映画「コクリコ坂から」を見た後で仕事で横浜に来る。

ブログ

週末、娘と「コクリコ坂から」を見ました。
私が生まれた1963年の横浜が舞台になっています。
育ったのが東京の蒲田だったので
子供のころよく桜木町や関内に行きました。
映画の中の1963年の桜木町の駅や
横浜の坂道は少し時間的にはずれがあるのですが
子供の時の記憶の中のものに近く
映画を見ていて、何とも言えぬ懐かしさを感じていました。
昭和の景色を見ると、
おじさん世代はなんだかほっとします。

そして、今日7月22日に桜木町に仕事で降り立ちました。
私の子供の頃の桜木町とは違った
モダンな「みなとみらい」が
当たり前ですが広がっています。
「みなとみらい」に来るたびにきれいになっています。
しかし、人工的な町に降り立っても
生活感があまり感じられず
感動は少ないですね。
映画の中の横浜はまだまだ、まずかしかったのですが
成長と希望に満ちあふれていました。
「上を向いて歩こう」
というヘッドコーピーが似合う時代でした。

今の日本人の生活は
物質的には満ち足りていますが
放射能やら不況やら政治不信やら
閉塞感が漂っていて
元気がなくなっています。
「コクリコ坂から」のあの頃には戻れませんが
上を向いて歩いていくことは可能です。

横浜からの帰り道は元気に
歌でも口ずさんで帰ろうと思います。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

Loading Facebook Comments ...

コメント