時間の効率について、野田宜成さんのブログからインスパイアーされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

野田宜成さんは元船井総研のコンサルタント。
彼のメルマガが面白くて
いつも参考にさせてもらっています。
特に今日8月1日ののメルマガは
船井幸雄さんと野田さんの子弟でのやりとり。
とても勉強になりました。

以下長いですが引用します。

「トイレから出るとき
スリッパは、どっち向きにそろえる?
そうだろう、次の人が履きやすいように
向きを変えるだろう。
相手、他の人の時間が
短くなることこれを効率というんだ。
けっして自分の時間が短くなることではない」
これを聞いたとき
衝撃が走ったのを覚えています。
そのあとに続けて
「だから、ホテルから出るとき
きれいにして出てきなさい。
ハウスキーピングの人が
もしかすると、資格を取りたくて勉強しているとする
そうすると
我々がきれいにして出ると
掃除の時間が5分短縮されるかもしれないすると、その人は
5分勉強できるだろう。
これが、効率であり
本来、効率とは
世のため、人のためなんだよ」

船井幸雄さんの
時間の効率は世のため、
人のためというメッセージが響きました。
ソーシャルメディア時代の行動指針としても
この考え方、利他のためには使えると
ソーシャルおじさんは思いました。

その野田さんと今週もFacebookセミナーを実施します。
詳細は野田さんのサイトをご覧ください。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る