Twitter

スポンサーリンク
イノベーション

売上の地図 3万人を指導したマーケティングの人気講師が教える「売上」を左右する20のヒント(池田紀行)の書評

著者が提示した「売上の地図」を活用し、自社の売り上げが上がるための要因と課題を明らかにすることで、次に行うべき施策が明らかになります。売れている商品の多くは一番最初に思い出されることが多く、エンゲージメントが高くなっています。顧客から愛される商品を作り、愛されるポジションを獲得することがとても重要です。
AI

GAFA next stage ガーファ ネクストステージ―四騎士+Xの次なる支配戦略(スコット・ギャロウェイ)の書評

オンラインでの関わり、アルゴリズム、データといったものがよりよい技術であり、ビジネスを行うのにより便利な手段だと理解していたGAFAMは、どんな製品でも、より多く、より安くつくることができ、より多くをより高い利益率で販売できるようになったのです。彼らはこのビジネスモデルで稼いだ膨大なキャッシュを使って、あるゆる業界に食指を伸ばそうとしています。
Instagram

スマートフォンとソーシャルメディアが孤独を加速させる理由

目の前の人との悪影響を及ぼすスマホを使いすぎることで、現代人がお互いを理解し合い、つながり合ううえで重要な働きをする共感力を損なわせます。スマホやソーシャルメディアは依存症を引き起こします。孤独に陥らずに、幸福度を高めるためには、スマホやソーシャルメディアと距離をおくべきです。
Instagram

アンデシュ・ハンセンのスマホ脳の書評

私たちは1日に何時間もスマホに時間を費やすことで、自らの心と体の健康に危害を与えています。多くの人がスマホに時間を奪われ、生産性を下げています。脳をスマホにハックさせないために、運動や睡眠の時間を増やし、スマホの利用時間を減らすようにしましょう。
Instagram

原田曜平氏のZ世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~の書評

①消費者ターゲットしてのZ世代②人材としてのZ世代③ソーシャルメディアなどPRの起点としてのZ世代という3つの理由から、企業は25歳以下のZ世代をもっと理解すべきです。Z世代が社会の中心になる近未来には、彼らの感性や感覚、発信力が世の中を変えていると考え、彼らに権限を移譲した方がよさそうです。
Instagram

自由すぎる公式SNS「中の人」が明かす 企業ファンのつくり方の書評

SNSの企業アカウントの「中の人たち」は、売り上げを上げるためには、ただ単に宣伝文句を並べていてはダメだと言います。ソーシャルメディアの投稿には雑談的要素が不可欠で、消費者との緩い会話を通じて、ファンを作り、そこから新たな顧客を呼び込むようにすべきです。
習慣化

ブリッジングとボンディングのバランスを最適化しよう!入山章栄氏の世界標準の経営理論の書評

現代の勝ち組企業はボンディングの強い組織とブリッジングの強い組織を行き来し、ネットワーク効果を最大化しています。ボンディングとブリッジングという相反する流れの最適なバランスを取ることで、ユーザーがメリットを得ながら、フリーライダー問題を防止する仕組みを作り、マネタイズに成功しています。
AI

望月智之氏の2025年、人は「買い物」をしなくなるの書評

AIなどのITの進化、ソーシャルメディアの普及で、「どこでもものを買える」時代が到来しています。この流れの中で、企業はデジタルシェルフを意識すべきです。データ活用、商品のストーリー化、インフルエンサーの巻き込みを通じて、企業は顧客から共感を得られなければ、やがて淘汰されていくはずです。
Instagram

飯高悠太氏の僕らはSNSでモノを買うの書評

ソーシャルメディアを活用したマーケティングは、・UGC(ユージーシー)・ULSSAS(ウルサス)・スモール・ストロング・タイ(小さくて強い絆)の3つを意識すべきです。SNS時代のユーザー行動と情報伝播の道筋を知れば、必ずしも大きな広告費を投下しなくても、ユーザーに情報を届け、購買を促すことができます。
習慣化

自分ブランドを確立するための3つのステップ

自分のやりたいことが決まったら、次の3つのステップで情報発信を始めましょう。①肩書きをつくる ②名刺をつくる ③ブログをつくる。情報発信を続けるうちに応援者が現れ、仕事のオファーが入るようになります。諦めめずに情報発信を続けることで、自分ブランドを確立できるのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました