スポンサーリンク
AI

マウロ・ギレンの2030 世界の大変化を「水平思考」で展望するの書評

2030年、今からほぼ10年後、世界の消費スタイルは、今とは異なったものになります。アジアとアフリカの人口が増加し、購買力が高まります。また、高齢者人口も増え、14億人の市場を形成します。経営者は今後の変化のシグナルを察知し、様々なデータを活用し、水平思考に基づき戦略を立案しましょう。
SX

ビル・ゲイツの地球の未来のため僕が決断したことの書評

地球は確実に暖かくなっていて、その原因は産業革命以降の人間の活動にあります。私たちが大気中の温室効果ガスを減らさなけれな、潰滅的なダメージを地球に与えます。最悪の事態が訪れるのがわかっているのですから、今すぐカーボンゼロへの行動を起こす必要があります。
イノベーション

これからの「社会の変え方」を、探しにいこう。の書評

あまり効果を生めないリーダーは、自ら変化を起こそうとします。これに対しシステムリーダーは、変化が生まれ、その変化が自律的に持続するような状況づくりに焦点を当てます。優秀なシステムリーダーは、変化の場を生み出し、メンバーとの対話を重ね、集合的な知性と知恵を出現させます。
イノベーション

ジム・コリンズに学ぶ戦略のつくり方。ビジョナリー・カンパニーZEROの書評

戦略とはミッションを遂行するための方法です。①会社のビジョンの見直し。②内部評価を行い、会社の能力のチェック。③環境、市場、競合、トレンドなどの外部評価のチェック。④内部評価と外部評価を考慮しながら、現在のミッションを達成する方法について重要な意思決定というステップで策定していきます。
イノベーション

パーパスを戦略に実装する方法の書評

企業はパーパスを戦略の中心に置くことで、「組織の統合強化」「ステークホルダーの意欲増大」「社会的な影響拡大」のメリットを得られます。パーパス経営を取り入れることで、企業は顧客やパートナーとの良好な関係を築ける自走型の組織に変化し、成長を続けられるようになるのです。
サブスクリプションモデル

意味レイヤーの時代に私たちがすべきこと

個々人がどう生きるべきか、社会がどうあるべきか、といった意味レイヤーが、今後、先進国の重要なテーマになっていきます。意味レイヤーの領域でイノベーションを起こしている企業が海外で増える中、日本はこの分野で出遅れています。この現状を打開するためには、世界観を明らかにし、顧客のペインを取り除くべきです。
イノベーション

藻谷ゆかり氏の六方よし経営 日本を元気にする新しいビジネスのかたちの書評

売り手よし、買い手よし、世間よし、作り手よし、地球よし、未来よし。の「六方よし」経営は、SDGs時代に求められる経営であり、地域再生や事業承継にも使えます。越境学習→価値の発見→フェアトレードor地産地消に気づいた経営者たちは、結果として、「六方よし」経営を実現していたのです。
イノベーション

イーロン・マスクの何がすごいのか?TECHNOKING イーロン・マスク 奇跡を呼び込む光速経営の書評

イーロン・マスクは地球と人類のために、持続可能な社会を一日でも早く実現しようと本気で考え、そこに向かって最短距離で行動します。イーロンの過大な使命感と過剰な自信が、スピード重視のベストエフォート型を選択させ、テスラとスペースXの破格の推進力を生んでいるのです。
イノベーション

2030年 ビジネスの未来地図 これからを生き抜くための戦い方の書評

私たちの経済システムが地球環境に与えてきた負荷は臨界点にあり、それを超えると不可逆的変化を起こしてしまいます。あと10年の間にそれを阻止できなければ、その後、何をしようと回復不能になります。企業が環境対策を行わなければ、顧客はやがてその製品を買わなくなります。SXを意識した経営を企業は行うべきです。
イノベーション

ジム・コリンズに学ぶ、リーダーの7つの要素

ビジョナリー・カンパニーの著者のジム・コリンズはリーダーシップ・スタイルの7つの要素を紹介しています。誠実さ、決断力、集中力、人間味、対人スキル、コミュニケーション能力、常に前進する姿勢を身につけることで、偉大な経営者に生まれ変われます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました