ブログ

スポンサーリンク
イノベーション

モダンエルダー 40代以上が「職場の賢者」を目指すこれからの働き方(チップ・コンリー)の書評

デジタルな知能指数(DQ)を持つ若い世代のベンチャー・スタートアップでは、経営のノウハウやネットワークを持つ人材が不足しています。その穴を埋めるのが、モダンエルダーという年長者の存在です。経営の知恵や体験に秀でたモダンエルダーが、若い組織のメンターになることで、短期間で結果を出せるようになります。
ブログ

ハーバードの 人の心をつかむ力(ローラ・ファン)の書評

「自分」には数々のバージョンがありますし、他人がこちらに期待する人物像にも数々のバージョンがあります。しかし、あなたが真の自分をきちんと理解さえしていれば、他人が自分をどう見ていようと、エッジの力を活用すれば、望む方向に誘導することができるようになります。
AI

どこでも成果を出す技術 ~テレワーク&オフィスワークでなめらかに仕事をするための8つのスキル(沢渡あまね)の書評

ビジネスパーソン個人が注力すべき課題は、コミュニケーションとセルフマネジメント。この2つの能力向上を図ることで、テレワークもオフィスワークもよりスムーズになり、仕事のやり方が変わります。どこでも仕事をすることが可能になることで、自分のパフォーマンスを高められるようになります。
イノベーション

変革は企業文化に従う(ボリス・グロイスバーグ)の書評

優れたリーダーは、戦略と文化の力を最大限に活用することで、大胆な変革を成功に導いています。企業文化は目標を理念や信条に反映させ、共通の前提や集団の規範を通して行動を促します。組織の文化特性に関して、従業員間で見解が一致する度合いが大きいと、その組織は熱意と顧客志向が強くなります。
習慣化

よい習慣を周りに広める方法。習慣超大全――スタンフォード行動デザイン研究所の自分を変える方法(BJ・フォッグ)の書評

行動デザインの原則を理解し、タイニー・ハビットの手法と変化のスキルを研ぎ澄ましておけば、他者の習慣も変えられます。どれほど難しい課題に直面しても、それを解決できるヒントが見つかります。あとは小さな一歩を踏み出し、それを習慣化すればよいのです。
イノベーション

ワイズカンパニー―知識創造から知識実践への新しいモデル(野中郁次郎, 竹内弘高)の書評

People photo created by rawpixel.com - www.freepik.com ワイズカンパニー―知識創造から知識実践への新しいモデル 野中郁次郎, 竹内弘高 東洋経済新報社 本書の要約 リ...
投資

厚切りジェイソンの投資の3つのステップ ジェイソン流お金の増やし方(厚切りジェイソン)の書評

厚切りジェイソンの投資法は極めてシンプルなもので、以下の3つのステップを行うだけです。①支出を減らす ②残りのお金を投資に回す ③待つ 投資のプロでさえ市場はなかなか読めないのに、素人が結果を出すことは難しいと考え、ジェイソンはVTIというインデックスファンドに長期投資を行なっています。
習慣化

投資で成功するための4つのルール バートン・マルキール, チャールズ・エリスの投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒントの書評

人生100年時代、老後に資産をしっかりと築くことが重要になっていますが、個人は投資に置いて以下の4つのルールを守れば、確実なリターンを得られます。①分散投資 ②リバランス(定期的にチェックし、一度決めた分散比率へ戻すこと) ③ドル・コスト平均法(定期定額長期積み立て投資) ④インデツクス・ファンド
習慣化

投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント(バートン・マルキール , チャールズ・エリス)の書評

プロが運用する多くの投資信託は、市場インデックスと同じ動きを目指すパッシブ・ファンドに負けていることを忘れないようにしましょう。個人がプロの彼らに勝つことは至難の業なのですから、インデックスファンドを投資の中心に据えるべきです。
習慣化

NOISE 組織はなぜ判断を誤るのか?(ダニエル・カーネマン)の書評

同じ人や同じ集団が同じケースについて下す判断に、その時々でばらつきが出てしまうノイズによって、結果が左右されることが多々あります。重要な判断をする際には、バイアスだけでなく、ノイズにも意識を払う必要があります。予期せぬノイズがエラーを引き起こすことを忘れないようにしましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました