スポンサーリンク
習慣化

ジョー・ピュリッジの商品をつくる前に顧客を集める コンテンツ・インク戦略の書評

今起業するなら、成功の必勝法は商品を売り出すことではありません。商品づくりよりも先に、オーディエンスを引きつけて増やすシステムを作ることです。コンテンツ・インクをスタートし、質の高いオーディエンスを集められれば、商品は自ずと売れていくものです。
アマゾン

神田昌典氏のマーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤の書評

Background photo created by rawpixel.com - www.freepik.com マーケティング・ジャーニー 変容する世界で稼ぎ続ける羅針盤 著者:神田昌典 出版社:日本経済新聞出版社 本...
習慣化

優先事項を明確にして、「ノー」という勇気をもとう!

本当にやるべき重要なことを見つけられれば、時間をコントロールできるようになります。やるべきことにフォーカスし、優先事項に時間を使うことで、結果が変わり、自分への信頼度をますます高められるようになるのです。 そのためにノーという勇気を持つことも大切です。
習慣化

自分をもっと大切にするための4つのエクササイズ

自分のやりたいことを明確にし、そのために時間を使うようにしましょう。自分や自分の時間を大切にすることで結果を変えられます。他者と一線を引くこと、自分のルールを明確にすることで、誘惑に負けないようになり、時間をうまく使えるようになります。
書評

ディズニーランド・パリのリテール4.0戦略

ディズニーランド・パリでは顧客体験を最大化し、没入化するために、自社の機構を目立たせないようにしています。顧客のレベルに応じてメッセージを変えたり、行列に並ぶというペイン減らすために、デジタルとランスメーションを進め、顧客満足アップをはかっています。
ブログ

デイビッド・エプスタインのRANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になるの書評

現代のようなルールが変わる意地悪な世界では、寄り道や試行錯誤を繰り返し、自分のレンジを広げることが成功の秘訣だと考えるようにしましょう。世の中をよりよくしたければ、幅広く始めて、成長する中でさまざまな経験をし、多様な視点を持つ「レンジ(幅)」のある人たちを育てるべきなのです。
ブログ

アマゾンのリテール4.0戦略

テクノロジーの進化によってオンラインでできることが、リアル店舗でも可能になることで消費者にとって、リアルとデジタルの世界の差がなくなってきています。アマゾンはリテール4.0というパラダイムシフトの中で、顧客経験を高めるために、変化を続け、小売業の勝ち組を目指しています。
ブログ

朝時間を変えると結果が変わる?ティボ・ムリスの理想の自分をつくる100の法則の書評

目的意識を持つことで、有意義な活動のためにエネルギーを振り向けられますが、目的意識がなければ、たえずエネルギーを浪費してしまい、有意義なことを成し遂げることができません。朝時間に自分の目標を確認することで、生産性を一気に高められます。
習慣化

ジョシュ・カウフマンのたいていのことは20時間で習得できるの書評

現代人は時間が足りないという言い訳をして、新しいスキルの獲得を先延ばしします。そんな時に「超速スキル獲得法」を活用すれば、20時間程度で新しいスキルを習得できます。何を練習するかを決め、最適な練習方法を考え、練習時間を確保し、目標とするレベルに達するまで練習するだけでよいのです。
習慣化

冨山和彦氏のコロナショック・サバイバル 日本経済復興計画の書評

現在、進行しているコロナ不況はリーマンショックを超える深刻な経済危機をもたらします。今回は金融だけでなく、L(ローカル)やG(グローバル)の企業の売り上げを消滅させています。経営者がキャッシュの重要性を認識し、強力なリーダーシップを発揮しなければ、倒産を回避できない時代が始まっているのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました