「情報源とその信用度」という調査、情報源として相変わらずテレビが強い。私とは逆の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

インターネットPRサービス「ValuePress!」
を運営するバリュープレスと
モバイルマーケティング会社の
チェンジフィールドが共同でおこなった
「情報源とその信用度」という
調査が面白かったのでご紹介。


<調査概要>
有効回答数:2,625名
調査期間:2011年6月22日~2011年6月27日
男女比:男性 46.9%、女性 53.1%
年代比:10代以下 4.6%、20代 19.5%、30代 29.2%、

40代 31.8%、50代 12.2%、60代以上 2.7%
調査対象:情報源とその信頼度について
調査方法:モバイル調査『ここワン( http://koko1.jp/ )』



ソーシャルおじさん的には
ソーシャルメディアからの情報取得が
メインになりつつありますが
まだまだ日本では
テレビへの信頼が相当高いようです。


以下ニュースリリースから(ブルー文字が引用です)
■主な情報源は「テレビ」48%
———————————————————-
主な情報源は何かを尋ねたところ、

「テレビ」と回答した人が48%と半数近くを占め、
続く「Webサイト(ニュースサイト、情報ポータルサイト)」の22%、

「新聞」の12%、
「ラジオ」の3%を大きく引き離し、

まだまだテレビの影響力の大きさを証明する結果と
なりました。なお、5位、6位にランクインした

「ソーシャルメディア(SNS、Twitter、等)」と
「人(対面、電話、メール、等)」を主な情報源とする人は

共に4%とあり、個人発信の
情報に頼る人は少ない傾向がみられました。




情報ソースへの信頼は大変高いですね。
結構メディアが言うことを疑わない
日本人気質が出ているのでしょうか?


———————————————————-
■情報ソースを「信頼している」94%
———————————————————-
主な情報源に対する信頼度について質問した結果、

「まあまあ信頼している」が74%と
圧倒的多数を占め、「非常に信頼している」20%を合わせると、

総じて情報源を「信用している」
人が全体の94%にも上ることがわかりました。

情報ソースを「まったく信頼していない」と
回答した人はわずか0.004%(2,625名中13名)でした。



面白いなと思ったのが
信頼できないメディアとしてあげられているのが
ブログやソーシャルメディア。
私などは信頼しているキュレーターの情報の方が
既存メディアより正確かつスピーディーと感じているので
ちょっとこの結果は寂しいですね。


———————————————————-
■個人の発信情報は「信頼できない」
———————————————————-
最も信頼できない媒体を聞くと、

「ブログ」が27%、「ソーシャルメディア」が25%を
占めており、

その理由として「個人の主観だから(30代/男性)」
「巷で聞いたことが
多く根拠がない(30代/女性)」

「責任がないから嘘でも書ける(20代/男性)」といった回答が
多く集まりました。

次に多かった「雑誌」に関しては、
「面白いが情報の真意は疑問(50代/男性)」
「営利優先で記事が偏る(60代/男性)」

「タイトルが大袈裟(60代/女性)」といった理由が
目立ちました。

一方で、
情報源として最も支持されるテレビを信頼できない理由としては、
「日本の報道は隠す報道(30代/女性)」

といった厳しい意見もあがりました。


USTREAMやブログ、ソーシャルメディアの躍進で
個人が簡単に情報発信できる時代。
伝える人もメディアになることが
今後当たり前になってきます。
その際、信頼の評価として人物像も重要な
ファクターになってきています。


———————————————————-
■信頼するか否かは「媒体知名度」
———————————————————-
ニュースの信頼性を判断するポイントについて尋ねたところ、

「媒体の知名度」が1位で40%、
「媒体運営企業の信頼度」が38%、

「伝える人物(知人、執筆者、専門家、など)」が37%と
続きました。



この調査結果を見て
ソーシャルおじさんの情報がみなさんのお役に立つように
今後も精進していきたいと思いました。
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る