KIndle Fireは改めて凄いなという雑感

まずはIHSKIndle Fireの調査データをご覧ください。

先日の発表でもその199$というプライスが
相当なサプライズを呼んだKindle Fireですが
パーツのコストからも凄い事が実証されました。
IHSがハードウエアに関わるコストをディスプレーやバッテリーなど
主要部品と製造コストを類推して算出しましたが
コスト合計がなんと209.63$と予想通り原価割れでした。
これでは、コンテンツを持たない日本メーカーに勝ち目はありません。
AppleのiPadを追いかける最右翼が
Amazon Kindle Fireだと言われる所以です。

Kindle FireのKEYNOTEで
第2のSteve Jobsと云われ始めたJeff Bezos。 ですが
プレゼンだけではなく、マーケティング戦略もさすがです。
このプライス戦略の裏にある仕掛けがやはりオンラインのトップAmazonですね。

原価割れでも、Kindle Fireはコンテンツが稼いでくれます。
オンラインの出版や音楽を押さえているAmazonだから出来る仕掛けです!
1800万以上の映画、音楽、出版コンテンツを握るJeffこそが
第二のSteveの一番手のような気がします。
原価割れで端末を配り、利益は後と言うAmazon得意のビジネスモデルは
ほかには太刀打ち出来ません。
そして、書籍以外にも食品、雑誌など生活用品を
どんどんオンライン販売するAmazon!

もし、Kindle Fireが日本に進出してきたら
Androidタブレットナンバー1になり
AppleのiPadとも互角の勝負になるのでしょうね。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました