宮城谷昌光

スポンサーリンク
習慣化

宮城谷昌光の湖底の城 呉越春秋の書評

不運であることは、幸運のはじまりかもしれず、不幸であることは、幸福のはじまりかもしれない。陽の当たらないところを歩きつづけている者は、陽射しをねがっているが、いざゆたかな陽射しの下に立つと、目がくらんでしまう。人生において、いつ陰が陽に...
書評

劉邦(宮城谷昌光著)の書評

そうではないか。長男として生まれたわけでもないわれの両手には、なにもなかった。が、項羽はそうではなかった。名門意識をにぎったまま成長した 。いまもかれの片手にはそれがにぎられているであろう。ほかの手になにがあるのか、あるいは、なにもないのか...
習慣化

読書とはより多くの人と接することである。

私が人生を知ったのは、人と接したからではなく、本と接したからである。(アナトール・フランス)人生で会える人の数は、限られています。 その中でも人生に影響を与えてくれる人との出会いは ほんのわずかで、数えるほどしかないはずです。 当然、同時...
スポンサーリンク