習慣化

スポンサーリンク
習慣化

伊藤守氏のひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチの書評

社外役員型コーチは エヴァリュエーション(事後評価) と新しい目標の設定をセットにすることで、経営の改善を行います。経営者にビジョンをなんども質問し、確認することで、経営者とメンバーが積極的に動けるようになります。
習慣化

「クリアリング」を経営に取り入れよう!

クリアリングとは脳のモヤモヤをスッキリさせることですが、この手法を経営に取り入れることで、結果を出せるようになります。うなくいったこととうまくいかなかったことを明らかにし、改善策を考え、PDCAを回すうちに業績がアップしていきます。
習慣化

経営者が逆境を乗り越える6つの方法。

経営者にトラブルはつきものです。経営者は過去の知識と体験を活用し、逆境を乗り越えなければなりません。最悪と思われる状況ですら、強いマインドセットを持ち、可能性を引き出す質問を繰り返すことで、解決のヒントが見つかります。逆境の時こそ、焦らず冷静に対処しましょう。
習慣化

習慣力を鍛えたければ、人間の脳の仕組みを理解しよう!

私たちの脳にはマイナスの情報を探すくせあり、過去の嫌な体験を思い出すことで、新たな行動に踏み出せなくなります。それを変えるために、ポジティブな言葉、やる気を出すポーズ、表情を明るくするなど出力を変えましょう。脳がポジティブな情報を信じることで、積極的に行動できるようになります。
習慣化

池田博美氏の日常の怒りをいつまでも引きずってしまう人のための本の書評

背中に違和感を感じたら、怒りを溜め込みすぎているのかもしれません。そんな時には骨盤呼吸を取り入れ、怒りをコントロールしましょう。怒りを感じていなくても骨盤呼吸を習慣化することで、気持ちを穏やかにでき、起きるはずだったトラブルも回避できます。
習慣化

中谷昌文氏のビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?の書評

世界を救う方法は、みんなが力をあわせることだと著者の中谷昌文氏は言います。一人一人が世界をよくするための知恵を出し合い、協力することで、世界は変わります。課題を発見・解決するためにネットの情報に頼るだけでなく、実際に行動を起こすことで、人脈、情報、アイデアが手に入るようになります。
習慣化

ティモシー・フェリスの 「週4時間」だけ働く。の書評

ティモシー・フェリスの彼の提唱するニューリッチとは、先送り人生プランを捨て、「時間」と「移動」を使い、「今」をふんだんに生きる人です。時間は有限の資産で、限りがあるのですから、いつかやると考えるのをやめ、本当にやりたいことに時間を使うようにしましょう。
習慣化

「何かをしなかった後悔(非行為後悔)」を減らす方法

「何かをしなかった後悔」は、あなたの未来を暗くします。失敗したとしても、チャレンジすることで人脈と経験が手に入ります。行動しなければ、理想の自分を実現できないと考え、小さな一歩を踏み出しましょう。諦めずに行動を続けるうちに、結果を出せるようになるのですから!
習慣化

吉井雅之氏の習慣が10割の書評

悪い習慣をやめ、良い習慣を身につけるだけで、未来を変えられます。 私たちは過去を変えることはできませんが、習慣力によって、理想の未来を実現できます。「必要があることに接近し、必要がないことを回避する」という思考を取り入れると良い習慣が身につきます。
習慣化

出版したければ、バーナード・ショーのやり方を真似しよう!

バーナード・ショーは「世の中で成功している人間は、望む環境を求めて行動し、見つからなければそれを自ら作りだしている」といい、出版のために文章を毎日書き、それを編集者に送っていました。この方法を真似、書きたいものをネットに上げることで、出版の可能性が高まります。
スポンサーリンク