習慣化

スポンサーリンク
イノベーション

ラディカル・プロダクト・シンキング イノベーティブなソフトウェア・サービスを生み出す5つのステップ (ラディカ・ダット)の書評

ラディカル・プロダクト・シンキングを採用することで、世の中をよくするスマートなイノベーションを起こせます。結果、良質で有益なビジョン駆動型プロダクトの開発が可能になります。逆に組織がビジョンを見失い、イテレーティブ(反復的)な活動ばかりになると正しいゴールに辿り着けなくなります。世の中を変え、顧客に支持されるプロダクトを生み出すためには、ビジョンが欠かせないのです。
イノベーション

シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカントの書評

学び続けることで、自分の独自性を発揮できます。自分をプロダクト化し、特殊知識を活用ながら、レバレッジを掛けることで、富を増やすことに成功します。遺伝から来る自分独自の特性と、自分の独自の生い立ち、それらに対する自分の働きかけを組み合わせることで、自分をプロダクト化できるのです。
アマゾン

それでは伝わらない! ビジネスコミュニケーション新常識 デジタルグローバルな作法は若者に学べ(西原勇介)の書評

「ストレート」「共感」「フラット」という次世代ビジネスコミュニケーションを身に付ければ、あなたの世界は格段に広がり、デジタルグローバルな時代でも必要とされ続ける「新しい世代のキャリアパーソン」に生まれ変われるのです。若者とコラボすることで、ビジネスの可能性を広げましょう。
イノベーション

センスは知識からはじまる(水野学)の書評

知識や体験を増やし、それを蓄積していくことで、センスが磨かれていきます。その上でアウトプットのブラッシュアップを行い、アイデアの精度を高めるようにしましょう。過去のものを大事にしながら、そこに新しいエッセンスを付け加え、知識に基づく予測を組み合わせることで、ヒット商品が生まれます。
哲学

優れたブランドが、人脈づくりに役立つ3つの理由 キース・フェラッジの一生モノの人脈力の書評

「自分」というブランドを生み出すことで、友人をつくりやすくなるだけでなく、クライアントやパートナーからの評価が変わり、よりよい関係を築けます。①PBM(パーソナル・ブランディング・メッセージ)をつくる ②パッケージデザインを考える ③自分のブランドを宣伝することで、自分ブランドを確立できます。
リーダー

人脈づくりに情報発信が必要な理由。キース・フェラッジの一生モノの人脈力の書評

いくらよい知識を持っていても、それを伝える人がいなければ、自分の知識や体験は活用されずに終わり、宝の持ち腐れになります。自分の知識や体験をアウトプットすることで、他者に貢献できるようになり、会いたい相手に見つけてもらえるようになります。結果、よい人脈を構築できるようになります。
イノベーション

同調しない組織文化のつくり方 (アダム・グラント)の書評

組織が意見対立の尊重を重視することで、よいアイデアが生まれるようになり、イノベーティブな組織へと進化します。従業員が批判的な意見を率直に表明でき、そのことによって尊敬されるような環境をつくり出すことが、経営者やリーダーの重要な役割になっています。
イノベーション

「if-then」メソッドがジョブズ成功の理由?耳を貸さないリーダーに聞く耳を持たせる方法(アダム・グラント)の書評

リーダーに再考を求める社員が多くいる企業は成長します。自信過剰や強情、独善主義、反論好きになりがちな上司や同僚に物申すコツをつかんでいる人たちを活用できるリーダーが、組織を強くします。激動の時代に成功するには、認知的な駆動力だけでなく、認知的な柔軟性も求められると著者は指摘します。
イノベーション

オンライン脳 東北大学の緊急実験からわかった危険な大問題(川島隆太)の書評

スマホ・タブレット・パソコンなどのデジタル機器を、オンラインで長時間使いすぎることによって、脳にダメージが蓄積され、脳本来のパフォーマンスを発揮できなくなっています。このオンライン脳に陥らないためには、できるだけデジタルでのコミュニケーションを避け、リアルでの面談を増やし、脳を使い倒すべきです。
リーダー

一生モノの人脈力 (キース・フェラッジ, タール ラズ他)の書評

①まず最初に、目標達成に向けた具体的なゴールを考える。②次にゴールを目指すうえで役に立ちそうな人・場所・モノを探す。③ゴール達成に必要な人脈をつくる方法を見つける。というネットワーキング・アクションプランを実践することで成功の確率が高まります。人脈の力を信じ、他者との信頼関係を築きましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました