ダニエル・ゴールマン

スポンサーリンク
習慣化

ダニエル・ゴールマンのリーダーは集中力を操るの書評

リーダーは、①自分への集中②他者への集中③外界への集中という3つの集中力を養うことで、結果を残せるようになります。情報が爆発する中で、リーダーは本来やるべきことがわからなくなっています。周りの人や様々な情報に注意を払うことをリーダーは実践すべきです。
習慣化

レジリエンスを強化する2つの方法

レジリエンス(再起力)を強化する方法は2つあります。1つは内省し、楽観的に振舞うことです。もう1つは脳を再訓練することで、マインドフルネスを習慣化するとよいでしょう。マインドフルネスによって、レジリエンスを司る脳の左側を活発にできることがわかっています。
習慣化

ハーバード・ビジネス・レビュー[EIシリーズ] マインドフルネスの書評

マインドフルネスはリーダーシップを向上させます。マインドフルネスを習慣化することで、人間関係を改善できるようになるのがその理由です。ロールプレイング、尊敬するリーダーをモデルにすること、感情的になりがちな状況を想定して対処方法をリハーサルするなどをマインドフルネスと組み合わせて、Elを向上させましょう。
習慣化

ダライ・ラマの慈悲の心を見習おう!

EIを高めるためには3つの共感力を身につけることが重要です。認知的共感、情動的共感、共感的関心とその先にある慈悲の心によって、人間関係をよりよくできます。この慈悲の心を持つためには、ダライ・ラマの姿勢を真似るとよいでしょう。広い視点を持ち、自分と他者の両方を思いやることで、脳を活性化できるようになります。
セレクト

ダニエル・ゴールマンの共感の3タイプとは何か?共感力の書評

共感的関心を持つには、他者の痛みを感じる力を保ったまま、自分の苦悩とうまく付き合うことが求められる。(ダニエル・ゴールマン) Designed by Freepik 私たちが身につけるべき共感の3タイプ 人が知能よりも共感...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました