Facebookのアクティブユーザー数、日本は極端に低いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週のニュースでちょっと古いのですが
nielsenが5月17日、Facebookに関するユーザー動向調査結果を発表しました。

今年3月に1回以上Facebookを訪問した人(ユニークビジター)の数は
アメリカが1億5276万3000人で最多でした。
ユニークビジターが多いのはブラジルで、3813万8000人。
この後にフランス(2833万5000人)、英国(2573万7000人)
ドイツ(2450万8000人)、イタリア(2127万人)などが続いています。
我が、日本にのユニークビジター数は1487万7000人で、
nielsenが調査対象にした国の中では8番目だといことです。
インドネシアなどアジアのFacebook大国が含まれていませんが
日本での利用者は確実に増えているようです。

しかし、ネットにアクセス した人口に占める訪問者数の割合(アクティブリーチ)はニュージーランド、台湾、ブラジル、イタリアがアメリカを上回っています。
Facebookは最早、アメリカだけでなく世界中のユーザーが
熱心に使っているプラットフォームだと判ります。

ブラジルと言えばOrkutがソーシャルメディアの代名詞でしたが
Facebookが昨年8月にOrkutを抜いてブラジルナンバー1SNSになっています。

日本はかつてはMixiの天下が続いていましたが、身売り話など淋しい話が続いていて
Facebookのアクティブリーチが高くなっているのかと思いましたが
実態は24.4%と調査対象国の中で極端に低い結果になっています
これは、日本ではブログがまだまだ人気が高いからだと、nielsenは解説しています。

今更、ブログですか?という声が聞こえてきそうですが
検索にも適応して、情報がストック可能なブログはやはり重要です。
今回のアクティブリーチの結果からも
Facebook時代にもブログは日本では力を発揮していることがわかります。
現在の日本でのコミュニケーションデザインにFacebookとブログは必須かもしれません。
Follow Me on Pinterest       
オルタナティブ・ブログ書き始めました!   
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  
    

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る