スポンサーリンク
習慣化

運動によって、自分の限界を超える方法

体を動かすことで、自分が設定した限界を超えられます。自分自身についての頑固な思い込みも運動で払拭可能です。明確な目標を作り、実現するための方法を考え、着実にそれを行うことで、難しい目標も達成できます。自分を信じ、運動を続けることで奇跡が起きるのです。
セレクト

マーカス・バッキンガム&アシュリー・グッドールのNINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘の書評

Business photo created by katemangostar - www.freepik.com NINE LIES ABOUT WORK 仕事に関する9つの嘘 著者:マーカス・バッキンガム&アシュリー・グッドール...
習慣化

高城剛氏の高城式健康術55~医師が教えてくれない家庭の医学~の書評

パフォーマンスを高めるためには、脳と体の健康を維持することが重要ですが、現代人は睡眠や食事に問題を抱えています。日本人は多くの「毒」を体に蓄積することで、健康を害しています。自分の食生活や環境を見直し、自分の体を守る行動によって、脳と体の健康を取り戻せます。
ブログ

アルコールの記憶喪失のメカニズム 海馬までアルコールを行かせるな!

過度のアルコール摂取によって、短期的な思考が大きく映り、認知能力をより必要とする長期的な思考は脇に追いやられます。この近視眼には注意が必要で、過度にお酒を飲まないようにすべきです。アルコールの量をコントロールしなければ、見知らぬ誰かにつけ込まれ、自分を不幸にしてしまいます。
セレクト

マルコム・グラッドウェルのトーキング・トゥ・ストレンジャーズ~「よく知らない人」について私たちが知っておくべきこと~の書評

見知らぬ人とのコミュニケーションで、私たちはデフォルトで人を信用し、トラブルに巻き込まれることがあります。著者はデフォルトで信用すること、透明性の嘘、結びつき(カップリング)などの理論を知ることで、初対面との相手との予期せぬトラブルを減らせると指摘します。
習慣化

小林忠嗣氏の知的生産性向上システムDIPS(ディップス)の書評

「DIPS」は知的労働に従事する人たち(Intellectual People)の生産性を向上させる(Increasing Productivity)システムです。本書の5つのPの定理や防衛の30行動、創造の30行動などを実践することで、ビジネスパーソンのパフォーマンスは一気にアップします。
習慣化

ロバート・グリーン&ユースト・エルファーズの権力に翻弄されないための48の法則の書評

パワー・ゲームを制することで、失敗が防げ、よりよい人生を送れるようになります。本書の48の法則と過去の偉人達の名言やケーススタディを学ぶことで、判断力を養えます。未来の計画を十分に練り、「過去は何よりも有益な学校だ」と捉え、過去の過ちを検証することで、成功に近づけます。
イノベーション

冨山和彦氏のコーポレート・トランスフォーメーション 日本の会社をつくり変えるの書評

破壊的イノベーションの時代には、コーポレート・トランスフォーメーション(CX)で、アーキテクチャを根本的に変容するCX経営が求められています。「両利きの経営」を実践するためには古い組織を壊し、トランスフォーメーションをスピーディに行う強力なリーダーが不可欠です。
ブログ

読書が最強のライフハックである理由

読書は最強のライフハックです。著者が数十年かけて蓄積した経験と知恵を注ぎ込んだ多くの書籍を自分の人生に取り入れることで、アイデアの幅が広がります。超速学習法「FAST」を活用することで、より速く、よる効果的に学べるようになります。
習慣化

脳のハードウェアを入れ替えろ!デイヴ・アスプリーのシリコンバレー式超ライフハックの書評

私たちの脳には可塑性があり、変化することができます。脳の中に新しい神経回路を形成し、その回路を形成する能力を高めれば、パフォーマンスの向上に役立つ習慣を身につけることができます。脳のハードウェアを入れ替えると決め、瞑想を活用することで、よりよい結果を出せるようになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました