DX

スポンサーリンク
イノベーション

CEOは開発者の罠に気をつけろ!

多くのベンチャー・スタートアップは、よいものを作れば、マーケットから評価されると考えがちです。時間さえあれば成功できると信じ、マーケットとの対話をせずに、技術を深掘りする「開発者の罠」に陥ってしまいます。これを避けるために、プロトタイプを作り、顧客からのフィードバックを求めましょう。
AI

李智慧のチャイナ・イノベーション2 中国のデジタル強国戦略の書評

中国は国家レベルで、デジタル国家になることを長期ビジョンに掲げ、それを確実に実現しています。2017年以降は、 AIをその基軸においています。今回も「デジタル・社会ガバナンス」という中国特有の政策を実施し、新型コロナウイルスの患者を一気に減らすだけでなく、経済を成長させることにも成功します。
AI

李智慧のチャイナ・イノベーションの書評

当初中国の金融ビジネスは顧客にペインを与えていましたが、モバイル決済が普及することで一気に様相を変えました。中国のフィンテック・サービスは、ビッグデータ蓄積のきっかけを作り、消費者の生活のデジタル化を深化させたのです。銀行ビジネスもビッグデータと最新のテクノロジーによって、デジタルバンクに進化しています。
サブスクリプションモデル

パノス・A・パノイ、 R・マイケル・ヘンドリックスの創造思考―起業とイノベーションを成功させる方法はミュージシャンに学べの書評

ミュージシャンのように自分のセールスポイントを知り、新たなものを作り、自分の才能を見つけて、他者とつながることで、起業家はイノベーションを起こせるようになります。ミュージシャンのマインドセットを身につけ、新たな可能性に心を開き、変化することで、起業家は顧客を維持・開拓できるようになるのです。
AI

山本康正氏の世界を変える5つのテクノロジー ――SDGs、ESGの最前線の書評

Business photo created by rawpixel.com - www.freepik.com 世界を変える5つのテクノロジー ――SDGs、ESGの最前線 山本康正 祥伝社 本書の要約 世の中の課題を...
AI

コトラーのH2Hマーケティング 「人間中心マーケティング」の理論と実践の書評

企業は顧客との共創によって、新たな製品やサービスを生み出せるようになってきました。マーケターは顧客と企業の双方の長期的な繁栄を目指すべきで、それは人間志向のH2Hマーケティングによって実現します。H2Hマーケティングには、デザイン思考、S-DL、デジタライゼーションの3要素の統合が欠かせません。
AI

アンドレ・アンドニアンのマッキンゼーが読み解く食と農の未来の書評

新農業のバリューチェーンの構築に成功し、オーケストレーターがしかるべき役割を果たし、機能すれば、農業とは縁遠かった他業種から参入してくる企業も増えるはずです。 農業の可能性を信じ、様々な企業が農業のバリューチェーンに参加することで、日本の農業を強くできるのです。
イノベーション

ベン・ホロウィッツのWho You Are(フーユーアー)君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくるの書評

文化は、リーダーが何に一番価値を見出すかを知ることからはじまります。その価値観を反映する行動を組織の全員が実践できるように、リーダーは努力し続けなければなりません。良い文化を育むことで、組織が強くなり、顧客から支持される商品やサービスを生み出せるようになるのです。
イノベーション

パーパスドリブン経営によって企業が得られる4つのメリット

パーパスドリブンな経営を実践することで、事業を再構築し、イノベーションを起こせるようになります。製品・サービス開発、チャネル、コミュニケーションの各過程で、パーパスに立ち返り顧客に寄り添うことで、購買との関係を強化でき、圧倒的なブランド価値も生み出せます。
イノベーション

BCG 次の10年で勝つ経営 企業のパーパス(存在意義)に立ち還るの書評

BCGは今後10年、成長したければ、パーパスを重視すべきだと言います。BCGではパーパスを「我々は何者か」と「世界のニーズは何か」が重なる領域だと定義します。パーパスから戦略・組織・人材を組み合わせ、パーパスドリブンカンパニーになることで勝ち組になれるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました