ピーター・H・ディアマンディス&スティーブン・コトラー

スポンサーリンク
ブログ

スカンクワークスがイノベーションを起こす理由

スカンクワークスでは少数精鋭のメンバーを官僚組織から隔離し、MTP(Massive Transformative Purpose)という目標に集中させます。メンバーを本部から隔離することでリスクテイクが助長され、突飛で大胆なアイデアが奨励され、短期間で壮大な目標を達成できるようになります。
イノベーション

成功するコミュニティを作る鍵はMTP(Massive Transformative Purpose)にあり。

コミュニティの力を活用することで、テクノロジーの進化を加速させたり、新たなアイデアを生み出せます。 コミュニティの時間と知力を惜しみなく与える情熱を持った人々の力によって、MTP(世界に途方もない変化をもたらす目標)を実現できるようになります。
AI

ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラーの2030年:すべてが「加速」する世界に備えよの書評

ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラーの2人は、2030年までの未来を予測します。量子コンピュータや自動運転などの新たなテクノロジーが次々にコンバージェンスされ、エクスポネンシャルに世界を変えてしまいます。個人も企業もこの激変に対する備えを怠らないようにすべきです。
習慣化

ワクワクなプレゼンがなぜ必要なのか?ボールドと裸のプレゼンターの書評

価値観に沿った大きな目標を設定するというのはさらに効果的だ。価値観と目標が一致していると、情熱が生まれる。人は情熱を感じると意識を集中する傾向があるため、価値観と合致した壮大な目標も集中力を高めるのに効果がある。自律性、専門性、目的意識はど...
習慣化

1とゼロの格差は無限大。重要なのは始めることだ!

重要なのは始めることだ。計画を立て、一歩ずつ前に進むことだ。たとえそれがどれほど小さな、あるいは大きな一歩に思えても。(チャールズ・リンドバーグ)  過去の出来事で悩むことは、時間の無駄です。 失敗したことや、行動しなかったことを悔いても...
習慣化

試練がない時は、自分で作れ!「ボールド 突き抜ける力」のピーターの法則が面白い!

最高のパフォーマンスができるフロー状態は、居心地の良い状態を出て、能力を最大限生かして限界に挑んでいるときに生じるのだ。その証拠に、アーリーリタイア(早期退職)と早死にには有意な相関が見られる。イギリス医療ジャーナルの2005年のレポートに...
習慣化

フロー状態をあっという間に作り出す方法

最近の経営研究では、企業トップはフローの状態にあると生産性が5倍になることが報告されている。(ジョン・ヘーゲル) 何かに熱中できる人は、とても幸せです。 自分をフロー状態にできると、生産性が高まり、結果を残せるようになります。 ピーター・H...
習慣化

ピーター・H・ディアマンディス&スティーブン・コトラーの 「ボールド 突き抜ける力」の書評

突き詰めると、大富豪になる一番いい方法は10億人の抱える問題を解決することなのだ。(ピーター・H・ディアマンディス&スティーブン・コトラー) 今日のわれわれはグローバルでエクスポネンシャルな世界に生きている。問題はわれわれの脳、そして...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました