8760時間の価値を高めて、新たに41日を手に入れる方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日から2015年がスタートしました。
多くの方が希望に燃えて、新たなる決意を持たれたことと思います。
私も今年は変化を続け、新しいことにチャレンジしたいと思います。

スクリーンショット 2015-01-02 13.05.50

一年を違う視点の時間軸で見てみると、365日×24時間の総計となります。
計算すると、8760時間が私たちに与えられることになります。
こう見ると、1年全ての時間を使っても1万時間にはなりません。
何かを成し遂げるためには、1万時間が必要だとよく言われますが
1年全てを使っても足りないことがわかります。
時間を計画的に使わないと、未来に後悔することになりそうです。

今年52歳になる私にとって、時間がますます貴重な資源になってきました。
1時間1時間の積み重ねが、今後の私の人生を左右すると思うと
できる限り時間を有効に使いたいです。

その日その日が一年中の最善の日である。(ラルフ・ワルド・エマーソン)

残された時間をより良く過ごすすためには
細切れ時間(隙間時間)の活用がポイントになりそうです。
タイムマネジメントで大切なことは
ちょっとした時間を有効に使うことなのです。
細切れ時間(隙間時間)とは、日常生活の中で発生する5分程度の時間のことです。
この5分を足しあげると1日に2~3時間になると言われています。
ということは、時間を上手に活用すれば
1日1〜2冊の本を読めますし、ブログなら2本は書ける計算になります。

細切れ時間の総計が1日3時間だとすると
年で1000以上の時間が作れるのです。
なんと41日、1ヶ月以上の時間を私たちは新たに手に入れられるのです。

この数年iPhoneを活用して、隙間時間を有効活用してきましたが
まだまだ、やれることは多いような気がしています。

短い人生は時間の浪費によっていっそう短くなる。(サミュエル・ジョンソン)

良い時間を過ごすために、今年は自分に対して
より良い質問をしてみようと思います。
本を読む時間がないと言い訳するのではなく
本を読む時間を作ろう!と自分に問いかけるのです。
時間が空いたからと言って、ソーシャルメディアを見るのではなく
Kindleを開いて、著者と対話する時間を作り出せば
そこから新たな気づきをもらえるはずです。

リアルの友人に会う時間を積極的に作ったり
勉強会に行くなど、新たなアクションを起こすための時間を使いたいと思います。
一人の孤独な時間はインプットやアウトプットに
ソーシャルメディアやリアルのパワーブレインとの会話では
自分が見つけられない新たな知識や知恵を吸収したいと思います。

今年はソーシャルメディア自分だけの孤独な時間パワーブレインとの時間
この3つの時間を上手に使い分けたいと思います。
日本だけでなく海外での時間もより多くなりそうなので
移動時間などの隙間時間をより良く使っていきたいと思います。
その時に今まで以上にiPhoneが力を発揮してくれそうです。

来年の正月に今年を振り返る時には
2015年は良い時間を過ごせたと言いたいものです。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

  
photo credit: ahhyeah via photopin cc

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る