DX

スポンサーリンク
イノベーション

イノベーターのためのサイエンスとテクノロジーの経営学(牧兼充)の書評

ベンチャー企業の成功には、スターサイエンティストと呼ばれる研究者の存在が大きく影響していることが明らかになってきました。スターサイエンティストの論文などの研究結果を活用するだけでなく、彼らと直接の関係を持たないと、ベンチャー企業の業績は向上しません。彼らとの関係を強化した企業が勝ち組になりそうです。
イノベーション

起業マインド100 (ケヴィン・D・ジョンソン)の書評

起業家が成功するためには、以下の4つのことを実践すべきです。①自分抜きでも回るビジネス ②特定の人に依存しないシステムの構築 ③テクノロジーを駆使して自動化された業務 ④適切な相手へのアウトソーシング 本書で紹介されている起業家マインドを身につけることで、成功確率を高められます。
イノベーション

ラディカル・プロダクト・シンキング イノベーティブなソフトウェア・サービスを生み出す5つのステップ (ラディカ・ダット)の書評

ラディカル・プロダクト・シンキングを採用することで、世の中をよくするスマートなイノベーションを起こせます。結果、良質で有益なビジョン駆動型プロダクトの開発が可能になります。逆に組織がビジョンを見失い、イテレーティブ(反復的)な活動ばかりになると正しいゴールに辿り着けなくなります。世の中を変え、顧客に支持されるプロダクトを生み出すためには、ビジョンが欠かせないのです。
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
イノベーション

「if-then」メソッドがジョブズ成功の理由?耳を貸さないリーダーに聞く耳を持たせる方法(アダム・グラント)の書評

リーダーに再考を求める社員が多くいる企業は成長します。自信過剰や強情、独善主義、反論好きになりがちな上司や同僚に物申すコツをつかんでいる人たちを活用できるリーダーが、組織を強くします。激動の時代に成功するには、認知的な駆動力だけでなく、認知的な柔軟性も求められると著者は指摘します。
イノベーション

オンライン脳 東北大学の緊急実験からわかった危険な大問題(川島隆太)の書評

スマホ・タブレット・パソコンなどのデジタル機器を、オンラインで長時間使いすぎることによって、脳にダメージが蓄積され、脳本来のパフォーマンスを発揮できなくなっています。このオンライン脳に陥らないためには、できるだけデジタルでのコミュニケーションを避け、リアルでの面談を増やし、脳を使い倒すべきです。
イノベーション

エコシステム・ディスラプションによって、アマゾンがアレクサで勝者になれた理由。

エコシステム・ディスラプションの本質は、新たな価値構築を展開することにあります。そして新たな価値構築は、パートナーや活動が新たに連携することに依存するのです。アマゾンはこのエコシステム・ディスラプションを活用し、パートナーを集結させることで、スマートスピーカーにおいて成功を手に入れました。
イノベーション

戦略を、実行できる組織、できない組織。(クリス・マチェズニー,ショーン・コヴィー,ジム・ヒューリング)の書評

戦略を実行するためには、以下の4つの規律(4Dx)が効果を発揮します。第1の規律:最重要目標にフォーカス 第2の規律:結果を左右する先行指標に基づいて行動する 第3の規律:行動を促すスコアボードをつける 第4の規律:アカウンタビリティのリズムを生み出す。4つのDxが組織のパフォーマンスを高めてくれるのです。
イノベーション

シナン・アラルのデマの影響力の書評

デマにはあっという間に拡散するという特性があります。ソーシャルメディアにはフェイクニュースが溢れ、さまざまな偽情報が短期間で広がっています。デマは速く、広く、そして力強く世の中に拡散していきます。便利なソーシャルメディアには、デマを拡散するハイプ・マシンという一面があることを忘れてはいけません。
サブスクリプションモデル

スポティファイのエコシステム・ディスラプションとは?アップルに勝利するその戦略とは?

アップルミュージックとのシェア争いで優位に立つスポティファイの勝因は、パートナー戦略でした。アップルがレコード会社のビジネスモデルを破壊する中、大手レコード会社はスポティファイとのパートナー戦略を強化します。その後、アーティストやポッドキャストのコンテンツホルダーを取り込むことに成功したスポティファイは成長を続けています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました