スポンサーリンク
習慣化

確証バイアスに負けずに、相手を説得する方法。THE CATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術の書評

確証バイアスの存在によって、人を説得することは難しくなります。この確証バイアスを乗り越え、他者の意見を変えるためには、以下の3つの方法が有効です。1、移動可能な中間層を見つける。 2、小さなお願いをする。 3、現状打破のポイントを見つける。
イノベーション

9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために(伊藤 穰一, ジェフ・ハウ)の書評

イノベーションを起こすためには、失敗を恐れず、チャレンジし続けることがとても重要になります。世界中の才能を引き出すためにプル戦略で、有能な人との出会いをデザインし、失敗した際にも彼らの力を借りれば、すぐに回復できます。本書の9つの原理を組み合わせて、自のマインドと行動を変えましょう。
投資

あえて数字からおりる働き方 個人がつながる時代の生存戦略(尾原和啓) の書評

GIVEを日常に取り入れること、他者への貢献を実践することで、「他の誰かではなく、あなたに仕事を頼みたい」という存在になれるのです。 誰かにとって意味がある存在になることで、自分のやりたいことを仕事にでき、人生を縁上位できるようになります。
イノベーション

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 (亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹)の書評

Web3とDAO 誰もが主役になれる「新しい経済」 亀井聡彦, 鈴木雄大, 赤澤直樹 かんき出版 本書の要約 ブロックチェーン、そしてその技術を利用したWeb3の社会は、一つの大きなパラダイムシフトとなり、人々の意識と...
イノベーション

イノベーションの起こし方 「カルチャー」を経営のど真ん中に据える――「現場からの風土改革」で組織を再生させる処方箋の書評

イノベーションを起こすにはいくつかの方法があります。①セレンディピティを活用する。②「不満」「不便」「不快」「3つの不」に着目する。③新結合 ④既存のビジネスモデルを破壊する。顧客の行動変容を起こすために、思考を続けましょう。その際、諦めないことがとても大切なことになります。
イノベーション

コンセプチュアル思考 物事の本質を見極め、解釈し、獲得する(村山昇)の書評

コンセプチュアル思考 物事の本質を見極め、解釈し、獲得する 村山昇 ディスカヴァー・トゥエンティワン 本書の要約 コンセプチャル思考の目的は、概念を起こすこと、意をつくること、ものごとに意味を与えること、自分にとって最善...
イノベーション

「カルチャー」を経営のど真ん中に据える――「現場からの風土改革」で組織を再生させる処方箋 (遠藤功)の書評

日本企業の多くは「カルチャー(土壌)」が大きく傷んでいます。これでは「ケイパビリティ(根っこ)」が高まるはずはありません。健全な組織風土(組織の心理的基準)、独自の組織文化(組織の心理的エンジン)、卓越した組織能力の3つの要素が欠かせません。まずは、「健全なカルチャー」を育むことから始めましょう。
イノベーション

実践型クリティカルシンキング(佐々木裕子)の書評

クリティカルシンキングを行うことで、、限られた時間、限られた情報で、正しい結論・成果が出せる確率が上がるようになります。①目指すものを定義する。②何が問題なのかクリアにする。③打ち手を考える。という3つのステップによって、問題の所在が明らかになり、正しい解決策を導けるようになります。
DX

Z世代に学ぶ超バズテク図鑑(原田曜平)の書評

Z世代は広告をウザイと考え、スルーしがちなため、SNSマーケティングに注力する必要があります。企業のマーケティグ担当者はSNSでコンテンツを発信し、バズる仕掛けを考えなければなりません。そのためには、Z世代のインサイトとメディアの特性をしっかりと押さえ、正しい情報設計をする必要があります。
イノベーション

21世紀を生き抜く3+1の力 (佐々木裕子)の書評

21世紀を生き抜くためには、3つのスキルを(自分で考える力・人と共創する力・自己進化する力)養うべきです。それに加え、「これから伸びる自分」を信じるということが重要になります。自分を信じることが進化する力の源であり、これを養うことで自ら変化を創り活かせる人になれるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました