禅寺の面白いアプリがリリースされています。これは開発視点がすばらしく勉強になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、シンガポールからの帰りの飛行機で
隣の年配のビジネスマンが分厚いハードカバーを熱心に読んでいました。
狭いエコノミーシートなので、見るとはなしに見てしまうと
今、自分が読んでいるiPhoneアプリの中身と同じ!

そう、それは伝記本スティーブ・ジョブズ Iだったのです。
飛行機の席が、偶然、隣同士になった趣味嗜好年齢も異なる二人の読んでいる本が一緒!
ビジネス本の村上春樹現象が起こっています!笑い。
100万部以上をあっという間に、売り切った理由がよくわかりました。

しかし、出張のシンガポールにあの重いハードカバーはきついと思いながら
私は、その隣でスティーブの伝記アプリを読みつづけました。

スティーブと言えば禅への傾倒が
書籍スティーブ・ジョブズ Iでも紹介されていましたが
禅に関わる面白いアプリが、Androidでリリースされています。
名前も「京都禅寺巡り」
京都の禅寺の所在や歴史が一気にわかる、ナイスな観光&お勉強アプリです。

このアプリ一つで、重い書籍や地図を持参しないで
京都の町をぶらぶら歩けるのが嬉しいですね。
旅は手軽に行って、歩き回るのが一番ですから!
このアプリでは、京都の禅寺、金閣寺や銀閣寺など
72のお寺が紹介されているそうです。
禅寺の検索機能などに加え、マップ、歴史、特別拝観スケジュール、クイズなど
アプリならではの機能が充実しています。
しかも、うれしい事に無料だそうです。

アプリで旅の思い出管理もできるようになりました。
このアプリには、スタンプラリー機能がついています。
AndroidのGPS機能を利用して、お寺の所定の地点で白紙の画像を長押しすると
スタンプを押してもらうことができるそうです!
アプリで旅のコレクションと言う発想は新しいですね。

このスタンプラリーというアイディアは
他の観光アプリやショッピングセンターのキャンペーンにも応用できそうです。

アプリのリリースが様々な分野で進んでいますが
この「京都禅寺巡り」
ユーザー視点で開発されている点を評価したいですね。
アプリ制作の際に気をつけたいポイントです。


ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る