山崎雅弘

スポンサーリンク
パーパス

詭弁社会 日本を蝕む”怪物”の正体 (山崎雅弘)の書評

日本社会において、政治家の詭弁が常態化し、それに対してメディアが批判しなくなっている状況が見られます。しかし、詭弁が蔓延する社会は、やがて破綻する運命にあると言えます。健全な民主主義を保ち、次世代に希望に満ちた未来を引き継ぐために、今こそ私たち一人一人が声を上げ、行動を起こす時が来ているのです。
リーダー

この国の同調圧力 (山崎雅弘)の書評

同調圧力とは、集団の規範や価値観に従わせるために、個人に圧力をかけることです。戦前の日本社会は同調圧力に屈し、戦争の道を突き進んでいきました。私たち一人一人が、自分の考えを大切にし、同調圧力に屈せずに意見を述べる勇気を持つことで、より健全なコミュニティや組織を築けるようになります。
スポンサーリンク