"脳の可塑性"

習慣化

知的活動の3つの異なったステップ!東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと(伊藤元重著)の書評

原稿を書くというアウトプットこそ、実は最良のインプットでもあるということだ。毎週の原稿を書くにあたってテーマを決めるために、まず頭を使う。次にその鍵となる考え方、あるいはキーワードが何かを考える。必要があれば、事実などを調べる。(伊藤元重)...
習慣化

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術(山口周著)の書評

読書という行為は、自分の時間といくばくかのお金を投資することで人生における豊かさを回収するという投資行為です。カギになるのは、投入する時間と得られる豊かさのバランスです。これ以上時間を投入しても、追加で得られる豊かさは増えないと判断された時...
習慣化

瞑想が意志力を鍛える最善の方法かもしれない。スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル著)の書評

意志力とはつまり、この「やる力」「やらない力」「望む力」という3つの力を駆使して目標を達成する(そしてトラブルを回避する)力のことです。これから見ていくように、私たち人類は幸運にも、こうした能力を備えた脳を授かることができました。実際、この...
習慣化

自己効力感を高めるための4つの要素。なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?を書評

私たちの財産、それは私たちの頭の中にあります。(モーツアルト) 私は、毎日、このブログを書くことを習慣にしています。 自分の頭の中にある財産を増やす方法は2つあります。 一つは読書や体験などのインプット。 自分の知識や体験を増やすことで、点...
習慣化

根拠なき自信は、失敗許容力がある!なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?の書評

「自分ならやればできる」と考えることで人生をハッピーにできると思い始めてから、数年が経過しました。 出版や連載など、今まで自分には無理だと思っていたことが 思考と行動を変えることで、短期間のうちに実現したのです。私は、この数年で楽観脳を手に...
習慣化

読書が脳を刺激し、アルツハイマーを防止する!

人は心が愉快であれば終日歩んでも嫌になることはないが、心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。人生の行路もこれと同様で、人は常に明るく愉快な心をもって人生の行路を歩まねばならぬ。(シェイクスピア)多くのことに興味関心を持ち、いつもワクワクと...
習慣化

レイニーブレインを捨てて、サニーブレインを手に入れよう!

人間の脳には驚くほど、変化する力がある。神経科学者たちは長いあいだ、ある年齢ーおそらくわずか七歳くらいーを過ぎると脳は柔軟性を失い、もう変化できなくなると信じてきた。だが、近年急速に発展してきた脳の可塑性の研究によって、この従来の概念は...