スポンサーリンク
SX

コロナ禍でチャンスを奪われた若者たちに資産を再配分すべき理由

コロナ禍は若者の行動の自由を奪い、彼らの未来を暗くしています。富の流れは老人に向かい、政治家たちも若者よりも資産家や高齢者を優遇し続けています。この状況を改善しなければ、世の中から活力が奪われてしまいます。今こそ、「富の再分配」や「平等」、「所有権」の問題を政策の中心に据えるべきです。
イノベーション

Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人の書評

アップルはiPhoneを社内で設計し、鴻海などのEMSとの分業で利益率を高めています。アップルはこの手法を自動車業界に導入し、既存のメーカーをディスラプトしていくはずです。テスラ、鴻海、アップル、多くのベンチャースタートアップが自動車業界の常識を塗り替えようとしています。
習慣化

ロバート・グレイザーのELEVATE 自分を高める4つの力の磨き方の書評

「精神」「知性」「身体」「感情」の4つの力を個別かつ総合的に高めていく「キャパシティ・ビルディング」を身につけることで、人生をより豊かにできます。コアバリューとコアパーパスを明らかにし、4つの力を組み合わせて、自分のやりたいことに集中しましょう。
イノベーション

ジョー・ボアラーの「無敵」のマインドセット 心のブレーキを外せば、「苦手」が「得意」に変わるの書評

①「天賦の才はない」と知る ②間違えたときこそ成長のチャンス ③有害な「思いこみ」を捨てる ④多次元アプローチで新たな視点を ⑤スピードや暗記を重視しない ⑥人とつながり、考えを共有するという6つのステップによって、脳を進化させることができるようになります。
イノベーション

不安に克つ思考 賢人たちの処方箋の書評

れ以上進めないためには、現代人の消費スタイルを変える必要があります。気候変動を本気で食い止めたいなら、生活スタイルを「レス・イズ・モア」に変え、自分たちの生活水準を意図的に落としていく必要があります。
イノベーション

AX(アジャイル・トランスフォーメーション)戦略―次世代型現場力の創造の書評

「アジャイル」はアマゾンやグーグルといった急激に成長してきたテクノロジー企業が、製品・サービス開発に用いている手法であり、短期間でトライアンドエラーを高速回転で繰り返しながら完成度を高めていくものです。アジャイル経営を導入することで、企業は短期間で結果を出せるようになります。
ブログ

リーダーに必要な5つのSとは?

リーダーは貢献(Service)、専門知識(Specialized Knowledge)、話す(Speaking)、売る(Selling)、貯める(Saving) という5つのSを実践しましょう。5Sを習慣化することで、自分自身をポジティブに変えられるだけでなく、組織も強くできます。
ブログ

ジョン・F・ディマティーニのザ・ミッション 人生の目的の見つけ方の書評

人生の目標を達成しようと思えば、自分の最高の価値観に合わせて仕事の目標を掲げるか、仕事の目標に合わせて自分の価値観の優先順位を修正すればよいのです。価値観に合った仕事をすることで、同じ価値観を持ったリーダーや仲間と楽しい時間を過ごせるようになります。
イノベーション

ロバートE.クインのパーパス・ドリブンの組織をつくる8つのステップの書評

パーパス経営を導入することで、リーダー、中間管理職、現場のスタッフのやる気が変わります。彼らは自ら学び、成長することを選択し、会社をエネルギッシュに変えていきます。パーパス経営をうまく活用することで、組織全体をより強く変革できるようになるのです。
習慣化

デイビッド・ブラッドフォード, キャロル・ロビンのスタンフォード式 人生を変える人間関係の授業の書評

「自己開示」、「前向きなフィードバック」、「発展を促すフィードバック」、「ピンチの解消」、「問題解決に向けた共同作業」など、人間関係をよくする著者たちのアドバイスを実践することで、豊かな人間関係を築けるようになり、幸せな時間を増やせます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました