習慣化

スポンサーリンク
投資

スタートアップ協業を成功させるBMW発の新手法 ベンチャークライアント (木村将之、グレゴール・ギミー)の書評

ベンチャークライアントモデルは、企業が自社の戦略的課題を解決するためにスタートアップのソリューションを活用する効果的な手法で、これにより大企業はイノベーションをスピーディに起こせるようになります。スタートアップにとっても、大手企業との協業は市場での信頼性を高め、成長の機会を広げることになります。
文化

世界の研究101から導いた 科学的に運気を上げる方法 (堀田秀吾)の書評

世界の研究101から導いた 科学的に運気を上げる方法 堀田秀吾 飛鳥新社 世界の研究101から導いた 科学的に運気を上げる方法 (堀田秀吾)の要約 堀田秀吾氏は、幸運を引き寄せる具体的な方法を科学的に解説し、多くの読者に新しい視点を提供して...
哲学

百戦錬磨 (ハロルド・ジョージ・メイ)の書評

経営者にとって「グッドハート」を持つことは重要です。正しいことを行い、人を大切にし、情熱と集中力を持って仕事に取り組むことが、優れた経営者の資質です。「グッドハート」を持つリーダーは、長期的な視野で会社と社員を守り成長させます。このようなリーダーシップが、成功する企業を築く鍵となります。
投資

どう生きる?ーー人生戦略としての「場所取り」の教科書 (藤原和博)の書評

人生において場所取りが重要です。最適な場所取りをするためには、まず自分の強みや興味を見極め、その分野でスキルを磨くことが必要です。一つの分野のスペシャリストになるのではなく、様々なのスキルを掛け合わせることが求められます。このキャリアの大三角形を作れれば、他者から選ばれる稀有な存在になれるのです。
戦略

「怠惰」なんて存在しない 終わりなき生産性競争から抜け出すための幸福論(デヴォン・プライス)の書評

世の中は「怠惰のウソ」が規範になっているため、決めた目標を達成できずに見切りをつけるのをつらく感じるかもしれません。それでも、自分自身の行動や感情をしっかり観察し、自分を責めずにそこから学ぶようにすれば、より自分らしい生活を送り、人生を満喫できるはずです
パーパス

100年学習時代 はじめての「学習学」的生き方入門 (本間正人) の書評

人生100年時代は、自分をアップデートするために、学び続けることが欠かせません。現代社会における学びの重要性は、単に知識を得ることだけでなく、自己の可能性を探求し、他者とつながることで社会全体の幸福を追求することにあります。学び続けることで、変化の激しい時代にも対応し、豊かな人生を送ることができるのです。
哲学

思いがけず利他(中島岳志)の書評

利他的な行動を実践するためには、自己を「器」のような存在と捉え、他者への貢献を意識的に取り入れる「与格的主体」を取り戻すことが重要です。自分の力には限界があると考えることで、利他の心が芽生えるのです。利他の本質を理解し、実践することで、私たちはより豊かな日常を送ることができるでしょう。
ウェルビーイング

資本主義の宿命 経済学は格差とどう向き合ってきたか (橘木俊詔) の書評

資本主義社会における格差問題は、重要かつ複雑な課題であり、経済学はその解決に向けて常に進化し続ける必要があります。著者の提案を通じて、日本は持続可能で公平な社会を築くことができるでしょう。経済効率性と平等性のバランスを取りながら、国民全体の生活水準を向上させることが、今こそ求められています。
投資

「働き手不足1100万人」の衝撃――2040年の日本が直面する危機と“希望” (古屋星斗、リクルートワークス研究所)の書評

リクルートワークス研究所の予測によると、2040年には日本で労働者が1100万人不足するとされています。この働き手不足は「危機」であるだけでなく、「チャンス」でもあります。従業員に良い労働環境を提供し、消費者に優れたサービスを提供する企業が市場で優位に立つでしょう。
パーパス

ATTENTION SPAN(アテンション・スパン) デジタル時代の「集中力」の科学 (グロリア・マーク)の書評

現代社会において集中力の低下は避けられない現象ですが、その影響を軽減するためには、意識的な対策が必要です。タスクの優先順位を明確にし、デジタルデバイスからの離脱時間を設け、集中力を養うことが重要です。著者のアドバイスを実践することでストレスや疲労を軽減し、より幸福で生産的な生活を送ることができるでしょう。
スポンサーリンク