BCG 次の10年で勝つ経営 企業のパーパス(存在意義)に立ち還る

スポンサーリンク
イノベーション

パーパスドリブン経営によって企業が得られる4つのメリット

パーパスドリブンな経営を実践することで、事業を再構築し、イノベーションを起こせるようになります。製品・サービス開発、チャネル、コミュニケーションの各過程で、パーパスに立ち返り顧客に寄り添うことで、購買との関係を強化でき、圧倒的なブランド価値も生み出せます。
イノベーション

BCG 次の10年で勝つ経営 企業のパーパス(存在意義)に立ち還るの書評

BCGは今後10年、成長したければ、パーパスを重視すべきだと言います。BCGではパーパスを「我々は何者か」と「世界のニーズは何か」が重なる領域だと定義します。パーパスから戦略・組織・人材を組み合わせ、パーパスドリブンカンパニーになることで勝ち組になれるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました