水族館を観光資源に出来るかもと言う仮説。すみだ水族館からインスパイアされたこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京スカイツリーに昨日10月20日に出かけてきました。

相変わらず人で賑わっていて、東京の観光の底力を感じました。
特に、中東や東南アジアからの観光客が目立ちました。
例の尖閣の問題から中国人旅行者離れが進んでいますが
日本の都市の面白さやコンテンツ力、おもてなしの心があれば
観光客は喜ばすことが出来るはずです。
あとはコミュニケーションなどの発信力が整えば
間違いなく成功するなと思いながら、スカイツリーのすみだ水族館を見学してきました。

すみだ水族館はスカイツリーのソラマチの5階、6階利用した都市型の水族館ですが
癒しの空間として使えるなかなかナイスなスペースでした。
特に、「ゆりかごの連なり」というクラゲの展示が素晴らしく
暗がりの中で光るクラゲを見ていると脳が癒され、相当リラックスできました。
美ら海のような大きな水槽や、目玉の展示があるわけではないですが
水槽で泳ぐペンギンや沖縄の珊瑚を見ているととても幸せになれました。

しかし、東京には多くの水族館がありますね。
この水族館のグループを上手にブランディングしてコミュニケーションすれば
海外の観光客をもっと呼べるのではという仮説を考えてみました。
海外観光客の水族館ツアーをはとバスなどで実施するのも面白いなと思いました。
一緒に見学していた中東の家族連れは水槽で泳ぐ生物全てを熱心に
iPhoneで動画撮影していました。
多分彼らは都内の水族館の存在を知りません。

実は、サンシャインの水族館をはじめ23区内には五つの水族館があります。

鴨川シーワルド江ノ島大洗のアクアワールドなども考えれば
都内から一時間強の移動で行ける水族館が結構ありますね。
こういった観光資源を掘り起こしブランディングして
少しずらした視線で外国人への情報発信を行えばチャンスがありそうです。
まだまだ、首都圏には外国人が気付いていない多くの観光資源が眠っています。
それらを資産化しブランド化すれば、面白い化学反応が起こりそうです。
観光の隠れ資産を見つけソーシャルメディアで英語などで
コミュニケーションを始めたら面白そうですね。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。(10月9日更新)
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから 
  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る