スピリチュアル・マーケティング(ジョー・ヴィターレ著の書評① 過去の習慣と の戦いに挑む! #書評 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアル・マーケティングジョー・ヴィターレ著)
面白いと友人の荒木学さんからレコメンドされ、早速読んでみました。
スピリチュアルとマーケティングが組合わされた造語のスピリチュアル・マーケティング
私の心に引っかかり、Amazonで中古の書籍を購入してみました。

書籍の導入部で二人の印象的な言葉が引用されています。
この言葉を読みながら、私は変化について考えながら
本書スピリチュアル・マーケティングを読み始めました。

スピリットとは、願望に応じてかたちづくられる実体である。それが作用するためには、もとになる型が必要となる。パンの生地が型によってパンにもなれば、ビスケットにもなるように、スピリットも型に応じて自在にかたちを変えるのだ。(フランシス・ラリマー・ウォーナー)

この世で遭遇している出来事が気に入らないとすれば、意識のあり方を変えるだけでいい。そうすれば、世界の方もそれに合わせて変わってくれるのだ。(レスター・レヴェンソン)

意識の在り方を変えるというのが、ポイントになりそうだと思い
本書を読み進めていきましたが、この2つのキーワードが
スピリチュアル・マーケティングのコンセプトになっていました。


ホームレスから成功者に変わったジョー・ヴィターレ
彼は意識を明晰にし、成功している人を鏡にしてスピリチュアルな手法で
マーケティングしながら、変化していったのです。

ジョー・ヴィターレは自分の身につけているパラダイムを

消し去ることは大変だと言います。
過去のパラダイムを変えられない理由は
疑念、怖れ、不安の3つに集約されるのです。
疑念が生まれることで、怖れが生じ、その怖れから不安が生まれてくると言います。
疑念が浮かんだときには、本書を何度も読み
書かれている5つのステップを実践することで変化できると教えてくれます。

■第一のステップ
自分の望んでいないことを知る

■第二のステップ
欲しいもの、したいこと、なりたいものを知る
■第三のステップ 
意識を明晰にする
■第四のステップ
願望が成就したときのすばらしい気分を味わう。
■第五のステップ
流れに身を委ねる

以下各ステップのポイントを書いていきます。

■第一のステップ
自分の望んでいないことを知る
問題に悩んでいるのなら、逆の観点から捉え直してることです。
望んでいないことを知ることで、今置かれている状況を認識して
変化のキッカケを作れるのです。

人は磁石のようなものだ。自分の身に起こるありとあらゆることがらは、すべて自分で引き寄せているのである。エリザベス・タウン

■第二のステップ
欲しいもの、したいこと、なりたいものを知る

まずは望ましくないことがらをこうあって欲しいと書き換える。

こうすれば自分の願望に焦点を当てることができ、願望が叶えられるのです。

カール・ユングのように意識を明晰にして、人生を誘導していきます。
そのためには、願望リストを作成しないと夢が明確にならないのです。

無意識を明晰な意識に変えない限り、それはあなたの歩みを誘導していくことになる。それを人は運命と呼ぶのである

まずは、自分の願望リストを作成してみること

それを最終的には2つに絞り、それが達成されたモノとして書き出してみるのです。
そのメモを財布に入れいつも携帯し、チェックするすることで、願望が意識化されます。

豊かさとは、そうしたいと思ったことをその瞬間に実行できる能力である。(レイモンド チャールズ パーカー)

■第三のステップ 意識を明晰にする
自分を束縛しているモノを捨て去り、意識を前向きな方向に置き換えてみましょう。
理性を追い払い、慣習を打ち砕き、自分の意識を明晰にすることがポイント。
そのための良い手法がリンダ・マッデン・ダールの言葉で紹介されています。

※収入を維持していくためには一生懸命働くしかない ※私の稼ぎでは十分な収入が得られない。※私には今の経済状態を改善することなどとてもできそうにない。こうした否定的な意識を、前向きなかたちに置き換えてみよう。※お金は天がもたらしてくれる。※お金持ちになるのはいいことだ。※がむしゃらに働かなくてもお金は稼げる。※私はいずれきっと莫大な富に恵まれる。(リンダ・マッデン・ダール)

過去の自分をとにかく捨て去り、自分にとって望ましくない意識を手放し
替わりに有益な意識をどんどん取り入れるトレーニングをすればよいのです。
その際に、本書スピリチュアル・マーケティングが役立ちそうです。
過去の嫌な記憶を消し去ることができれば、良いのです。

自分に抱いている固定観念とは、子どもの頃に与えられ、素直にそれを受け入れたものにすぎない。だが、意識の目覚めを迎えようとしている今は、選択ができる。自分にとっ望ましくない意識を手放し、代わりにより有益なものに入れ替えることもできるのである

■第四のステップ
願望が成就したときのすばらしい気分を味わう。
■第五のステップ
流れに身を委ねる に関しては、また、明日のブログでご紹介します。

過去の悪しき習慣を意識して、それと戦いたくなりました。
そのときにこのスピリチュアル・マーケティングが役にたちそうです。

こちらの私の新刊もぜひ応援よろしくお願いします。

PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る