ビジネス書籍、超時間短縮読書術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

毎日毎日、ひたすら本を読み続けてきたのですが
最近、読書法が変わりました。
若い時分は買った本を最初から最後までしかっり読むという
普通の読書を心がけていたのですが
このところ、「読みたい箇所だけ読む」スタイルに読書法を変更しました。
こうすると最後まで読まねばという、読書のプレッシャーがなくなります。
逆に、気楽になって不思議と読書も捗ります。

今朝も「ソーシャルおじさんと朝活」という読書会を
開催したのですが、その中の参加者の一言が気になりました。
「忙しくて、本を読む時間がないんですよね」
そうなんです。現代人は忙しいのです。
仕事に、ソーシャルメディアに、プライベートな会合と
やることはどんどん増えています。
おまけに、時間は一日は24時間と限られていて、
現代人の読書に当てられる時間は、ほとんどないはずです。
無理して時間を作りださないと書籍を読む時間は
ほとんどゼロになってしまいます。

そこで私が最近、実践しているのが、
細切れ読書の「時間を決めて、読みたい箇所だけ読む」スタイルです。
(お断りしておきますが、これはビジネス書籍向けの読書法です)
まずは、一日に何分かの読書時間を作り出し。
読みたい書籍をその決められた時間内に読み切ってしまうのです。
目次で全体を俯瞰して、
自分に刺さったキーワードの掲載されているページをいきなり読み始めるのです。
あとはぺらぺらページをめくり、
面白い箇所があれば読んでいくという
「超時間短縮読書術」です。
ビジネス書籍は、自分を成長させたり、
ビジネスに役立つ情報をゴールにして
ビジネス書籍を読んでいるはずです。
自分の探している情報を中心に読書をすれば、
その目的は達成できますよね。
面白いビジネス書籍が見つかれば、最初から読み直したり、
後でまた読み返せるように書籍をストックしておけば良いのです。
そして、役立つ情報が有れば実践してみることです。
下手に一冊の本を最初から最後まで読み切るより
ビジネスに役立つ情報を見つけたら、
書籍をデジタルメモ化(Evernoteに記録したり)してみます。
そして、ブログに書いて、いいと思った事を「自分ごと」にしてみます。
そして、「自分ごと」にしたら、アクションを起こして実践してみる。
この「自分ごと化」と実践が大事なのことなのでは!
と最近、思い始めています。
早起きの習慣や、ブログやソーシャルメディアでの情報発信なども
リアルとソーシャルと書籍からインスパイアされた情報で
私はスタートでき、「自分ごと化」し、そして、習慣化に成功しました。

まずは、書籍を全部を読むのをあきらめてみましょう。
書籍を全部読んだからと言っても
アクションを起こさないと時間の無駄かもしれません。
少しでも自分を成長させられる情報を見つけ
アクションを起こしてみることが大事だと思います。
「超時間短縮読書術」やりはじめると面白いので
最近みなさんにお薦めしています。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る