iPhone5s&cの発表で考えたこと。iPhoneには最早イノベーションがないという仮説。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


今日9月11日のiPhone5s&cの発表も事前予想通りで
サプライズはほとんどありませんでした。
いよいよAppleからスティーブのカリスマ性が失われて
普通の会社になってしまったのだな〜というのが率直な感想です。

そして、今回のiPhone5s&cの発表で
iPhoneもいよいよ商品としてのライフサイクルの後半に
差し掛かってきたのだなと思い始めました。

そもそもiPhoneは、私にとってはとんでもないイノベーションでした。
スティーブ・ジョブズが作ったiPodというマジックから
実はそのストーリーが始まっていたのですが
iPhoneがリリースされたとことで、私の生活スタイルはポジティブに激変したのでした。

iPodの発表から映画スティーブ・ジョブズがスタートするのも
やはり初代iPodの登場がプレゼンを含め衝撃的だったからだと思います。
そして、そのiPadに携帯電話とカメラを組み合わせて
iPhoneというモバイルギアの新しいカタチをスティーブが生み出したのです。

2007年当時、UI、デザイン含めイノベーターたちがみなiPhoneの虜になりました。
一方マジョリティはiPhoneの価値を当時は理解できず
ソフトバンク陣営がスタート時には販売に苦戦して
マーケティングに相当体力を使ったのは、最早昔話です。
ドコモのiPhoneへの対応やコメントを振り返ると面白いので
興味のある方は、過去記事を検索してください。

しかし、発売から6年が経過し、イノベーティブだったiPhoneも
ライフサイクル的には成熟期から衰退期に向かっているのは否定しようもありません。
実際、競合のAndroidとの争いから日本以外のマーケットでは
iPhoneはシェアがとれなくなってきました。

そして、今回廉価版のiPhone5cが登場しました。
それも、カラーバリエーションが豊富なカタチで発売されたのです!!
初期のiPhoneユーザーはiPhoneの機能面やデザインに反応していたのですが
発売から時間が相当経過し、iPhoneには目新しさがなくなってきました。
今回もカメラの精度などは上がっていますが
デザインの変更などはほとんどなく、ハード視点では
iPhone5のマイナーチェンジと思われても仕方がありません。

デザインの変更を少なくして、カラーバリエーションで廉価版を出すなど
どちらかというとAndroidとの戦いに重点がおかれています。
カラーバリエーションや廉価版が登場するということは
マーケティング的にはレイトマジョリティ、ラガード対策が始まったということで
保守層の顧客が多いドコモがパートナーとしてようやく選ばれたのも
Apple側から見ると当然の動きですね。

ここからがAppleの正念場です。
次のiPhone6が素晴らしいコンセプトで再び私たちを驚かすのか?
あるいは普通の会社になってしまうのか?
今回のリリースが分岐点のような気がしています。

あるいは、iPhoneとしてのイノベーションは最早なく
Appleが次の戦略商品を提案して、再びマーケットをリードするのか?という
楽しい妄想も私の中では生まれ始めています。
今日は、iPhoneの発表日なのに、今までのようなワクワク感があまりなく
冷静になっている自分がいたことら、今日はこのブログを書き、頭を整理しました。

先日、映画スティーブ・ジョブズの試写会を見て
70年代のスティーブ・ジョブズの輝きを見たから
余計にAppleへの期待値が上がっているのかもしれません。
もう一度あのガレージから新しいイノベーションが生まれてくると
私の人生はより面白くなるかもしれません、
※iPhoneのリリース関係のニュースは友人のGoriさんブログをご参照ください。

■コラボセミナーのお知らせ
今回、ソーシャルメディアとiPhoneを武器にして
ビジネスやプライベートを面白くするセミナーを
Anegoesの山田トモミさんと企画しました。
9月24日に先日オープンしたばかりの銀座のBeezで開催します。
セミナーの詳細はこちらからお願いします。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

ソーシャルおじさんのFBページはこちらから

 
Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る