KIndle Fireは改めて凄いなという雑感

ブログ

まずはIHSKIndle Fireの調査データをご覧ください。

先日の発表でもその199$というプライスが
相当なサプライズを呼んだKindle Fireですが
パーツのコストからも凄い事が実証されました。
IHSがハードウエアに関わるコストをディスプレーやバッテリーなど
主要部品と製造コストを類推して算出しましたが
コスト合計がなんと209.63$と予想通り原価割れでした。
これでは、コンテンツを持たない日本メーカーに勝ち目はありません。
AppleのiPadを追いかける最右翼が
Amazon Kindle Fireだと言われる所以です。

Kindle FireのKEYNOTEで
第2のSteve Jobsと云われ始めたJeff Bezos。 ですが
プレゼンだけではなく、マーケティング戦略もさすがです。
このプライス戦略の裏にある仕掛けがやはりオンラインのトップAmazonですね。

原価割れでも、Kindle Fireはコンテンツが稼いでくれます。
オンラインの出版や音楽を押さえているAmazonだから出来る仕掛けです!
1800万以上の映画、音楽、出版コンテンツを握るJeffこそが
第二のSteveの一番手のような気がします。
原価割れで端末を配り、利益は後と言うAmazon得意のビジネスモデルは
ほかには太刀打ち出来ません。
そして、書籍以外にも食品、雑誌など生活用品を
どんどんオンライン販売するAmazon!

もし、Kindle Fireが日本に進出してきたら
Androidタブレットナンバー1になり
AppleのiPadとも互角の勝負になるのでしょうね。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

Loading Facebook Comments ...

コメント