ブログ

スポンサーリンク
イノベーション

DNAスキャンとバイオテクノロジーが寿命を伸ばしてくれる?LIFE SPAN(ライフスパン)―老いなき世界の書評

自分のデータをトラッキングし、バイオテクノロジーを活用することで、私たちの体と心の老化を防げます。様々なテクノロジーが組み合わさることで、私たちの寿命を伸ばすことが可能になるのです。私たちが長く生きれば生きるほど、まだ予見できない医療の画期的な進歩の恩恵を受ける確率は高まります。
イノベーション

老化は過去のものになる?LIFE SPAN(ライフスパン)―老いなき世界の書評

バイオテクノロジーによって様々な治療法が変わり、老化はやがて過去のものになります。老化研究では細胞のリプログラミングが、次のフロンティアになりそうです。しかし、この技術には倫理的な問題があることを忘れてはいけません。誰にどの病状ならこの技術を使うのか?を真剣に議論する必要があります。
イノベーション

ジェームズ・C・コリンズ、モートン・ハンセンのビジョナリー・カンパニー4 自分の意志で偉大になるの書評

同業よりも最低10倍以上のパフォーマンスを上げている企業の10X型企業(ビジョナリー・カンパニー) に共通するのは、スピードよりも規律を重視した経営でした。彼らは追い風でも逆風下でも、毎年同じ程度の成長を目指し、着実に前進しながら、偉大な会社になっていったのです。
セレクト

モシェ・ミレブスキーの人生100年時代の資産管理術 リタイア後のリスクに備えるの書評

100年人生時代、「老後貧乏」を避けるためには、今までの資産運用の常識を疑うべきです。できるだけリタイアを遅らせ、自分の人的資本から株式と債権の最適な投資バランスを考えましょう。著者は、リターンが得られれば、借金をしてでも積極的に株式投資をすべきだと述べています。
イノベーション

ジェームズ・C・コリンズのビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階の書評

ビジョナリーカンパニーも盛者必衰の理通り、やがては衰退を始めます。衰退する企業は成功から生まれる傲慢→規律なき拡大路線→リスクと問題の否認→一発逆転策の追及→屈服と凡庸な企業への転落か消滅の5つの段階を転げ落ちます。企業を改革するためには、規律ある行動を取り戻すことが重要だと著者は指摘します。
アマゾン

西村克己氏の1分間ジェフ・ベゾス Amazon.comを創った男の77の原則の書評

アマゾンは今回のコロナパンデミックにおいても、顧客体験を高めることでより優位な立場をとることに成功します。アマゾンはすべての判断基準を顧客におき、失敗を成功の途中経過と捉えることで、顧客をファンに変え、競合との戦いに勝利しています。
習慣化

ジェームズ・C・コリンズのビジョナリーカンパニー【特別編】の書評

「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」でジェームズ・C・コリンズが分析した「偉大な存在となった企業の条件」は、営利企業だけではなく、さまざまな社会組織(Social Sectors)に適用可能です。同じバスに乗る人を見極め、その後に「何をすべきか」を決めるようにしましょう。
書評

ポール・ダウンズ氏のBOSS LIFE 倒産ギリギリ社長の経営奮闘記の書評

経営者はデザイン、マーケティング、製造、ロジスティクス、保証サービス、そして経営管理の6つを組み合わせ、結果を出す必要があります。売り上げや利益が上がらない時に経営者は一人で悩みますが、それで良い解決策が浮かぶわけではありません。外部の知恵を求め、最適解を出すようにしましょう。
イノベーション

山脇秀樹氏の戦略の創造学: ドラッカーで気づき、デザイン思考で創造し、ポーターで戦略を実行するの書評

「ドラッカーで気づき、デザイン思考で創造し、ポーターで戦略を実行する」ことでイノベーションを起こし、熱狂的な顧客を獲得できるようになります。トップ・マネジメントはデザイン思考を戦略に組み入れ、組織と企業のカルチャーに埋め込むことで、顧客から支持されるようになります。
イノベーション

川口加奈氏の14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」の書評

日本では一度ホームレスになるとなかなか抜け出せない厳しい現実があります。失敗してもやり直しができる社会を実現するために、著者の加藤加奈氏はNPO法人Homedoorを立ち上げ、「おっちゃん」たちの課題を解決しています。彼女が実践するスモールテストや巻き込み力は、多くの起業家の参考になるはずです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました