スポンサーリンク
ブログ

鈴木祐氏の不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になるの書評

人間は「生存の危機」にさらされると、ホルミシスを発動させて、若返ることができます。人は苦痛と回復をくり返すことで、長寿を実現しているのです。運動などの適切な量の苦しみと休息を交互に繰り返すことで、人は老化のスピードを遅らせることができるのです。
イノベーション

生命科学的思考で会社を経営しよう!

短期的な利益だけを追いかけていれば、新しい価値を生み出す可能性を潰すことになり、結果として環境が変化した際、企業全体が崩壊する可能性も高まります。生命の多様性と失敗許容主義を経営に取り入れることで、企業は環境変化に適応できるようになり、寿命を伸ばせるようになるのです。
イノベーション

高橋祥子氏のビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考の書評

ただ、思考するだけでなく、人は行動することで、情熱を持てるようになります。経験することで感情が動き、記憶に定着し、新たなアイデアが生まれ、そこからまた行動できるようになります。私たちは自ら「行動」を起こすことによって初めて学び、前進していけるのです。
イノベーション

暦本純一氏の妄想する頭 思考する手の書評

日本は妄想に不寛容な社会になっています。この空気を打破しなければ、イノベーションは起こりません。妄想を持つことをよしとし、「とりあえずやってみよう!」「失敗してもOK」という世の中を作らなければ、日本は完全に負け組になってしまいます。
AI

なぜ、グーグルは成長を続けられるのか?グーグルのピボット戦略とは?

「賢明なピボット」によって成長するためには、過去の事業・現在の事業・未来の事業を通じて、継続的で勇気ある変化を進めなければなりません。リーダーはそれぞれの投資比率を再検討し、バランスを保つ必要があります。 グーグルでは新規投資のルールが明確になっており、収益性への道筋が明確になっています。
習慣化

リチャード・コッチの世界を変えた偉人から学ぶ 凡人でも名を残す9つの成功法則の書評

大きな自信をもつ、高い期待を寄せる、自己変革を起こす、画期的な成果を出す、独創性を発揮する、独自の目的達成手段を見つける、挫折を糧にする、直感力を養う、現実を歪曲するという9つの目的地に到達することで、才能がない人でも、成功できるようになります。
AI

デジタル・ファーストの7つの戦略 ピボット・ストラテジー: 未来をつくる経営軸の定め方、動かし方の書評

テクノロジー主導、絶え間ない関係構築、データ主導型の事業展開、インテリジェントな資産管理、包摂的なアプローチ、新たな人材管理の導入、エコシステムの活用というデジタル・ファースト戦略の7つのアプローチを採用することによって、企業は成長を続けられます。
AI

組織のイノベーションを妨げる7つの過ち ピボット・ストラテジーの書評

多くの経営者や中間管理職は、既存のレールの上を走ることを選択し、やがて崩壊を迎えます。かつて強力な存在たっだ企業もテクノロジーが進化する中で、その力を失い、変化できなくなっています。一方、強い企業は「潜在的収益価値のギャップ」に着目し、テクノロジーを活用することで新たなマーケットを創造します。
書評

宮村岳志氏のブランディング・ファースト――広告費をかける前に「ブランド」をつくるの書評

ブランディング・ファースト――広告費をかける前に「ブランド」をつくる 著者:宮村岳志 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 本書の要約 ブランディングとデザインが今後の経営戦略を左右するようになってきました。...
AI

ピボット・ストラテジー: 未来をつくる経営軸の定め方、動かし方の書評

賢明なピボットをマスターするには、過去の事業・現在の事業・未来の事業を通じて、継続的で勇気ある変化を進めなければなりません。未来の事業もいつかは(おそらく短期間で)過去の事業になり、イノベーションを起こさなければ、競争に敗れてしまうのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました