習慣化

スポンサーリンク
イノベーション

未来創造戦略ワークブック 30年後のビジネスを「妄想・構想・実装」する(河瀬誠)の書評

未来創造戦略ワークブック 30年後のビジネスを「妄想・構想・実装」する 河瀬誠 日本実業出版社 本書の要約 イノベーションを実現するためには、常に新しい情報やトレンドを把握することが欠かせません。未来予測に関する知識を取...
AI

SFプロトタイピング SFからイノベーションを生み出す新戦略 (宮本道人, 難波優輝, 大澤博隆)の書評

自社のビジネスを成功させるためには、ドラえもんのようなストーリーを妄想することから始めると良いでしょう。SF的な自由な発想を活用し、ストーリーの展開を妄想することで、ビジネスに新しいアイデアや視点をもたらすことができます。結果、従業員や顧客がより魅了され、ビジネスの成長を促進することができます。
イノベーション

フレームワークを使いこなすための50問―なぜ経営戦略は機能しないのか? (牧田幸裕)の書評

ビジネスフレームワークは、事象を整理し、情報を網羅的に収集するために必要不可欠なツールです。ただし、フレームワークを単純に当てはめるだけではなく、背景や因果関係などの視点を掛け合わせて、より深い洞察を得ることが大切です。こうしたアプローチによって、より効果的な意思決定を行い、企業の成長を促進することができます。
投資

再読だけが創造的な読書術である 再読だけが創造的な読書術である(永田希)の書評

再読は、書物や言葉のネットワークを再編成することであり、新しいジャンルに手を出す前に自分の知っている本を読み返すことで自分自身のネットワークを整頓することができます。そして、再読することによって、過去と現在の時間のズレによって自分の人生に向き合うことができるのです。
イノベーション

観想力―空気はなぜ透明か (三谷宏治)の書評

常識にとらわれない、適切な視点を持つ、高い視座から物事を眺める、マトリクスを使いこなす。これらを意識することで、物事に対する視点や視座を柔軟に変えることができ、異なる視点から物事を見ることで、新たな発見や洞察が得られることがあります。観想力を高めるためには、これらのポイントを活用して、自分自身の思考を柔軟にすることが重要です。
イノベーション

事業を伸ばすための原因仮説分析のための7つの質問。会社の問題の9割は「4つの武器」で解決できるの書評

ビジネスを成功させるためには、「儲けること」を意識したビジネス戦略を構築することが重要です。そのためには、「夕ーゲット」「提供価値」「アクセス」「バリューチェーン」「儲け(会計数値)」などの要素を組み合わせて、ビジネスモデルを練り上げる必要があります。
イノベーション

画期的なアイディアという病。新規事業の実践論 (麻生要一) の書評

経営者たちは、画期的なアイディアを否定することが多くあります。しかし、こうしたアイディアを否定してしまうと、会社が将来的に成長するチャンスを失うことになります。経営者は、アイディアを育成するための環境を整えることが重要です。社員たちにアイディアを出しやすい雰囲気を作り、アイディアが生まれた場合には、積極的に受け入れ、評価することが必要です。
投資

PDCA型の読書サイクルで結果を出す方法。コンサルタントの読書術の書評

読書は、情報収集だけでなく、自分自身や仕事に役立てるためにアウトプットすることが重要です。優れたコンサルタントは、目的を持って読書し、考え、実践し、再度読書することでPDCAサイクルを一直線に繋げ、短期間で成果を出しています。PDCAサイクルを回すことで、知識のネットワークを広げ、成長を目指しましょう。
イノベーション

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ(大石哲之)の書評

コンサルタントの読書術 確実に成果につながる戦略的読書のススメ 大石哲之 tyk publishing 本書の要約 ビジネスを成功させるためには、自分が直面している課題を明確に把握し、解決策を見つけ出すことが必要です。こ...
哲学

得点力を鍛える―「やらないこと」を決めて努力を最適化する技術(牧田幸裕)の書評

自分勝手な解釈を避け、相手が求めているものを正確に把握することと、自分自身の価値を信じ、自信と信念と覚悟を持って提供することは、自分自身の競争イシューを明らかにできます。自己分析を行うで、自分がやるべきことが明確になり、問題解決に集中できるようになります。結果、ビジネスがうまくいくようになるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました