習慣化

スポンサーリンク
イノベーション

香りが買い物体験に影響を及ぼす?センスハックの書評

小売業界はセンスハッキングによって、顧客の購買体験に影響を及ぼそうとしています。顧客を喜ばす香りによるセンスハッキングを行うことで、売上アップがはかれるのです。香りへの投資のROIが高いことは、多くのチェーン店の積極的な取り組みを見ればわかるはずです。
投資

日本病 なぜ給料と物価は安いままなのか (永濱利廣)の書評

低所得・低物価・低金利・低成長からなる日本病のために、日本人の貧困化が進んでいます。この30年間日本はデフレを放置したために、経済は成長せず、賃金が上がらなくなっています。これを脱却するためには、大胆な財政主導と量的金融緩和の継続が求められています。
アマゾン

ひとりEC 個人でも売上を大きく伸ばせるネットショップ運営(三浦卓也 )の書評

自社のファン(常連客)を増やすためにやるべきことは、「お客様が感動してくれるくらい、お客様の役に立つことに全力を出す」ことです。ECサイトの運営は作業ではなく商売ですので、お客様に喜んでもらえる価値を提供する必要があります。自社視点ではなく、お客様視点で課題を解決するための情報発信を心がけるべきです。
習慣化

模倣と創造 13歳からのクリエイティブの教科書(佐宗邦威)の書評

創造する力を養うことで、人生100年時代の選択肢を広げられます。日々、自分を斉唱させること、様々なプロジェクトに関わることで、自分のスキルを高めるだけでなく、ネットワークも強化できます。創造的に生きることで、長い人生を楽しむ生き甲斐を自分でつくれるようになります。
習慣化

逆襲のビジネス教室(池田貴将)の書評

仕事のパフォーマンスを高めるには、仕事術よりも、体調管理よりも、「stillness(心の静寂)」が効果があることがわかっています。「stillness(心の静寂)」を手に入れるために、重要でないことはしない、1日の終わりに振り返りの時間を持つ、孤高の時間を過ごすようにしましょう。
イノベーション

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか(ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ)の書評

なぜ良い戦略が利益に結びつかないのか ポール・レインワンド, チェザレ・メイナルディ ダイヤモンド社 本書の要約 企業を成長させるためには、自社の特徴あるケイパビリティに一貫性を持たせ、戦略策定と実行をダイナミックに結び付...
イノベーション

ユーザーファーストの新規事業 (中村愼一)の書評

大企業だから新規事業は難しいと考えるのではなく、まずは自社の強みと社会的課題という視点から、ビジネスの立ち上げを考えてみましょう。自社ならではの強みを見出し、資源を活用し、足りないリソースを調達し、関係部署と調整しながら、顧客のペインを取り除くことで、新規事業は大きく育っていきます。
リーダー

チームワーキング ケースとデータで学ぶ「最強チーム」のつくり方(中原淳, 田中聡)の書評

チームワーキングの状態は、ひとびとが目標を握り続け(GoaiHoiding)、解くべき課題を探求し続け(TaskWorking)、そして相互にフィードバック(Feedbacking)し合う状態です。こうしたチームは高い成果を残します。リーダーはパーパスを明らかにし、メンバーの力を引き出し、掛け合わせることで、強い組織を作れるようになります。
イノベーション

創造力を民主化する たった1つのフレームワークと3つの思考法(永井翔吾)の書評

「課題」と「解決方法」に分解し、そのフレームワークの上で、「統合思考」、「アナロジー思考」、「転換思考」の「3つの思考法」を自由自在に組み合わせていくことで、発想が無限に広がっていきます。統合思考とアナロジー思考でアイデアを生み出し、それを転換させることで創造性は飛躍的にアップします。
習慣化

羊を数える迷信は睡眠に効果があるのか?チャールズ・スペンスのセンスハックの書評

私たちの睡眠は約90分周期で、その周期中にノンレム睡眠、続いてレム(REM)睡眠、その後の徐波睡眠〔ノンレム睡眠のうち、出現する脳波の特徴として低振幅徐波が中心となる睡眠、深睡眠〕が含まれています。記憶を固定するために本当に必要なのは、最後の徐波睡眠なのですから、しっかりと長時間眠ることが重要になります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました