AI

スポンサーリンク
AI

李智慧のチャイナ・イノベーション2 中国のデジタル強国戦略の書評

中国は国家レベルで、デジタル国家になることを長期ビジョンに掲げ、それを確実に実現しています。2017年以降は、 AIをその基軸においています。今回も「デジタル・社会ガバナンス」という中国特有の政策を実施し、新型コロナウイルスの患者を一気に減らすだけでなく、経済を成長させることにも成功します。
AI

李智慧のチャイナ・イノベーションの書評

当初中国の金融ビジネスは顧客にペインを与えていましたが、モバイル決済が普及することで一気に様相を変えました。中国のフィンテック・サービスは、ビッグデータ蓄積のきっかけを作り、消費者の生活のデジタル化を深化させたのです。銀行ビジネスもビッグデータと最新のテクノロジーによって、デジタルバンクに進化しています。
AI

山本康正氏の世界を変える5つのテクノロジー ――SDGs、ESGの最前線の書評

Business photo created by rawpixel.com - www.freepik.com 世界を変える5つのテクノロジー ――SDGs、ESGの最前線 山本康正 祥伝社 本書の要約 世の中の課題を...
AI

ジャック・アタリのメディアの未来 ー歴史を学ぶことで、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、SNSの未来は導き出せるの書評

テクノロジーが進化し、メディアの形態も今後、激変していきます。次世代、さらには100年後、200年後の世代(人類がまだ存在していればの話だが)を待ち受けるのは、常軌を逸する狂った未来になりそうです。それを打破するためには、巨大IT企業のプラットフォームを解体する必要があります。
AI

コトラーのH2Hマーケティング 「人間中心マーケティング」の理論と実践の書評

企業は顧客との共創によって、新たな製品やサービスを生み出せるようになってきました。マーケターは顧客と企業の双方の長期的な繁栄を目指すべきで、それは人間志向のH2Hマーケティングによって実現します。H2Hマーケティングには、デザイン思考、S-DL、デジタライゼーションの3要素の統合が欠かせません。
AI

アンドレ・アンドニアンのマッキンゼーが読み解く食と農の未来の書評

新農業のバリューチェーンの構築に成功し、オーケストレーターがしかるべき役割を果たし、機能すれば、農業とは縁遠かった他業種から参入してくる企業も増えるはずです。 農業の可能性を信じ、様々な企業が農業のバリューチェーンに参加することで、日本の農業を強くできるのです。
AI

アリンダム・バッタチャヤのBCG「最強(グレート)」を超える戦略 不確実な時代を勝ち抜く9原則の書評

BCGでは長期的に繁栄し、予期せぬ課題やショックにも打たれ強くなり、社会的、環境的ニーズにより良く対応する戦略をつくるために、新しいプレイブックを採用しています。企業は同社の3つの領域の9つの戦略を実践することで、よりグレートな存在に成長できるのです。
AI

山本康正氏の2030年に勝ち残る日本企業の書評

Design photo created by rawpixel.com - www.freepik.com 2030年に勝ち残る日本企業 著者:山本康正 出版社:PHP研究所 本書の要約 GAFAは3つのメガトレン...
AI

マウロ・ギレンの2030 世界の大変化を「水平思考」で展望するの書評

2030年、今からほぼ10年後、世界の消費スタイルは、今とは異なったものになります。アジアとアフリカの人口が増加し、購買力が高まります。また、高齢者人口も増え、14億人の市場を形成します。経営者は今後の変化のシグナルを察知し、様々なデータを活用し、水平思考に基づき戦略を立案しましょう。
AI

山本康正氏の銀行を淘汰する破壊的企業の書評

GAFAなどのテクノロジーカンパニーが金融業界に進出し、スマホ上でAIを活用したサービスを提供することで顧客体験を変えています。銀行やローン、クレジットカードなどの既存サービスが、AIによって再定義される中で、金融業界は変化を起こさなければ、生き残れなくなっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました