値を高め合ったりすることがWeb3によってもたらされます。web3は、今後、既存の価値観やガバナンスのかたちをを激変させる可能性があるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました