習慣化

スポンサーリンク
習慣化

映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~(稲田豊史)の書評

インターネットが普及したことで、以前に比べて流通する情報は何百倍にもなっています。それをチェックするためには、お金と時間の投資が欠かせません。時間的にも、金銭的にも、精神的にも余裕のない若者は、コスパを重視し、倍速で情報を消費することを選択します。
イノベーション

選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること(ジャグディシュ・N・シース, アンドリュー・ソーベル)の書評

クライアントから信頼され、卓越したプロフェッショナルになりたければ、次の7つの特質を培い、強化する必要があります。①無私と自立 ②共感力 ③ディープ・ジェネラリスト ④統合力 ⑤判断力 ⑥信念 ⑦誠実さのこの7つの特質を身につけ、そのレベルを上げ続けることで、クライアントとの関係を強化できます。
イノベーション

新版 新しい戦略の教科書(酒井穣)の教科書の書評

戦略とは現在地(現状)と目的地(あるべき姿)を結ぶルートです。現在地に関する情報を集めて分析することは、未来の不確実性を下げることであり、後に続く目的地の設定と戦略の立案をスムーズなものにします。ファイブフォース、ブルーオーシャン、バリューチェーンのフレームワークで戦略の精度を高めましょう。
習慣化

成果をあげるリーダーが必ずやっている 承認パワーで人が元気に動き出す: 褒め下手でも大丈夫 最もローコストで人と組織を元気にする技術(中島克也)の書評

部下との関係をよくしたければ、彼らの行動・結果を承認し、存在を認めるようにしましょう。小さいことでいいから、まずは部下を成功させて、そして祝うこと(=承認すること)小さな成功体験をたくさんさせてあげて、自信をつけさせることで、彼らのやる気が高まります。
イノベーション

結局、「しつこい人」がすべてを手に入れる(伊庭正康)の書評

しつこくやり続ける人には、失敗という言葉は存在しません。成功者は全てが乗り越えられるもの、未来へ続く実験だと考えることで、自らの行動を楽しんでいます。成功者はしつこくやり続けることで、自分の目標を達成しているのです。
リーダー

それでもなお、人を愛しなさい。人生の意味を見つけるための逆説の10カ条(ケント・M・キース)の書評

ケント・M・キースの「逆説の10カ条」を実践することで、生きる意味に満ちた人生を送れるようになります。自分の人生に意味を見つけると、自分の行動が変わります。自分のパーパスに目覚めると嫌な人の存在も許せるようになり、他者に貢献できるようになるのです。
イノベーション

ビジネスコーチング大全(橋場剛)の書評

ビジネスコーチングは、人の思考と行動の質を高めることにより、その人のパフォーマンスを最大限に高めるだけでなく、その人の多様な魅力・想い・能力の発揮を支援し、その人らしく生きる支えとなり得るアプローチなのです。リーダや社員が主体的に動けるようになることで、組織は持続的に成長できるようになります。
AI

The Art of Marketing マーケティングの技法(音部大輔)の書評

The Art of Marketing マーケティングの技法 音部大輔 本書の要約 パーセプションフロー・モデルは、消費者の認識(パーセプション)変化を中心としたマーケティング活動の全体設計図です。パーセプションフロー・モデ...
DX

5つの物語で知る買い手の心理 圧倒的サイト戦略 (大浦早紀子)の書評

①売上は、サイト次第で「10倍」にも「半分以下」にもなる。②サイト作りは経営直結の課題である。③集客コストは単なる費用ではなく「投資」である。これら「3つのマインドセット」を身につけ、戦略作成、情報設計、原稿作成の3つのステップを正しく行えば、サイトで結果を出せるようになります。
AI

Z世代マーケティング 世界を激変させるニューノーマル (ジェイソン・ドーシー, デニス・ヴィラ ) の書評

Z世代の層は厚く、多様性に富んだデジタルネーティブが、もう間もなく労働力の大きな部分を占めはじめます。消費の面ではすでに、トレンドセッターとして最重要の世代となっており、あらゆるビジネスに影響力を持とうとしています。本書の調査やケーススタディを活用することで、今後も企業はZ世代とともに成長できるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました