脳をできるだけ軽くすれば、悩みが減っていく!書き出し、アクションする事が最大の不安解消法。

よくこのタスクは後でやれば良いやと思うことがありますよね。

アポの約束やお礼のメッセージ、簡単な企画書作りなど
小さなタスクが現代人には山ほどあります。

以前の私はそういったタスクを後回しにしていたのですが

最近では、隙間時間を使ってiPhoneでどんどんこなしていくようにしています。
どうせ後でやらなければいけないことならば
思った時にできるだけ、即実行するように心がけています。
早ければはやいほどタスクが小さい状態なので、こなすのも楽ですし
タスク自体を忘れてしまうことも防げます。

小さなタスクも重なると、大きくなってくるのでそれだけでやる気が失せます。
実は、ここがポイントなのですが、タスクが大きくなればなるほど
脳がそのタスクを中心に考えるようになり、集中力がそがれるのです。
また、脳に嫌な気分が蔓延して、モチベーションが下がったりもします。

その法則に気づいて以来、できるだけ脳を軽くするようにしています。
タスクをメモに書き出し、やれることはiPhoneで移動中に片付けていきます。
時間が決められないアポなども、Facebookメッセージなどで
「後で連絡します」と早めにフォローしておけば
相手も安心ですし、自分の脳がそれを意識するので、備忘録にもなります。

また、大きなタスクも、小さく細切れに分解すれば、意外と楽にこなせます。
一日に少しでも進捗させられれば、締め切りまでの距離が縮まり
行動していることで、焦る気持ちを減らす事ができ、精神的にもよいですね。
うだうだ考えるだけで、何もしないのが一番よくないことがわかります。
とにかくアクションすることで空気が変わりますから
タスクを分解し、スケジュール化することをお薦めします。

そして、これを応用すれば、不安を解消する事もできるのです。
脳の働きを妨害する悩みや不感なども、最近ではメモに書き出すようにしています。
悩みや不安には、たいがい原因があります。
また、漠然としていると脳が余栄なことを考え、不安が増殖していきます。

そんな時は、悩みをメモに書き出し、一つ一つの原因を解決する術を考えてみます。
その原因を自分で解決できるならば、それに全力で向かっていくようにします。
アクションを起こすことで、たいがいの悩みは悩みでなくなるから不思議です。
また、原因が自分では解決できない外部環境の問題であるならば
悩んでも無駄なので、ほかのことに時間を使うことにしています。
脳をとにかくスキッリさせられれば、多くの悩みは
自分が思ったほど大きなモノではなかったことに気づくことが多いのです。

自分が悩んできたコトの解決策をブログなどに書くと
頭も整理できるのでお薦めです。
悩みの解決法をブログでアウトプットプットすることも
誰かへの貢献だと思うとブログを書くモチベーションにもなりますね。


■セミナー告知①
11月13日にそのGoogle+とブログ(WordPress)のセミナー
金丸たけおさんとコラボで開催します。
なぜソーシャルメディア時代にブログやGoogle+が有効なのかを
WordPressの専門家の金丸さんとお話ししたいと思います。
時間 11月13日19時より 場所 アクセス日本橋
お問い合わせ、お申し込みはこちらをクリックください。

■セミナー告知②
11月14日に東南アジアのソーシャルメディアセミナーを開催します
アジアクリックの高橋学さんと月一回現地の
ソーシャルメディア最新レポートをお届けしています。
 「アジア最新ソーシャリアルビジネス事例セミナー」
詳細はこちらをクリックください
 

キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

この記事を書いた人

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
起業家・経営者のためのビジネス書評ブログ!
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました