AI

スポンサーリンク
AI

The Art of Marketing マーケティングの技法(音部大輔)の書評

The Art of Marketing マーケティングの技法 音部大輔 本書の要約 パーセプションフロー・モデルは、消費者の認識(パーセプション)変化を中心としたマーケティング活動の全体設計図です。パーセプションフロー・モデ...
AI

Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル (ジェイソン・ドーシー, デニス・ヴィラ ) の書評

Z世代の層は厚く、多様性に富んだデジタルネーティブが、もう間もなく労働力の大きな部分を占めはじめます。消費の面ではすでに、トレンドセッターとして最重要の世代となっており、あらゆるビジネスに影響力を持とうとしています。本書の調査やケーススタディを活用することで、今後も企業はZ世代とともに成長できるのです。
AI

DX CX SX ―― 挑戦するすべての企業に爆発的な成長をもたらす経営の思考法(八子知礼)の書評

10年後からバックキャスティングすれば、多くに課題が見えてきます。ITの進化や人口減で人材不足が当たり前になる中、DXは避けて通れません。自らの業務フローを見直し、全体最適の視点から、スピーディなDX推進を行うべきです。DXによって業務をボーダレス化させ成長スピードをアップさせることも可能です。
AI

小売再生――リアル店舗はメディアになる(ダグ・スティーブンス)の書評

ネットショップに品揃えや利便性で勝てないリアル店舗が、生き残るために必要なことは、店舗のメディア化です。自社をメディアにし、ここでしかできないわくわくな体験を提供することで、顧客から支持されるようになります。顧客の期待を上回る買い物体験を提供するリアル店舗によって、自社のECサイトの売上も伸ばせます。
AI

生涯学習者(lifelong learner)になる能力が重要な理由。

人生100年時代、テクノロジーが進化することで、過去に学んだことがあっという間に古臭いものになります。時代に取り残されないためには変化に適応し、学び続ける必要があります。今後は、生涯学習者(lifelong learner)になる能力がもっとも重要になるのです。
AI

リモート経済の衝撃(野口悠紀雄)の書評

リモート経済の衝撃 野口悠紀雄 ビジネス社 本書の要約 テレワークによって、場所に左右されずに働くことが可能になります。職場、自宅、サードプレイスなど働く場所を増やすことで、家族との時間が増やしたり、新たな出会いをデザイ...
AI

どこでも成果を出す技術 ~テレワーク&オフィスワークでなめらかに仕事をするための8つのスキル(沢渡あまね)の書評

ビジネスパーソン個人が注力すべき課題は、コミュニケーションとセルフマネジメント。この2つの能力向上を図ることで、テレワークもオフィスワークもよりスムーズになり、仕事のやり方が変わります。どこでも仕事をすることが可能になることで、自分のパフォーマンスを高められるようになります。
AI

イノベーションがOB&HRMの変化を加速する! 世界標準の経営理論(入山章栄)の書評

AIには「問いを立てること」ができないのですから、私たちは「問いを立てる」能力を高めていくべきです。「問いを立てる」ことこそが、未来の企業が人材に求めるべきことであり、OB&HRMでも、「問題認識」「メタ認知」「直感」「感情」など、「機械ができず、人間だけができること」に焦点を当てていくべきです。
AI

エンベデッド・ファイナンスでエコシステムを拡大するアマゾン

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる 城田真琴 東洋経済新報社 本書の要約 アマゾンが積極的に金融サービスの提供に乗り出す目的は、「エコシステムの拡大」です。出品者と消費者を増やすためには、...
AI

エンベデッド・インシュランスでもテスラが勝ち組になる理由

米国では自動車のオンライン販売サイトでも組み込み型保険(エンベデッド・インシュアランス)の実装が始まっています。テスラは顧客体験を高めることで顧客から圧倒的な支持を得ていますが、エンベデッド・インシュアランスの分野でも優位性を発揮し、勝ち組としてのポジションを確固たるものにしそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました