スポンサーリンク
ブログ

書評 10年後のGAFAを探せ 世界を変える100社

既存の金融業界は顧客側の視点に立てず、ユーザーにお金や時間など余計な負担をさせてきました。この数年で金融にもデジタル化の波が押し寄せ、フィンテック企業が新たなサービスで顧客の支持を得ています。デジタル化でマネーの流動性が高まる中、既存銀行の存在を脅かす新興勢力が次々に生まれていくはずです。
習慣化

エネルギー・チャージのための6つの原則

自分の時間を取り戻すためには、休むことや体を動かすなどのリカバリー策を取り入れる必要があります。特にウォーキングは心身によいことがわかっています。日々の生活の中にウォーキングを取り入れ、自然に触れ合うことで、エネルギーをチャージできるようになります。
習慣化

書評 小原聖誉氏の凡人起業 35歳で会社創業、3年後にイグジットしたぼくの方法。

起業するリスクは一般に考えられているより格段に低いのですが、そのやりかたを多くの人は知りません。本書を読むことで、失敗しない起業の仕組みづくりを学べます。自分の提供できる価値を棚卸しし、情報発信を開始しましょう。ここから新たなつながりが生まれ、スムーズに起業できるようになります。凡人の企業には準備が欠かせないのです。
習慣化

書評 東松寛文氏の人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革

週末をどうやって過のすと最高に楽しいかを考え、「休み方」を自分で決められるようになると、変化が生まれてきます。(東松寛文) Business photo created by freepik - www.freepik.com 休...
習慣化

1日1、2時間の自分への投資を続けよう!

時間がないと言って、やりたいことをあきらめるのをやめましょう。1日1時間の自分への投資が数年後のあなたを抜きん出た存在に変えてくれます。日常にほんの少しの学びの時間を取り入れ、それを習慣化することで、自分をより豊かにできるのです。
習慣化

書評 ボブ・プロクターのイメージは物質化する

リスクを一度も負っていない成功者はいないと考え、チャレンジを始めましょう。たとえ、失敗してもその先の人生が真っ暗になるわけではないのです。もし、人生に失敗があるとすれば、それは挑戦をあきらめ、何もしなっかた場合だけです。まずは、リスクテーカーの行動を真似て、自分の人生を面白くしましょう!
セレクト

書評 ジェイク・ナップとジョン・ゼラツキーの時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

時間術大全の「ハイライト」(重要事項の確定とそのための時間確保)、「レーザー」(集中法)、「チャージ」(エネルギー補充)、「チューニング」(振り返りと改善)の戦術を取り入れると、生産性を高めることができます。毎朝、MITを決めて、行動を続けるうちに結果を出せるようになります。
セレクト

起業するなら、コミュニケーションスキルを高めよう!

アントレプレナーにとっていちばん大事なのは伝える力なのです。伝える力があればこそ、人と人がつながれますし、学びや成長、進歩が得られるわけです。起業家はストーリー力を鍛えることで、出資、人材獲得、コミュニティ形成、PRなどで多くのメリットを得られ、短期間で成功を手に入れられます。
習慣化

アマゾンプライムがアマゾンの最高傑作である理由

アマゾンはアマゾンプライムによって、できるだけ多くの買い物客をエコシステムへ誘い込み、最大級の顧客価値を永続させる戦略をとっています。アマゾンプライムの会員はアマゾンへのロイヤルティが高く、売り上げや利益に貢献しています。アマゾンは顧客データを分析することで、商品、サービスの改善を行い、顧客体験を高める努力を続けています。
AI

書評 カーマイン・ガロの伝え方大全 AI時代に必要なのはIQよりも説得力

未来の世界を作るのはアイデアの力とそれを伝えるストーリー力です。AIの普及でも感情の重要性が下がらないことがわかっています。もし、あなたが今後もプロのビジネスマンとしての存在意義を保ちたければ、理解する、やる気にさせる、ほかの人とやりとりするなど、人工知能がまねにくいスキルや能力に着目すべきです。人の感情を動かすストーリー力を身につけましょう! 
スポンサーリンク