AI

スポンサーリンク
AI

イノベーションがOB&HRMの変化を加速する! 世界標準の経営理論(入山章栄)の書評

AIには「問いを立てること」ができないのですから、私たちは「問いを立てる」能力を高めていくべきです。「問いを立てる」ことこそが、未来の企業が人材に求めるべきことであり、OB&HRMでも、「問題認識」「メタ認知」「直感」「感情」など、「機械ができず、人間だけができること」に焦点を当てていくべきです。
AI

エンベデッド・ファイナンスでエコシステムを拡大するアマゾン

エンベデッド・ファイナンスの衝撃―すべての企業は金融サービス企業になる 城田真琴 東洋経済新報社 本書の要約 アマゾンが積極的に金融サービスの提供に乗り出す目的は、「エコシステムの拡大」です。出品者と消費者を増やすためには、...
AI

エンベデッド・インシュランスでもテスラが勝ち組になる理由

米国では自動車のオンライン販売サイトでも組み込み型保険(エンベデッド・インシュアランス)の実装が始まっています。テスラは顧客体験を高めることで顧客から圧倒的な支持を得ていますが、エンベデッド・インシュアランスの分野でも優位性を発揮し、勝ち組としてのポジションを確固たるものにしそうです。
AI

収益多様化の戦略―既存事業を変えるマネタイズの新しいロジック(川上昌直)の書評

利益イノベーションは、企業を窮地から救い、新たなビジネスモデルを生み出します。価値創造だけでなく、利益イノベーションから顧客と向き合うことで、企業は成長を持続できるようになるのです。利益イノベーションと価値創造イノベーションの好循環を生み出すために、利益を上げることを経営者は考えるようにしましょう。
AI

GAFAMの餌食になる業界はどこか?ディスラプタビリティ・インデックス(崩壊指標)から読み解く未来。

企業は、既存製品による提供価値の向上、新たなサービスの開発、コスト削減、参入障壁の強化など、さまざまな領域でDX化を推進しなければ、GAFAMやこれから生まれるベンチャーに事業を破壊されてしまうのです。リーダーはGAFAMの餌食にならないために、ディスラプタビリティ・インデックスを参考にしながら、事業の見直しを早急に行うべきです。
AI

GAFA next stage ガーファ ネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略(スコット・ギャロウェイ)の書評

オンラインでの関わり、アルゴリズム、データといったものがよりよい技術であり、ビジネスを行うのにより便利な手段だと理解していたGAFAMは、どんな製品でも、より多く、より安くつくることができ、より多くをより高い利益率で販売できるようになったのです。彼らはこのビジネスモデルで稼いだ膨大なキャッシュを使って、あるゆる業界に食指を伸ばそうとしています。
AI

モデルナはなぜ3日でワクチンをつくれたのか(田中道昭著)の書評

People photo created by tirachardz - www.freepik.com モデルナはなぜ3日でワクチンをつくれたのか 田中道昭 集英社インターナショナル 本書の要約 AIとDXがヘルスケア業...
AI

ネクストカンパニー 新しい時代の経営と働き方 ーー 情報・価値観の差が利潤になる(別所宏恭)の書評

経営者は安売りをやめ、「高く売るための工夫や方法」に集中し、そのための組織を作るべきです。時代のトレンドに合わせた人材を集め、テクノロジーを活用し、自社の強みを磨き上げていくことで顧客との関係を強化できます。「ネクストカンパニー」とは顧客に高い価値を提供し、適正価格で勝負できる会社なのです。
AI

PLG プロダクト・レッド・グロース「セールスがプロダクトを売る時代」から「プロダクトでプロダクトを売る時代」へ( ウェス・ブッシュ)の書評

商品の購入を決める際、企業にとって事前にそれを試すことが、当たり前のプロセスになってきました。プロダクトをいち早くエンドユーザーに届け、その価値をできるだけ早く感じてもらうPLG戦略を採用することで、事業を一気に成長できるようになります。
AI

LIFE SHIFT2(アンドリュー・スコット, リンダ・グラットン)の―100年時代の行動戦略の書評

人生100年時代に幸福な人生を送るためには、「物語る力」「探求(学習と変容)」「人間関係を構築する力」の3つの力が欠かせません。現在の自分の行動が将来の自分に返ってくると考え、学びと健康への投資を怠らないようにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました