拒絶に負けない方法 プレデターシンキング/略奪思考 欲しいものはすべて「誰かのもの」の書評  #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
先日ご紹介したプレデターシンキング/略奪思考 欲しいものはすべて「誰かのもの」
拒絶を負けない方法が紹介されていました。
著者のデイブ・トロットの強いメッセージを読むと
拒絶をチャンスと捉え、ポジティブに動くことの重要性がわかります。

拒絶は死の宣告ではない。拒絶は試合終了ではない。拒絶は一巻の終わりではない。拒絶は道路上のスピードハンプ(減速帯)のようなものにすぎない。広告クリエイターの仕事はまさにそれ。拒絶に対処することだ。出すアイデアの半分が、いいアイデアだとしよう。クリエイティブディレクターに認められるのは、その半分。プランナーに認められるのは、そのまた半分。クライアントにも認められるのは、そのさらに半分。 多くの人が経験する拒絶率に比べれば、ずっとましなはずだ。

私も広告会社でビジネスを長年しているので、この体験談はよくわかります。
私たちの広告ビジネスとは拒絶に対処することなのです。
拒絶を怖がっていたら、当たり前ですが競争には勝てません。

自分のアイデアが採用される確率は、16分の1。少なくとも数字ははっきりした。2つ採用されたいなら、企画を32案出せばいい。3つ採用されたいなら48案。4つ採用されたいなら64案。人生の多くの場面についても、同じことが言える。拒絶を避けることはチャンスを逃すことだ。いつも許可をもらえて拒絶に遭わずに済むなら、結構な話。だが、そうはいかない。拒絶に対処できない人間は、成功の可能性を自ら狭めている。

デイブ・トロット拒絶を避けるためには、クライアントや関係者を納得させるために
提案数をアップしていけばよいと言います。
このチャレンジの法則は人生にも応用すべきです。
拒絶を避けることはチャンスを逃がすことなのです。
もし、あなたが拒絶されたら、それがチャンスだと思って
ニコニコしながら、対処する方法を考えればよいのです。

ブログを書き始めたときに、読まれなかったらどうしよう?
こんなことを書いて、バカにされたらどうしようと考えていましたが
それは、結局杞憂に終わりました。
行動した結果、私の人生は大きく変わり始めたのです。

今では、書きたいことを書き、絶対量を上げていくことを意識しています。
ブログを毎日書き続けることで、拒絶の恐怖に負けない方法を見つけたのです。
その結果、ブログ経由での多くの引き寄せが起こり始めたのです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます!
  
Photo Credit

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る