AI

スポンサーリンク
AI

田中道昭氏の2025年のデジタル資本主義: 「データの時代」から「プライバシーの時代」への書評

プライバシー規制強化の中で、GAFAに厳しい目が向けられています。中央集権型社会から個人の幸福にフォーカスする分散型フラット型社会にシフトする中で、日本企業にも再び飛躍するチャンスが訪れます。企業は人間中心主義を取り入れ、顧客と従業員を満足させる経営を行うべきです。
AI

アリババの次の一手を田中道昭氏の経営戦略4.0図鑑から学ぶ!

Arrow vector created by freepik - www.freepik.com 経営戦略4.0図鑑 著者・田中道昭 出版社:SB Creative 本書の要約 アリババはミッション経営を実現し、短期間で...
AI

田中道昭氏の経営戦略4.0図鑑の書評

世界の最前線を走るトップ企業の経営戦略の中には、NEXT(次の一手)が隠されています。GAFAやBATH、日本のトップ企業15社(キープレーヤー)の戦略を解き明かすこと、未来が浮かび上がってきます。ネットフリックスはサブスクリプション、AI、ビッグデータの3つを活用することで、成長を続けています。
AI

トム・ピーターズの新エクセレント・カンパニー: AIに勝てる組織の条件の書評

一人一人がエクセレントな生き方を実践することで、AIやロボティクスに負けない組織を作れます。人はいつも舞台にいて、その瞬間のエクセレントな振る舞いによって、結果が変わります。瞬間瞬間に現れる私たちのエクセレントな振る舞いが、エクセレントな会社の土台になっていくのです。
AI

須藤憲司氏の90日で成果をだす DX(デジタルトランスフォーメーション)入門の書評

DXが加速する中で企業が生き残るためには、「デジタル」を活用して、圧到的にかつ優れた顧客体験を提供する必要があります。①モバイルファースト②動画活用③データ活用④リアル接続⑤ビジネスモデル変革のDXを成功させるための5つのステップを実践し、顧客に感動体験を与えましょう!
AI

デジタル・プロレタリアートにならない方法。マルクス・ガブリエルの世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているかの書評

GAFAの存在感が日々増していますが、実は現代人は彼らの労働力に成り下がっています。彼らは現代人を無料で使い倒し、現代人をデジタル・プロレタリアートにしています。政治がソーシャルメディアやテクノロジーが結びつくことで、独裁が進むことにも注意を払う必要があります。
AI

マルクス・ガブリエルの世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているかの書評

Business photo created by jcomp - www.freepik.com 世界史の針が巻き戻るとき 「新しい実在論」は世界をどう見ているか 著者:マルクス・ガブリエル 出版社:PHP研究所 本書...
AI

西井敏恭氏のサブスクリプションで売上の壁を超える方法の書評

サブスクリプション・モデルでは顧客の「商品やサービスを使い続けたい気持ちづくり」にフォーカスし、顧客を成功させることが重要です。顧客から得られる様々なデータを活用し、サービスを絶改善し、顧客の離脱を防ぎ、LTVを伸ばすようにすべきです。
AI

山本康正氏の次のテクノロジーで世界はどう変わるのかの書評

VUCAの時代は、変化が短期間に起こります。特にテクノロジーの進化は秒速で進み、ビジネスに変化を起こします。今までの勝ち組が5G、AI、ロボティックス、クラウドによって、あっという間に負け組に転落する恐れがあります。ビジネスパーソンはテクノロジーとリベラルアーツを学び、変化に適応すべきです。
AI

田中道昭氏のソフトバンクで占う2025年の世界 全産業に大再編を巻き起こす「孫正義の大戦略」の書評

ソフトバンクグループはAI群戦略を推進し、通信・交通・エネルギーを押さえる社会的プラットフォーマになる可能性が高まっています。ソフトバンクグループとトヨタを中心にした製造業が、デジタルトランスフォーメーションでつながることで、日本が「米中に次ぐ第三極」のポジションを得られるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました