DX

スポンサーリンク
イノベーション

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか(ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ)の書評

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ ダイヤモンド社 本書の要約 企業を成長させるためには、自社の特徴あるケイパビリティに一貫性を持たせ、戦略策定と実行をダイナミックに結び付...
イノベーション

ユーザーファーストの新規事業 (中村愼一)の書評

大企業だから新規事業は難しいと考えるのではなく、まずは自社の強みと社会的課題という視点から、ビジネスの立ち上げを考えてみましょう。自社ならではの強みを見出し、資源を活用し、足りないリソースを調達し、関係部署と調整しながら、顧客のペインを取り除くことで、新規事業は大きく育っていきます。
イノベーション

パーパスを実践する組織 (サリー・ブラント, ポール・レインワンド)の書評

パーパス・ステートメントは以下2つの目的を果たすと言います。①戦略目標を余すことなく明確に描き出す。 ②従業員の意欲をかき立てる。パーパスはモチベーションのカギであり、意欲的な従業員はパーパスを具現化するカギを握ります。この相乗作用をうまく利用すれば、企業は長期的に発展します。
イノベーション

コトラーのマーケティング5.0 デジタル・テクノロジー時代の革新戦略の書評

マーケターはこれらの最新のテクノロジーを組み合わせることで、今までは実現できなかった最適な提案を顧客にできるようになります。マーケットが複雑化し、スピーディに変化する中で、テクノロジーを活用し、顧客体験をアップさせることがマーケターの重要な仕事になっています。
イノベーション

「ゴール仮説」から始める問題解決アプローチ(佐渡誠)の書評

リーダーはゴール仮説から解決策を考えるべきです。 その際、以下の3つの要諦を実践しましょう。1、ゴール仮説と真に答えるべき問題(問い)を明確にする。 2、ゴール仮説の「筋のよさ」を意識し、ストーリーとして語れるレベルにする。 3、鳥の目・虫の目・魚の目を常に持ち、全体像を共有する。
イノベーション

2025年日本経済再生戦略 国にも組織にも頼らない力が日本を救う(成毛眞, 冨山和彦)の書評

国全体の所得が減っている現状では、所得の再分配は「国家の老衰」につながります。そのためには、イノベーションを起こし、そこに投資を行い、産業構造を変換させるべきです。イノベーション主導型の政策によって、経済は成長し、結果、国民の所得も増加します。
イノベーション

イノベーション道場 極限まで思考し、人を巻き込む極意 (高岡浩三)の書評

イノベーションを起こすためには、NRPS法が効果的です。①顧客は誰なのか?②新しい現実とは?(New Reality )③そこで顧客が抱えている問題は?(Problem)④解決策(Solution)を出していきます。顧客に寄り添い、新しい現実から問題を発見・解決するようにしましょう。
イノベーション

再考サイクルがイノベーションを起こす理由

変化が激しい時代には、知識や体験がすぐに古くなり、学び続けることが求められています。再考が最も頻繁に行なわれるのは、学ぼうとする文化、つまり成長こそがコア・バリューだと考える環境を作ることです。再考サイクルが回る学びの文化を持つ組織では、イノベーションがより多く生まれ、失敗を減らせます。
イノベーション

イノベーションとは新たな価値創造で、顧客の行動変容を起こすこと

懐中時計によって「時間に合わせて行動する」という大きな行動変容が起きました。ひとたび行動変容が起こると、もはや元の日常に戻ることはありません。行動変容には不可逆性があるのです。懐中時計の発明は、人々に行動変容を起こしたイノベーションだったのです。
イノベーション

イノベーションの競争戦略―優れたイノベーターは0→1か? 横取りか?(内田和成)の書評

イノベーションとは、顧客に行動変容を起こさせることです。技術革新ではなく顧客の行動を変化させることをゴールに取り組むのであれば、そのプロセスは一変します。イノベーションの競争戦略とは、顧客の行動を引き起こし、市場における優位性を築くことなのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました