Al Qasr(アルカサル)を見て死ね。ドバイのホテルに度肝を抜かれる! #ドバイ

その他

旅にでると今までとは違う自分に出会えたりします。
今回も出張でドバイに来ていますが
ドバイの桁外れの町並みやホテルのつくり方などを見ていると
今までの既成概念では、ビジネスができないことがよくわかりました。
世界ナンバー1戦略をとるドバイはとてつもないモノを作るのが好きで
これが成長の源になっているのです。
スクリーンショット 2014-12-16 5.08.59
今回の視察で様々なホテルにお邪魔していますが
どのホテルも趣向をこらして、すごい空間を生み出しています。
例えば、空港近くのグランドハイアットはロビー下のスペースは
あたかもジャングルのようで、度肝をぬかれます。
ジャングルの中には川が流れていて、ほんものの魚が泳いでいたりします。
また、不思議なことなのですが、イスラム教の国なのに
どのホテルにも煌びやかなクリスマスツリーが飾られていたりもします。
とにかく観光客を喜ばすための仕掛けが、日本人の感覚とは異なっていて壮大なのです。
グランドハイアットはレストランも充実しています。
特にオリエンタルのコーナーがすばらしく
シンガポール料理のPeppercrabはとても美味しくおすすめです。
まずは、ハードに徹底的にお金をかけていくという感じで
一流ホテルに行くといろいろと楽しめます。
ドバイのホテルというとここを忘れるわけにはいきません。

スクリーンショット 2014-12-16 5.19.47
超一流のアルカサル(Al Qasr)なのですが、ここは本当に行く価値があります。
名前の通りお城のようなテーマパークで、あたかもディズニーの映画の世界が広がります。
アラジンが魔法のじゅうたんに乗って現れそうな空間で、ここなら大人も楽しめます。
広大な敷地に広がるリゾート型ホテルはドバイの中でも異彩を放っています。
入り口は厳重でタクシーで入る際もゲートで目的を訪ねられます。
私たちはお客様とのミーティングでしたが、確認が取れるまで敷地内に入れませんでした。
スクリーンショット 2014-12-16 5.58.05
プライベーチビーチやジム、レストラン、ショッピングゾーンなども充実しています。
敷地内は運河があり、施設間の移動はボードでも行えるなど
とにかく桁外れのサイズで、私たちは何度も迷子になりました。
大きさだけでなく。装飾もアラブ風で一つ一つの備品にもお金がかけられています。
もうホテル内を探検しているだけで。楽しい気分になれます。
ディズニーリゾートを超高級にした感じで、何日でも楽しめそうです。
スクリーンショット 2014-12-16 5.45.18
ロビー下のクリスマスのディスプレーなども見る価値ありです。
施設内にはいくつものクリスマスディスプレイーがあって
多くの人が写真撮影していました。
スクリーンショット 2014-12-16 5.32.56
ビーチサイドからの景色も最高です。
多くのヨーロッパからの観光客がここに集まってきています。
ここからはあのブルジュ・アル・アラブも見れます。
スクリーンショット 2014-12-16 5.40.20
特に、エントランス奥のカフェからの夕日は見る価値があります。
このカフェには地元のお金持ちの人が多く集まってきて
アフタヌーンティーを楽しんでいるのが印象的でした。
スクリーンショット 2014-12-16 5.56.26
以前のイタリア映画に「ナポリを見て死ね」という名作がありましたが
まさに今なら「ドバイを見て死ね」という感じです。
ここまでお金をかけたホテルは初めての体験でしたが
アルカーサは施設だけでなく、スタッフのホスタピリティも優れていました。
また、宿泊客でないと施設内の移動も大変です。
宿泊施設にはセキュリティがいて、どこに行くのか質問されるのです。
セキュリティという面でもこのアルカーサは富裕層から支持されているのです。

観光客を集めているドバイは2020年のエクスポまでに、あと200棟のホテルを作るそうです。
世界中の観光客を楽しませる施設がまだまだできそうです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。
  

Loading Facebook Comments ...

コメント