DX

スポンサーリンク
イノベーション

守屋実氏の起業は意志が10割の書評

起業の第一歩は自分の意志を明らかにすることです。世の中のペインを解消できる自分の価値を顧客視点で徹底的に考えることから、新規事業はスタートします。新規事業を成功させる「一筆書き」の12のステップを高速回転させることで、成功に近づけます。
AI

中島聡氏のニュー・エリートの時代 ポストコロナ「3つの二極化」を乗り越えるの書評

Man photo created by drobotdean - www.freepik.com ニュー・エリートの時代 ポストコロナ「3つの二極化」を乗り越える 著者:中島聡 出版社:KADOKAWA 本書の要約 ...
イノベーション

坂野俊哉氏、磯貝友紀氏のSXの時代 ~究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営の書評

People photo created by jcomp - www.freepik.com SXの時代 ~究極の生き残り戦略としてのサステナビリティ経営 著者:坂野俊哉、磯貝友紀 出版社:日経BP 本書の要約 サステ...
AI

島田太郎氏、尾原和啓氏のスケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDXの書評

インターネットのデータだけでなく、フィジカルなデータをつなぎ、プラットフォームをつくること、スケールフリーネットワークを生み出すことで、日本企業もイノベーションを起こせるようになります。誰もがつながれるようなオープンなネットワークをつくることが、日本企業に求められています。
イノベーション

名和高司氏のパーパス経営: 30年先の視点から現在を捉えるの書評

日本企業は今こそ経営に「志」を取り戻すべきです。壮大な変革目標であるMTPをつくり、自社の悪癖をなくすことが経営者に求められています。デジタルを活用して、MTPを基軸に新たな経営の仕組みをつくることが日本企業の優先課題です。MTPから逆算して、MX(マネジメント・トランスフォーメーション)を実践しましょう。
AI

沢渡あまね氏のバリューサイクル・マネジメント ~新しい時代へアップデートし続ける仕組みの作り方の書評

DXを活用して、社員一人ひとりが健全な組織のバリューサイクルを回すことで企業は強くなります。経営者が示したビジョンに基づき、バリューサイクルをつくり、リーダー、マネジメント、現場の一人ひとりがそれぞれの役割を正しくアップデートしていくことで、企業は持続的に成長していきます。
AI

西山圭太氏のDXの思考法 日本経済復活への最強戦略の書評

現在の複雑な課題を解決するために、いくつものレイヤーを重ね、連結して思考していく必要があります。それはあたかもミルフィーユのような構造で、新たなレイヤーをそこに追加することで解決策が見えてきます。私たちはレイヤーを積み重ねることで、ビジネスの全体をソフトウェアでコントロールできるようになるのです。
AI

堀田創氏と尾原和啓氏のダブルハーベスト――勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザインの書評

AIで何を実現したいのか?を徹底的に議論し、どのAIを使い、どんなデータを集めるかを決めましょう。AIのデータが蓄積することで、新たなマーケットの可能性が見えてきます。AIを複合的に活用することで、UVP(Unique Value Proposition)を強化でき、企業はより大きな果実を手に入れられます。
イノベーション

伊藤豊氏のShapers 新産業をつくる思考法の書評

これからの時代に必要なのは、「Shapers」として生きることだと著者は言います。Shapersとは創造性を発揮して新しい価値を形づくろうとする人のことを指します。大企業に入れば、自分のキャリアは安泰と考えるのではなく、Shapersを目指し、自分の価値を高めるようにしましょう。
AI

馬田隆明氏の未来を実装する――テクノロジーで社会を変革する4つの原則の書評

社会実装を成功させたければ、徹底的にインパクトにこだわるべきです。デマンドサイドに立ち、以下の4つの原則を取り入れましょう。 ①最終的なインパクトと、そこに至る道筋を示している ②想定されるリスクに対処している ③規則などのガバナンスを適切に変えている ④ 関係者のセンスメイキングを行なっている 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました