スポンサーリンク
ブログ

L.デビッド・マルケのLEADER’S LANGUAGE 言葉遣いこそ最強の武器の書評

VUCAの時代に、長きにわたって生き残るためには、適応力が重要になります。 赤ワークと青ワークを交互に行うことで、結果を出せるようになります。この往来は、戦略を立てるレベル、業務を管理・運営するレベル、実務レベルのいずれにも適用でき、組織だけでなく、個人の学びを深めます。
イノベーション

ニコラス・クリスタキスの疫病と人類知 新型コロナウイルスが私たちにもたらした深遠かつ永続的な影響の書評

人類は知識と体験を共有することで、過去、何度ものパンデミックを乗り越えてきました。人間には文化を育み、知識を教え合い、後世に伝える能力が備わっています。この累積文化とイノベーションの力によって、私たちは今後もウイルスとの戦いに勝利していくはずです。
イノベーション

スティーブン・G・ブランクのアントレプレナーの教科書の書評

成功した企業は、顧客からの学習と発見のプロセスを生み出しています。彼らは「製品開発」ではなく、「顧客開発」を行っています。顧客開発をしたければ、「顧客発見」「顧客実証」「顧客開拓」「組織構築」の4つのステップを踏むべきです。
習慣化

太刀川英輔氏の進化思考――生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」の書評

進化思考とは、生物の進化のように2つのプロセス(変異と適応)を繰り返すことです。変量・擬態・欠失・増殖・転移・交換・分離・逆転・融合と言う「9つの変異オプション」と解剖・系統・生態・予測の「4つの適応」としての時空観学習を組み合わせることで、凡人でもイノベーションを起こせるようになります。
書評

ハーマン・サイモンの隠れたコンピタンス経営―売上至上主義への警鐘の書評

世の中には、グローバルで活躍する優良な無名企業が多数存在しますが、著者は彼らを「隠れたチャンピオン」と呼び、その共通点を明らかにしました。私たちは隠れたチャンピオンから、顧客との関係の作り方、イノベーション 、チームワークなど多くのことを学べます。
習慣化

ストライプのCOOのクレア・ヒューズ・ジョンソンが、自分の「取扱説明書」を公開する理由。

創業者や経営陣が取扱説明書を用意することで、自分たちの役割を明確にできます。経営陣の情報や働き方を従業員に公開することで、コミュニケーションが円滑になり、業務が正しく、かつスピーディに行われるようになります。従業員のパフォーマンスを高めるために、経営陣の取扱説明書を公開しましょう!
イノベーション

イラッド・ギルの爆速成長マネジメントの書評

プロダクト・マーケットフィットを達成したレイターステージの経営者は、企業を成長させたければ、スタートアップ時の経営スタイルを忘れる必要があります。CEOの役割、組織やマーケティングなどの今までの常識を捨て、本書のアドバイスに従うことで、爆速成長企業の仲間入りができます。
習慣化

なぜ、学ぶ習慣のある人は強いのか? 未来を広げるライフシフト実践術の書評

人生100年時代には、働き続けることが当たり前になります。今までのサラリーマン時代の常識を捨て、「やりたいこと」「好きなこと」にフォーカスし、人生の後半戦を楽しむのです。「終身知創」を身につけ、自分の価値をアウトプットすることで、新たな道が開けます。
イノベーション

ゲイリー・ハメル、C.K.プラハラードのコア・コンピタンス経営―大競争時代を勝ち抜く戦略の書評

コア・コンピタンスとは、競合他社には提供できない利益を顧客にもたらす企業内部の秘められた独自のスキルや技術の集合体です。コア・コンピタンスを生み出すためには①顧客価値を高めること ②模倣が困難であること ③コア・コンピタンスを源泉として、多様な製品・サービスを生み出せることがポイントになります。
習慣化

相澤冬樹氏の真実をつかむ 調べて聞いて書く技術の書評

著者はNHKで森友事件の報道を続けたことで、閑職に左遷されてしまいます。その後、真実を明らかにするために、大阪のローカル新聞社に再就職し、スクープを連発しています。そのためには、しつこいぐらいの現場取材・裏どり・質問が欠かせませんが、事前に人間関係を構築していくで、それが可能になるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました