AndroidとiPhoneに2極化が進む理由。そしてBlackBerryは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

IDCの調査結果でAndroidとiPhoneの躍進が明らかになりました。
以前であれば、BlackBerryユーザーが一部の熱狂的ビジネスマンから支持され
町中でも散見されていたのですが、最近ではすっかり見なくなりました。
それもそのはず、BlackBerryは様々なトラブルでシェアを急落させています。

数字を見てみましょう。
IDCによると、1~3月の3カ月間におけるAndroidスマホの出荷台数は
1年前からほぼ2.5倍(145%増)の8990万台に上り、
スマホの全出荷台数のシェアは59%に急進しました。
iPhoneはほぼ2倍(88.7%増)の3510万台となり、シェアは23%になっています。
アンドロイドとiPhoneの数字を合計するとなんと82%になり
昨年の55.3%と比較してもシェアを大幅に伸ばしています。

逆に数字を落としたのがNokiaのSymbianとRIMのBlackBerryです。
Symbianは前年同期からんなと60.6%減の1040万台、
BlackBerryも同29.7%減の 970万台にそれぞれ数字を急減させています。
(シェアはそれぞれ6.8%、6.4%と見る影もありません。)

そして、Windows陣営も苦戦しています。
MicrosoftのWindows Phone/Windows Mobileの出荷台数は330万台となり、
1年前から26.9%増えているものの、市場全体が拡大しているため
シェアは1年前の2.6%から2.2%に低下してしまいました。
ヌルヌル感がたまらないいいOsなので個人的にはがんばってもらいたいです!


通信障害でブランドイメージを毀損させたBlackBerryには逆風が続いています。
以前であれば、 BlackBerryが企業端末として配布されていたのでしょうが
企業のBYOD(Bring Your Own Device)の加速で
使い慣れたAndroidとiPhoneをビジネスで使い始めている人も多そうです。
BlackBerryのデザインやUIも古くさいものに見えてしまいますよね。

実際、ビジネスとプライベートの壁がどんどん低くなり
いつでも、どこでもビジネスをと考える人間が増えれば増えるほど
アプリやサービスが充実しているiPhoneやAndroidに
ユーザーがシフトしていくのはいたしかたありません。

そう考えるとWindows陣営にはまだまだチャンスがありそうです。

※第1四半期における世界スマホ出荷台数の合計は1億5230万台となりました。
前年同期の1億160万台から49.9%増加で、引き続き市場は拡大基調です。
Follow Me on Pinterest      
オルタナティブ・ブログ書き始めました!  
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  
    

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る