AI

スポンサーリンク
AI

ベーシックインカムは今後定着するのだろうか?

ベーシックインカムの実験がフインランドで行われましたが、結果はあまりよくありませんでした。予算や労働観の問題でベーシックインカムを導入することは難しそうです。AIやロボティックスが普及すれば、失業率が高まりますが、セーフティネットは心許ないのが実情です。
AI

高城剛氏の2049 日本がEUに加盟する日 HUMAN3.0の誕生の書評

高城剛氏は様々なデータ、豊富な体験、識者へのインタビューを組み合わせることで未来を予測します。本書の未来論は類書のそれとは異なるものが多く、新たな視点で未来を考えるヒントになります。アメリカ、中国、日本の未来は楽観できませんが、本書のアドバイスを参考にすれば、未来の変化に適応できるはずです。
AI

田中道昭氏のアマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオの書評

アマゾン、アリババ、テンセントの三大金融ディスラプターは、顧客満足を最大化するために、金融ビジネスにも進出しています。顧客を喜ばす「新しい当たり前」を次世代金融産業に取り込むこれらのメガテック企業の素早い動きを見ていると日本は金融4.0の分野で完全に出遅れていることが理解できます。
AI

田中道昭氏のGAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略の書評

GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)とBATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)という最強のプラットフォーマーの事業形態と戦略を最新の情報を元に、田中道昭氏が独自の「5ファクターメソッド」で分析する良書です。特に現地取材に基づいたBATHの分析から多くの学びを得られます。
AI

吉藤オリィ氏の「サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~」の書評

サイボーグ化とは、「これがやりたい」いう人の意思に基づき、テクノロジーがその人の能力となり、生活と人生となめらかに融合することです。このサイボーグ化によって、孤独という人類の難問を解決できるのです。テクノロジーを避けるのをやめ、積極的に活用することで人の課題を減らせ
AI

孫泰蔵氏と小島健志氏のブロックチェーン、AIで先を行くエストニアで見つけた つまらなくない未来の書評

エストニアはイーエストニアというビジョンを掲げ、優秀な人たちを活用し、自由でオープンな環境を作り、国民の理解を得たことでエストニアは短期間で飛躍します。イーエストニアによって、世界でいちばんスタートアップしやすい国のひとつになったのです。
AI

神田昌典氏のインパクトカンパニーの書評

神田昌典氏は「経済的に成長しながら、同時に、事業を通じて社会問題の解決を目指す中小企業」をインパクトカンパニーと定義します。AIやロボティックスなどのゲーマ経営者と手を組み、成熟企業を再成長させる「ビジネスモデル」を構築しましょう。
AI

立入勝義氏のUBER ウーバー革命の真実の書評

アマゾンの急成長により、トイザらスが閉店に追い込まれ、アップル(Apple)やネットフリックス(Netflix)が急成長したことで、タワーレコードやブロックバスターといったアナログ店が廃業しました。インターネットの普及により、物理的な制...
AI

クリスチャン・マスビアウのセンスメイキングの書評

「人は何のために存在するのか」アルゴリズムにはさまざまな可能性があるが、関心を持つという行為はできない。まさしく関心を寄せ、気遣いをするために人は存在するのだ。(クリスチャン・マスビアウ) Designed by 4045 ...
AI

AIによって、社員を幸せにしながら、生産性を高める方法。

勤務内容が多様だと、より大きな幸福感がもたらされ、さらに従業員を鼓舞して生産性のアップにも結びつく可能性がある。(ジョーダン・エトキンとキャシー・モジルナー) photo credit: xiquinhosilva 51132...
スポンサーリンク