ブログ

スポンサーリンク
投資

ほんとうの定年後 「小さな仕事」が日本社会を救う(坂本貴志) の書評

人生100年時代、老後も働くことが当たり前になっています。老後の働き方には様々な選択肢があります。定年後の就業者の中には、稼ぐことよりも自分の時間を大切にしたり、地域への貢献を意識し、新たな仕事を選ぶ人が増えています。月10万から15万円を稼ぎながら、自分の時間を幸せに過ごす人が増えています。
イノベーション

イノベーターのためのサイエンスとテクノロジーの経営学(牧兼充)の書評

ベンチャー企業の成功には、スターサイエンティストと呼ばれる研究者の存在が大きく影響していることが明らかになってきました。スターサイエンティストの論文などの研究結果を活用するだけでなく、彼らと直接の関係を持たないと、ベンチャー企業の業績は向上しません。彼らとの関係を強化した企業が勝ち組になりそうです。
アマゾン

「バカ?」と言われて大正解―非常識なアイデアを実現する(リッチ・ノートン)の書評

バカげたアイデアにとりかかるとき、自分らしさに火をつけ、本当の自分に自分らしい人生を生きるパワーを持つことで、行動することに対する恐怖を抑えられます。勇気を持って、自分をメディア化することで、人から発見してもらえるようになります。その際、STARTのフレームワークが効果を発揮します。
イノベーション

セルフプロモーションが起業家にとって重要な理由。パトリック・ベト-デイヴィッドの勝者の先読み思考の書評

起業家やマーケターは羞恥心を捨て、クライアントが喜ぶ情報発信を積極的に行うべきです。クライアントが課題を解決できる情報を書き込むことで、新たなビジネスが始まります。自分が役に立つ存在であることをアウトプットしなければ、クライアントから発見してもらえなくなっています。
哲学

生きるのがラクになる「心の洗い方」―――ゆっくり、じっくり――禅が教える「生活の知恵」(枡野俊明)の書評

生きるのがラクになる「心の洗い方」―――ゆっくり、じっくり――禅が教える「生活の知恵」 枡野俊明 三笠書房 本書の要約 日々の生活の中で、わたしたちは心の中にさまざまなネガティブな感情を積み上げています。これを時々洗い流...
ブログ

心配事の9割以上は起こらない?堀田秀吾氏の世界最先端の研究が導き出した、「すぐやる」超習慣の書評

ペンシルベニア大学のボルコヴェックらの研究によると、心配事の79%は実際には起こらないことが明らかになっています。心配事が現実化するのはたった5%程度でしかないと考えることで、心が軽くなります。たった5%のことに悩むのは勿体無いのです。その悩む時間を別のことに時間を使うことで、結果を出せるようになります。
ブログ

ナヴァル・ラヴィカントの幸福度を高める方法

幸福になることに本気で集中して取り組めば、世界は今よりはるかに生きやすくなります。 もっと幸福な人間になると心に決めて、自分の生活を見直して、軽率な悪い習慣をよい習慣に置き換えていくことです。自分をプロダクト化し、特殊知識を活用ながら、レバレッジを掛けることで、チャンスに巡り合える確率が高まります。
習慣化

「コラボレーション疲れ」が人を潰す(ロブ・クロス, レブ・リベル, アダム・グラント)の書評

コラボレーションは、現代のビジネスにおける喫緊の課題を多数解決する手立てですが、優秀な人を疲弊させては意味がありません。リーダーは適切な種類のコラボレーション型業務を認識・促進し、うまく配分する方法を身につけなければならないのです。
イノベーション

ラディカル・プロダクト・シンキング イノベーティブなソフトウェア・サービスを生み出す5つのステップ (ラディカ・ダット)の書評

ラディカル・プロダクト・シンキングを採用することで、世の中をよくするスマートなイノベーションを起こせます。結果、良質で有益なビジョン駆動型プロダクトの開発が可能になります。逆に組織がビジョンを見失い、イテレーティブ(反復的)な活動ばかりになると正しいゴールに辿り着けなくなります。世の中を変え、顧客に支持されるプロダクトを生み出すためには、ビジョンが欠かせないのです。
イノベーション

シリコンバレー最重要思想家ナヴァル・ラヴィカントの書評

学び続けることで、自分の独自性を発揮できます。自分をプロダクト化し、特殊知識を活用ながら、レバレッジを掛けることで、富を増やすことに成功します。遺伝から来る自分独自の特性と、自分の独自の生い立ち、それらに対する自分の働きかけを組み合わせることで、自分をプロダクト化できるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました