日本への旅行者を東南アジアから呼び寄せる方法(ソーシャルメディアインバウンドマーケティングで)。

最近都内でも東南アジアからの観光客の方々の姿を見ることが多くなりました。
タイやインドネシア、マレーシアなどの観光客が
Facebookなどのソーシャルメディアで日本の情報を探しているという話も
アジアクリックの高橋学さんからも先日伺いました。

羽田空港が国際線の玄関口として本格稼働しそうです。
2014年3月末には 国際線発着枠が 現在の1.5倍の9万回になるそうです。
成田空港も 2014年度中に 現在の27万回→30万回に増やす予定ですから
首都圏の空港に、成長している東南アジアの旅行客が
増える前提条件が整いつつありますね。

実際に訪れた東南アジアからの観光客が自分のお店に来て
お金を落としてもらえるようにする仕組みづくりや努力がそろそろ必要ですね。
実際、タイでは日本ブームが起こっていて、日本食やアニメも現地で楽しめます。
タイ人が求めていること=リアルな日本を対日時に実現してもらい
彼らにファンになってもらって、応援していただく仕掛けが必要です。
タイ人のリピーター作りができれば、波及効果も大きいと思います。

先ほどのアジアクリックの高橋学ぶさんから教えていただいたのですが
北海道の歌登という町の町営施設うたのぼりグリーンパークホテル
タイ人観光客の人気を集めていると話題になっているそうです。
本当の日本を体験したいというタイ人の願いを叶え、
たこ焼き作りや流しそうめん、浴衣に着替えての餅つきといった和の体験を通じて
タイの観光客誘致に成功しているそうです。
読売新聞でも記事が掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。

また、タイ人へのプロモーションにはFacebookが効果的だと考えています。
(※詳細は高橋学さんのブログを参照ください。)
首都バンコクでは、都市別のアクティブユーザー数で
Facebook利用者数世界1位を誇るほどタイ人はFacebook好きです。
タイ国内FB利用者1800万人に対しバンコク内利用者1280万人)。

しかし、タイのFBの使用言語はタイ語なので、タイ語での対応も求められています。

タイ人からの人気の高い関西地方や沖縄県ではしっかりと対応を始めていて

Facebookページのタイ語での観光情報を発信しています。
Visit Okinawaではなんと23000以上のいいね!を獲得しています。
首都圏でもFacebookでのタイ語対応すれば、一気に勝者になれる可能性がありますね。
 
今後、高橋学さんとはアジア向けのソーシャルメディア活用について
セミナーや電子書籍を通じて、情報発信していきたいと考えています。

ソーシャルおじさんのセミナー、次回は6月13日、いよいよ明日です

Google+とブログについてのお話です。
参加申し込みはこちらからお願いします。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから

Photo Credit http://www.flickr.com/photos/mikebehnken/4986441399/

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント