夏休みは子離れのトレーニング。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

明白な事実ですが、やがて子供は親離れをします。
子供が上手に親離れをするためには、
独力でいろいろなことに、チャレンジすることが大切です。

先日、宮古島で島サバという島ぞうりに
カッターでアートする体験を娘にさせました。

あまり普段カッターを使っていないので
心配でつい5年生の娘に声を掛けてしまったのですが
先生から「お父さんは黙って見ていてください」 と
きついお達しをもらいました。
ちょっと、むっとしましたが
カッターの使い方や、島ぞうりの彫り方やデザインの仕方を
2時間ほど、丁寧に(厳しく)指導を受け
一人で島サバを仕上げました。

完成時の娘の顔は、達成感で喜びに満ちあふれていて
一人でやらせて良かったなとこちらも感動できました。
先生から一対一で教わり、誰にも助けてもらわずに
仕上げるという体験ができたことが
娘の人生の中では貴重な経験になったかなと思います。
このPitertu (ぴてぃーつ)さんでの体験はすばらしく
娘を成長させてくれた先生の指導法にも感謝しています。

先日から、奥さんの実家に娘たちは、里帰りしていますが
明日17日は新たなチャレンジをしようと思います。
実家から5年と2年の娘だけで
新幹線を使わせて帰宅させようと考えています。
可愛い子供には旅をさせろとはよく言ったもので
何かしらの成長体験ができればいいなと考えています。
これ以外にも彼女たちにはこの夏休みには
独力でいろいろなアクションをさせたいと思います。

親の助けを借りずに、一人で動けるようになることが
彼女たちの成長につながると信じて
ちょっと寂しいですが、この夏は子離れのトレーニングをしてみます。

キーマンズネットのアプリ記事連載です。
オルタナティブ・ブログ書き始めました! 
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る