ドバイはメディチエフェクトなのか?ドバイのアイデアの交差点を体験しよう! #ドバイ

ドバイは今の時代のメディチエフェクトだと思います。
ヨーロッパやアジアから多くの人がドバイに集まっていると言います。
人種と文化がぶつかると斬新なアイデアが生まれやすくなります。
ドバイに来れば世界のアーキテクトの今を体験できるというほど
世界中のクリエイターのアイデアがここに凝縮しています。
メディチ・エフェクトに関してはこちらをご参照ください。

なぜ、こうなるかというとドバイには、富があります。
中東の金融センターであるドバイにはお金が集まり
砂漠を潰し、新しい街を次々と開発していくのです。

この富を目指して、世界中から多くの人が集まり
多様なアイデアがぶつかり合うのです。
建築物ひとつとっても、ドバイには世界中のデザインが集まるために
最新の高層ビルの見本市がここで体験できるのです。
ドバイには202の国籍があると言われるほど、世界中のアイデアが集まってくるのです。

石田和靖氏の越境せよ! 日本で絶望するより国境のない世界で稼げには
以下のようにその多様性が書かれています。

ドバイに行くと、本当に人種のるつぼで、慣れないうちは頭がクラクラするはずだ。なにしろ、”202 nations  one country” つまり「202の国籍がドバイに集まっている」っていわれるくらいの国だから。で、これだけ多様な国籍の人たちが集まって、いっしょに仕事をしている。ドバイの会社に行って、ある部署の部屋を覗けば、アラブ人はもちろん、インド人、日本人、中国人、アメリカ人、イギリス人、フランス人、ドイツ人などと、あらゆる国籍の人たちが集まっている。当然、みんな考え方が違うから、まとまる話もまとまらない。まとまらないけれども、でも、そこで生まれるアイデアは非常に斬新なものになる。日本人だけで会議をしている日本企業では、なかなかこのようなことは起こらない。

アイディアとは異なる文化の交差点で起きるのです。(メディチ・エフェクト
異なる分野の情報の組み合わせは無数に作れます。
202の国籍が集まるドバイには無数のアイデアが集まります。
我が東京でもここまでの体験はできないはずです。

この多様性の中から輝くアイディアが次々生まれてきて
富がそのアイデアを実現していくわけですから
ますますドバイには面白い人が集まってくるよいスパイラルがあります。

また、ドバイは観光地としても発展しています。
5つ星以上のホテルが集積し、ブルジュ・アル・アラブにいたっては7つ星です。
多くの富裕層や観光客がこのランドマークを目指して集まるのです。
レストランやスパも世界水準のクオリティで
アジアやヨーロッパのリゾート地として、観光客を毎年3000万人も集めています。
日本への訪日観光客が1000万人だとすると、この数字の凄さがわかります。

そして、この数字が数年後には1億人になるといいます。
今後もこのメディチ・エフェクトで多くの資本や才能が集まってくるのです。
私たちはこのドバイの発展から目が話せないのです。

今回、ネセサーの山本さんとドバイのツアーを企画しています。
12月12日から17日まで、ドバイに進出したい方々と現地を体験してきます。

今回もジャカルタ同様仲間と一緒に合宿型式でツアーを開催します。
ぜひ、私たちとご一緒いたしましょう。
ご興味ある方は私のFacebookにメッセージをお願いします。
  

Photo Credit

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る